故障・不具合

iOS13.0にアップデート後「docomo Wi-Fi」に繋がらないときの対処法。

iOS13.0

先日、提供開始になった「iOS13.0」ですが、iPhoneやiPadのソフトウェア更新(アップデート)を実施したことで、不具合が発生したという情報が多く入ってきています。

その中でもドコモのiPhoneを使っているユーザーからは「docomo Wi-Fiに繋がらなくなってしまった。」という相談が増えています。docomo Wi-Fiとは、ドコモのスマホやタブレットを使っていれば、誰でも自由に提供エリア内でWi-Fiを使うことができます。

しかも、最近のスマホやiPhoneであれば設定も不要。また、「docomo Wi-Fi」のエリア内にいれば自動的にWi-Fiが繋がります。しかし、今回「iOS13.0」にソフトウェア・アップデートを実施したことで正常に接続できなくなっているようです。

「iOS13.0」にアップデート後、Wi-Fiに接続できない

docomo Wi-Fi

今回の事象では、iPhoneを「iOS13.0」へのアップデート後、docomo Wi-Fiに繋がらなくなってしまうということです。

主な原因は、docomo Wi-Fiの自動接続がONになっていても、コントロールセンターからWi-FiのON/OFFの切り替えを行なったことで、自動接続できなくなったということです。

通常、docomo Wi-Fiは設定することなく、自動で接続することができます。そのため、今回は「iOS13.0」にアップデート後の不具合ということになりますね。おそらく、次回のアップデートで改善されると思われますが、とりあえずできる対処法をお試しください。

コントロールセンターでWi-Fiの切り替えをしないこと

iOS13.0

コントロールセンターとは、画面の下から上、もしくは右上から下にスワイプしたときに表示されるショートカット機能の1つです。

このコントロールセンターは、自分の好きな機能を追加/削除することができますが、一般的にはWi-FやBluetooth、モバイルデータ通信などの「ON/OFF」が1タップで切り替えできます。

今回の事象では、コントロールセンターで「Wi-Fi」の切り替えを行なったときに起こる不具合です。そのため、本体設定からWi-Fiの切り替えをすれば、本事象は発生しません。

docomo Wi-Fiの自動接続ができないとき

  1. ホーム画面の「設定」をタップ。
  2. Wi-Fiをタップ。
  3. マイネットワーク内の「0001 docomo」もしくは「0000 docomo」をタップ。

これで、再び「docomo Wi-Fi」に接続できるようになります。

ですが、コントロールセンターからWi-Fiの切り替えを行うと、また自動接続できなくなりますので注意しましょう。とくにWi-Fiの切り替えは、データ節約のために頻繁に切り替えている人も多く、この「ON/OFF」の切り替えが原因で自動接続が切れてしまうようです。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
docomo Wi-Fi
「docomo Wi-Fi」のエリア内にいるのに「docomo Wi-Fi」に繋がらない時の対処法。 本日はよくある相談メールのご紹介です。 先日、ドコモのスマートフォンを使っている知人と食事に行ったときに、知人が「ここのお...