料金プラン

「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった!

ギガホ&ギガライト

2019年6月以降、ドコモで新しい料金プラン「ギガホ&ギガライト」が提供開始となりました。新料金プランの提供に合わせて、さまざま割引やサービスも始まり、「ドコモ光」の割引も変更になっています。

あまり知られていませんが、今回の新料金プランでは「家族の誰かがドコモ光を契約していれば割引になる」お得なプランです。何年も連絡を取っていないような遠い親戚が、実は「ドコモ光」を契約していたことで、その恩恵を受けられることもあります。

その理由も詳しく解説していきます。

ドコモの「ギガホ&ギガライト」とは

ギガホ&ギガライト

新料金プランでは、データ容量が30GBまでの定額制「ギガホ」と、データ容量が0~7GBまでの変動制「ギガライト」の2本立てです。

普段から動画やゲームアプリ、SNSなど、パケット通信(ギガ)を多く使っている人は「ギガホ」で、スマホで使うのはLINEと通話、少しのネット検索程度だという人は「ギガライト」にするといったシンプルな考えでいいでしょう。

「ギガホ&ギガライト」では、今までのような家族でパケットを分け合う「シェアパック」はありません。家族単位ではなく、一人でどれだけギガを使うのかで料金プランを選択します。

「ギガホ」は実質無制限でネットが使える

ギガホ&ギガライト
料金プラン 月額料金
ギガホ(30GB) 6,980円

ギガホは、データ容量30GBまでの定額制プランです。家族以外の無料通話はなく、回数制限なしの5分通話無料は+700円、24時間無制限のかけ放題は+1,700円の別途オプションが必要です。

しかも、2019年9月30日までの受付であれば、「ギガホ割」が適用になり、最大6ヶ月間1,000円割引となります。

最近では、Amazonプライム、Hulu、Netflix、dTVなど有料の動画配信サービスも人気で、iPhoneやiPadで映画やドラマ、アニメを見ている人も増えていますね。そんな、動画好きに「ギガホ」は最適なプランです。

「ギガホ」は、月間データ通信量が30GBを超えても、速度制限は最大1Mbpsで通信できるため、低画質のYouTubeなどは再生可能です。

みんなドコモ割(ファミリー割引)

ギガホ&ギガライト
1回線 2回線 3回線以上
割引額 -500円 -1,000円
割引適用後 6,980円 6,480円 5,980円

ギガホを契約している人で、ファミリー割引を組んでいる場合、家族の人数によって「みんなドコモ割」が永年で適用になります。

家族が2人の場合は-500円/月、3人以上なら-1,000円/月が割引になりますので、ドコモを使っている家族がいれば迷わずファミリー割引を組みましょう。ドコモのファミリー割引は、他社と違って、3親等以内であれば同居していなくても登録が可能です。

また、ファミリー割引を組んでいても、毎月の支払いは別々で設定することができます。

参考:ファミリー割引

「みんなドコモ割」の適用条件は、あくまで音声プランを契約しているファミリー割引の回線数です。

タブレットやルーターは、データプランのため、割引も台数カウントとしても対象外です。また、2in1、キッズケータイプラス、キッズケータイプランも音声プランですが、割引も台数カウントとしても対象外です。

ドコモ光セット割

ギガホ&ギガライト
割引適用前 ドコモ光セット割
ギガホ 6,980円 -1,000円

ギガホを契約している人で、家族の誰かが「ドコモ光」を契約している人がいれば、ドコモ光セット割で毎月1,000円割引になります。

家族の誰か・・・。これは、上記の「みんなドコモ割」でも当てはまりますが、連絡を取っていなような遠い親戚でも全く問題ありません。あくまで、ファミリー割引を組んでいるメンバーの中に「ドコモ光」を契約している人がいればアナタも割引対象です。

たったこれだけで、毎月1,000円が割引になるのはオイシイですね。

「ギガライト」で料金を安くする

ギガホ&ギガライト
データ容量 月額料金
~7GB 5,980円
~5GB 4,980円
~3GB 3,980円
~1GB 2,980円

ギガライトは、データ容量0~7GBまでの変動制プランです。家族以外の無料通話はなく、回数制限なしの5分通話無料は+700円、24時間無制限のかけ放題は+1,700円の別途オプションが必要です。

「ギガライト」は、使用した月間データ通信量に応じて請求金額が変わります。自宅や職場がWi-Fiを使える人、スマホでLINEやニュースを見る程度なら月額料金を抑えることができます。

家族でiPhoneやiPadを複数台使っているなら、「ギガホ+Wi-Fiなし」よりも、自宅にドコモ光を契約し、家族全員が「ギガライト+ドコモ光」にするほうが、料金は節約・使い勝手も向上します。

みんなドコモ割(ファミリー割引)

1回線 2回線 3回線以上
割引額 -500円 -1,000円
割引適用後 ~7GB 5,980円 5,480円 4,980円
~5GB 4,980円 4,480円 3,980円
~3GB 3,980円 3,480円 2,980円
~1GB 2,980円 2,480円 1,980円

ギガライトを契約している人も、ギガホと同様にファミリー割引を組んでいる場合、家族が2人の場合は-500円/月、3人以上なら-1,000円/月が割引になります。

家族が3人以上で、月間データ通信量1GB未満で抑えることができれば、月額1,980円でiPhoneやスマホが使えます。これなら、わざわざ格安スマホにする必要もないのではないでしょうか。

ドコモ光セット割

割引適用前 ドコモ光セット割
~7GB 5,980円 -1,000円
~5GB 4,980円 -1,000円
~3GB 3,980円 -500円
~1GB 2,980円

ギガライトを契約している人で、家族の誰かが「ドコモ光」を契約している人がいれば、ドコモ光セット割で毎月最大1,000円割引になります。

割引の適用条件は「ギガホ」と同じですが、割引金額は使用したデータ容量に応じて変動します。0~1GB未満の人は、ドコモ光セット割は割引対象外です。

家族4人なら「ドコモ光」を契約するほうが安くなる

例えば、家族4人がiPhoneやスマホを使っている場合、ギガホとギガライトはどちらがいいのでしょうか。また、ドコモ光を契約したときの料金シミュレーションも作ってみます。

自宅に、インターネット(Wi-Fi)の設置を検討している人は参考にしましょう。

【例】家族4人の月間データ通信量

  • 父:7GB
  • 母:3GB
  • 子1:10GB
  • 子2:15GB

「ドコモ光なし」の場合

  • 父:7GB=ギガライト=4,980円
  • 母:3GB=ギガライト=2,980円
  • 子1:10GB=ギガホ=5,980円
  • 子2:15GB=ギガホ=5,980円

上記の場合、家族の合計金額は19,920円となります。

「ドコモ光あり」の場合

  • 父:3GB=ギガライト=2,480円
  • 母:1GB=ギガライト=1,980円
  • 子1:5GB=ギガライト=2,980円
  • 子2:5GB=ギガライト=2,980円
  • ドコモ光=5,200円

上記の場合、家族の合計金額は15,620円となります。

新料金プランで「損する人・得する人」

「ドコモ光を契約すると料金が高くなる!」こんな風に思っていた人は驚きますよね。実際、店頭で料金相談を受けていると、実は多くの人が「ドコモ光」を契約し、スマホの料金プランを下げています。

光回線は工事が面倒だと思っている人もいますが、実際のところは2~3時間程度で主に自宅外の作業がほとんどです。それすらも嫌だと言う人は、ぜひ毎月の請求金額を見直しましょう。

料金が安くなって、無制限でネットが使い放題。これだけのメリットがあるなら、検討する価値はありそうですよね。

ドコモ光をお得に申込むならネットがお得!

ギガホ&ギガライト

ドコモ光は、ドコモショップでも量販店でも、インターネットでも申し込みできます。しかし、どうせ契約するならお得になるほうがいいですね。

今なら、ドコモから新規契約・事業者変更の特典としてドコモからdポイント10,000円分が貰ます。転用なら5,000円分が貰えます。ですが、たったこれだけです。

しかし、下記のサイトなら、さらにキャッシュバック15,000円が貰えます。しかも不要なオプション加入もありません。店頭では貰えないキャッシュバックです。どうせ契約するなら少しでも多く還元してもらいましょう。

公式サイト:ドコモ光

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ