ドコモ光

「ドコモ光」の申込方法が分からない!?新規、転用、事業者変更って何?

ドコモ光

数年前までは、自宅にインターネット回線を設置する場合、「ADSL」や「フレッツ光」、「ケーブルテレビ」などが一般的でしたが、現在ではさまざまな会社でインターネットサービスを提供しています。

しかし、あまりにも件数が多くなりすぎて、「インターネットを契約するならどこの会社やプロバイダがオススメなのか?」と、年々相談件数が増えています。

また、最近では店頭やネット申込みだけでなく、電話や訪問での営業も増えているため、「今よりも〇〇円は安くなるから、乗り換えたほうがいい!」という言葉を鵜吞みにしてしまい、結果的に大して安くもならず、逆に「高くなってしまった!」という人も少なくありません。

もし、切り替えてしまった後に気づいたとしても、元に戻すには手間も時間もかかってしまい、結局そのまま泣き寝入りしている人もいます。しかし、2019年7月から事業者変更が始まり、手続も簡単になりました。

この機会に、ぜひインターネット回線を見直しましょう。

ドコモ光の申込方法は3種類

ドコモ光

ドコモ光に限らず、現在インターネットを契約する方法は「新規」、「転用」、「事業者変更」の3つです。

  • 新規:初めてインターネットを契約する人。
  • 転用:現在、フレッツ光を利用している人。
  • 事業者変更:現在、光コラボを利用している人。

初めてインターネット(ドコモ光)を利用する場合は「新規」。すでにインターネットを利用している場合でフレッツ光からのドコモ光への切り替えは「転用」。フレッツ光からすでに〇〇光と言った他社光コラボからの切り替え(乗り換え)は「事業者変更」となります。

ちなみに、過去にインターネットを契約していた場合でも、新たに「ドコモ光」を申込むときは「新規」になります。

【新規】自宅の設置工事が必要になる

自宅に初めてインターネット環境を設置する場合、自宅の配線工事が必要になります。

配線工事の内容も、戸建てなのか、集合住宅なのか、過去にインターネットを利用していて、光回線が残っているのか、残っていないのかで内容が違います。

配線工事と言っても、改築(リフォーム)ような大々的な工事ではなく、外の電柱から光回線を自宅に引き込み、電柱から引き込んだ光回線を自宅内に設置する機器(回線終端装置)と接続すれば業者の配線工事は終了です。(約3時間程度)

ちなみに、回線終端装置はONUやモデムと呼ばれることがあります。

  1. 【業者】電柱から光回線引き込む
  2. 【業者】光回線をONUと接続する
  3. 【自分】ONUとWi-Fiルーターを接続する
  4. 【自分】Wi-Fiの設定をする

上記の流れが「新規」となります。

また、過去にインターネットを利用していた場合、撤去工事をしないで光回線がそのまま残しているケースがあります。もし、光回線が残っていれば、それを再利用するので業者が自宅へ訪問する「派遣工事」は不要です。申込み後、ONUが自宅に送られてくるので、自分で設置・設定するだけでインターネットが使えます。

また、最近の集合住宅(マンションやアパート)では建物内にインターネットを引くための設備が整っており、派遣工事ではなく、自分で機器と配線を接続するだけでインターネットが使えるケースもあります(無派遣工事)。

配線工事と言っても、リフォームのような大掛かりな工事ではありません。

通常、ケーブル等はエアコンのダクトなどに通すので、自宅の壁に穴を空けたりする工事は稀です。仮に「穴あけ工事」が必要な場合で、賃貸住宅等の理由から工事ができない状況でも、当日キャンセルが可能です。

【転用】工事不要で切り替えできる

すでに「フレッツ光」を利用している場合、ドコモ光への切り替えは「転用」という手続きになり、自宅の配線工事は不要です。

また、使っている機器もそのまま継続して使用できますので、請求が「ドコモのケータイと一緒にまとまっただけ」というイメージです。ちなみにドコモ光の場合、ひかり電話の電話番号もプロバイダも変わらず、そのまま使用できます。

  1. フレッツ光で転用承諾番号を取得する
  2. ドコモで転用承諾番号を基に切り替える

上記の流れが「転用」となります。

現在、フレッツ光を契約している人であれば、ドコモ光に切り替えない理由はありません。早急に切り替えてしまいましょう。

フレッツ光からドコモ光への切り替え(転用)は、機器もプロバイダもそのまま継続して使用できます。とくにドコモのケータイを使っているなら、デメリットはありません。

【事業者変更】光コラボからの切り替えも簡単になる

ドコモ光

2019年7月以降、インターネット業界では大きな変革がありました。それが「事業者変更」です。

今までは、「フレッツ光→○○光→ドコモ光」など切り替えは大変な手間と時間がかかっていました。しかし、「転用」と同じように「事業者変更承諾番号」を取得するだけで切り替えが可能になりました。

2019年7月以前までの手続き(解約&新規)

例えば、フレッツ光(ひかり電話利用あり)から〇〇光へ「転用」し、その後ドコモ光への切り替えをする場合は以下の通りです。

  1. 【NTT】ひかり電話をアナログ電話に戻す(アナログ戻し)
  2. 【ドコモ】アナログ戻しの工事完了後、ドコモ光を新規契約する
  3. 【○○光】ドコモ光開通後、〇〇光を解約する

ちなみに、「アナログ戻し」とは、インターネット回線を使った電話から、昔ながらの固定電話に戻すための作業です。費用は2,000円~12,000円で工事完了までは1~2週間です。

しかも、ドコモ光の新規契約時は、○○光の契約が残っているため、ネットが使えない期間をなくすためには別で回線工事が必要でした。当時は「光回線がすでにあるのに、またお金も工事も必要なの?」といった質問が大変多かったです。

業者も利用者も面倒な作業でしたね。

2019年7月以降までの手続き(事業者変更)

現在、上記のような面倒な手続きや工事が不要になりました。

「フレッツ光→○○光→ドコモ光」の場合でも、工事不要で切り替え(乗り換え)が可能です。ひかり電話を利用していた場合でも、「アナログ戻し」の必要はありません。また、〇〇光を解約、ドコモ光の新規工事(派遣工事)などの面倒な作業も不要です。

事業者変更は、「光コラボ」側で「事業者変更承諾番号」を取得し、その番号を基に「ドコモ」で手続きするだけで、自動的に「ドコモ光」に切り替えができます。

  1. 光コラボで事業者変更承諾番号を取得する
  2. ドコモで事業者変更承諾番号を基に切り替える

上記の流れが「事業者変更」となります。

ちなみに、フレッツ光サービスで利用してオプション(リモートサポートなど)は一部を除いてそのまま使用することができます。

しかし、それらのオプションはドコモから請求ではなく、NTTからの請求になります。また、NTTとの直接契約になるため、「変更事務手数料1,800円+月額料金」が発生しますので、無駄なオプションは解約しておきましょう。

事業者変更ができるようになり、他社光サービスからの切り替えが簡単になりました。電話や訪問での勧誘でフレッツ光から切り替えてしまい後悔していた人も、この機会に「ドコモ光」に切り替えましょう。

ドコモ光をお得に申込むならネットがお得!

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモショップでも量販店でも、インターネットでも申し込みできます。しかし、どうせ契約するならお得になるほうがいいですね。

今なら、ドコモから新規契約・事業者変更の特典としてドコモからdポイント10,000円分が貰ます。転用なら5,000円分が貰えます。ですが、たったこれだけです。

しかし、下記のサイトなら、さらにキャッシュバック15,000円が貰えます。しかも不要なオプション加入もありません。店頭では貰えないキャッシュバックです。どうせ契約するなら少しでも多く還元してもらいましょう。

公式サイト:ドコモ光

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ