ドコモ光

フレッツ光からドコモ光へ転用して料金を下げる!誰でも簡単にできる乗り換え方法!

転用

「フレッツ光を契約しているなら、ドコモ光に切り替えたほうが良いらしい」ということは、みなさんも何となく知っていることでしょう。

しかし、フレッツ光からドコモ光に切り替えると言っても、その方法やメリット、デメリットなどを細かく理解している人はあまりいません。ちなみに、フレッツ光からドコモ光に切り替えることを「転用」といい、工事も不要です。

ちなみに自宅の機器もそのまま使えるので、「転用(切り替える)」と言っても、変わるのは請求がNTTからドコモに変わるだけ。転用後はドコモのケータイ料金と合算して請求されることになります。

たったそれだけで、お得になるなら転用するほうがいい。しかし、何だか面倒くさい、デメリットがあるのでは?と思っている人も多いです。今回は読むだけで誰でも転用を理解し、簡単に手続きできるようになります。

フレッツ光からドコモ光へ「転用」する

転用

フレッツ光からドコモ光に切り替えることを「転用」と言います。そして、転用に必要なのは「転用承諾番号」と「プロバイダ」の2つだけです。

転用承諾番号とは、フレッツ光での「お客さまID」や「契約情報(ギガファミリーやファミリーハイスピードなど)」、「ひかり電話番号」を、ドコモで引き継ぐための番号です。また、この転用承諾番号には有効期限があり、15日間となっています。

プロバイダについては、インターネットを繋ぐための事業者で、ぷらら、OCN、GMOとくとくBB、nifty、BIGLOBEなどが有名ですね。ドコモ光では、プロバイダもセットになっており、プロバイダの種類によって「タイプA」「タイプB」「単独タイプ」に分かれます。

タイプAのプロバイダ

ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、nifty、DTI、BIGLOBE、andline、Tigers-net.com、エディオンネット、eXcite、hi-ho、SIS、Ic-net、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、@ネスク、TikiTiki、01光コアラ。

タイプBのプロバイダ

OCN、@TCOM、TNC、ASAHIネット、WAKWAK、@ちゃんぷるネット。

単独タイプのプロバイダ

上記以外のプロバイダは全て単独タイプになります。

ドコモ光「戸建てタイプ」

  • タイプA:5,200円
  • タイプB:5,400円
  • 単独タイプ:5,000円+プロバイダ料金

ドコモ光「マンションタイプ」

  • タイプA:4,000円
  • タイプB:4,200円
  • 単独タイプ:3,800円+プロバイダ料金

また、転用では「通信速度(100Mbps、200Mbps、1Gbps)」もそのまま継続されますが、別途工事(工事費2,000円)をすることで、通信速度の変更をすることもできます。ただし、「ドコモ光ミニ」は最大通信速度100Mbpsです。

ドコモ光は、通信速度(100Mbps、200Mbps、1Gbps)によって料金が変わることはありませんので、通信速度に不満があるなら、転用時に速度変更しても良いでしょう。

転用するデメリットは他社に乗り換えるときだけ

フレッツ光からドコモ光へ切り替えるだけで、プロバイダもセットになり、料金が安くなることがあります。しかし、「ドコモ光セット割」はそれ以上の恩恵があります。

新料金プランなら「ドコモ光セット割」が適用になることで、1回線につき最大1,000円が永年割引になります。例えば、家族4人でスマホを使っていれば、実質0円でドコモ光を利用していることになります。

関連記事:「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった!

機器もそのまま、工事不要で安くなるなら、こんな良いことはありません。しかし、やはりデメリットも気になるところです。

デメリットは、あなたがドコモから他社へ乗り換えるときに起こります。

ドコモ光は、ケータイとネットをセットにすることで最大限の恩恵を受けられます。しかし、ケータイを他社にしてしまった場合、ただの光コラボに成り下がります。はっきり言ってお得な光とは言えません。

関連記事:もう騙されない!「ドコモ光」で注目するのは使用感でも月額料金でもなく割引金額!

ちなみに、2019年7月以降であれば、ドコモ光からSoftBank 光に変更(事業者変更)することも可能です。ですが、更新月以外の解約では、解約金も発生しますので、ケータイの乗り換え(MNP)を検討している人は、ドコモ光への「転用」はオススメしません。

ケータイをドコモ以外にする予定があるなら、「ドコモ光」への転用はしないほうがいい。

「転用承諾番号」を取得しよう!

転用

ドコモから他社へ乗り換える予定がないなら、フレッツ光からドコモ光へ転用しましょう。

転用するにあたって、まずは「転用承諾番号」を取得します。取得方法は電話もしくはネットで取得することが可能です。

転用承諾番号の取得方法

電話で手続き

  • NTT東日本:0120-140-202
  • NTT西日本:0120-553-104

ネットで手続き

転用承諾番号を取得できないときの対処法

通常であれば、上記から転用承諾番号を取得できますが、フレッツ光の契約者が自分でも、固定電話の契約者が別人になっているため、すんなり取得できないことがあります。

その場合、契約者を親の名前で試してみるといいでしょう。

意外と契約者がおじいちゃんやおばあちゃんになっていたり、契約者がすでに亡くなっている人だったこともありますので、まずはネットで試してみるといいでしょう。

ドコモ光をお得に申込むならネットがお得!

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモショップでも量販店でも、インターネットでも申し込みできます。しかし、どうせ契約するならお得になるほうがいいですね。

今なら、ドコモから転用契約特典として、ドコモからdポイント5,000円分が貰ます。新規契約・事業者変更で10,000円分です。これでは事務手数料分くらいにはなりますが、少し物足りないですね。

しかし、下記のサイトなら、さらにキャッシュバック15,000円が貰えます。しかも不要なオプション加入もありません。店頭では貰えないキャッシュバックです。どうせ契約するなら少しでも多く還元してもらいましょう。

公式サイト:ドコモ光

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ