ドコモ・サービス

ドコモ光電話は月額500円!固定電話を切り替えるだけ毎月1,200円も安くなる!

ドコモ光電話

もし、自宅で光回線を利用しているなら、固定電話(アナログ電話)を光電話にすることで基本料金を安くすることができます。光回線の普及率も高まってきましたが、「ネットは光だけど、固定電話はアナログのまま」という家庭もまだまだ多いようです。

これって実は損しています。せっかく光回線が利用できるなら、固定電話も光電話にして料金を節約しましょう。また、ドコモ光なら「ドコモ光電話」にすることでdポイントも貯まります。

自宅に固定電話を引いている人、または固定電話を検討している人は「ドコモ光電話」で賢く節約していきましょう。

ドコモ光電話とは

ドコモ光電話

ドコモ光電話とは、ドコモ光回線を使った固定電話サービスです。ちなみにフレッツ光のひかり電話も同じ仕組みです。

自宅にインターネット(光回線)を引いている場合、固定電話も光ファイバーを利用してアナログ回線から光回線に変更することで、基本料金が安く、また通話料も安くなります。

加入電話(アナログ電話)

基本料金:1,700円

通話料金は以下の通りです。(参考:東日本)

  • 市内/3分:8.5円
  • 県内市外/3分:20~40円
  • 県外/3分:20~80円
  • ドコモ宛て/1分:20円
  • au宛て/1分:30円
  • SoftBank宛て/1分:40円

ドコモ光電話

基本料金:500円

通話料金は以下の通りです。(参考:東日本)

  • 市内/3分:8円
  • 県内市外/3分:8円
  • 県外/3分:8円
  • ドコモ宛て/1分:16円
  • au宛て/1分:17.5円
  • SoftBank宛て/1分:17.5円

自宅にインターネットを契約しているなら、固定電話をドコモ光電話にすることで、月々1,200円も節約することができます。同じ電話なのに、光電話にするだけで年間14,400円もお得になるって知ってましたか?

ドコモ光電話の申込方法

ドコモ光電話を申し込むには、現在の回線状況を確認する必要があります。

ちなみにNTTの「加入電話(アナログ電話)」や「フレッツ光」の「ひかり電話」から切り替えの場合、電話番号や電話機をそのまま使うことができます。

そして、設置工事が必要なのか、電話番号を引継ぐのか、新規で電話番号を取得するのか・・・など。さまざまな状況によって手続内容や費用が変わってきます。

フレッツ光を利用している場合

  1. フレッツ光+アナログ電話
  2. フレッツ光+ひかり電話
  3. フレッツ光+固定電話なし

「フレッツ光+アナログ電話」の場合、フレッツ光は「転用」、アナログ電話は「番号ポータビリティ」で同じ番号を使用することができます。

「フレッツ光+ひかり電話」の場合、フレッツ光もひかり電話も「転用」となります。工事不要で機器もそのまま使用することができます。

「フレッツ光+固定電話なし」の場合、フレッツ光は「転用」、固定電話は「新規払出し」で電話番号を新しく取得することになります。

他社光回線を利用している場合

  1. 他社光回線+アナログ電話
  2. 他社光回線+ひかり電話
  3. 他社光回線+固定電話なし

「他社光回線+アナログ電話」の場合、他社光回線は「事業者変更」、アナログ電話は「番号ポータビリティ」で同じ番号を使用することができます。

「他社光回線+ひかり電話」の場合、他社光回線もひかり電話も「事業者変更(転用)」となります。工事不要で機器もそのまま使用することができます。ただし、他社光回線はフレッツ光の設備であることが条件です。

「他社光回線+固定電話なし」の場合、他社光回線は「事業者変更」、固定電話は「新規払出し」で電話番号を新しく取得することになります。

ドコモ光を利用している場合

  1. ドコモ光+アナログ電話
  2. ドコモ光+ひかり電話
  3. ドコモ光+固定電話なし

「ドコモ光+アナログ電話」の場合、アナログ電話のみ「番号ポータビリティ」で同じ番号を使用することができます。

「ドコモ光+ひかり電話」の場合、ひかり電話のみ「転用」となります。工事不要で機器もそのまま使用することができます。

「ドコモ光+固定電話なし」の場合、固定電話は「新規払出し」で電話番号を新しく取得することになります。

光回線を利用していない場合

  1. 光回線なし+アナログ電話
  2. 光回線なし+固定電話なし

「光回線なし+アナログ電話」の場合、ドコモ光と同時にドコモ光電話を申し込み、アナログ電話は「番号ポータビリティ」で同じ番号を使用することができます。

「光回線なし+固定電話なし」の場合、ドコモ光と同時にドコモ光電話を申し込み、固定電話は「新規払出し」で電話番号を新しく取得することになります。

ドコモ光電話の初期費用

ドコモ光電話

次に、ドコモ光電話の初期費用について解説していきます。まずは事務手数料です。

すでに「ドコモ光」を契約中の人が新たにドコモ光電話を申し込む場合は2,000円、ドコモ光とドコモ光電話を一緒に申し込む場合は、ドコモ光の事務手数料が3,000円かかるため、ドコモ光電話の事務手数料は無料になります。

  • ドコモ光と同時に申込む場合:3,000円
  • ドコモ光電話のみ申込む場合:2,000円

工事料

NTTやフレッツ光発番のひかり電話を利用している人が「ドコモ光」へ転用、または事業者変更する場合、事務手数料のみで工事料は発生しません。

しかし、アナログ電話を利用している人や新規で電話番号を取得する場合には、工事が必要になり工事費もかかります。

また、すでにドコモ光を利用している人が、新たにドコモ光電話を申し込む場合でも工事費がかかるので、ドコモ光を申し込むなら「ドコモ光電話」も一緒に申し込んでおいたほうがいいでしょう。

工事費は、「派遣工事」なのか「無派遣工事」なのかで金額も大きく変わってきます。まずは「工事料金シミュレーション」で事前にチェックしておきましょう。

ドコモ:工事料金シミュレーション

ドコモ光電話のオプションサービス

「ドコモ光電話」には、基本料金500円以外にも有料でオプションサービスを付けることができます。

ですが、固定電話の利用があまりない場合、無駄な出費になるだけなので、わざわざ契約する必要はありません。あると便利なのが、着信相手の電話番号が表示される「発信者番号表示(月額400円)」くらいで、これはナンバーディスプレイとも言われています。

通話中着信(月額300円)

通話中に第三者から着信があった場合、通話を保留したまま第三者と通話ができるサービス。

転送でんわ(月額500円)

かかってきた電話をあらかじめ指定した電話番号に転送するサービス。

発信者番号表示(月額400円)

かけてきた相手の電話番号が、電話に出る前に電話機などのディスプレイに表示されるサービス。

ナンバー・リクエスト(月額200円)

電話番号を「通知しない」でかけてきた相手に、「電話番号を通知してかけ直すよう」伝えるサービス。発信者番号表示の契約が必要。

迷惑電話ストップサービス(月額200円)

迷惑電話を受けた直後に電話機で登録操作を行うことで、以降同じ電話番号からの着信時に、「電話を受けられない」旨を伝えるサービス。

着信お知らせメール(月額100円)

着信があったことを、あらかじめ指定したパソコンや携帯電話のメールで確認できるサービス。

ダブルチャネル(月額200円)

ドコモ光電話1契約で、同時に2回線分の通話ができるサービス。

追加番号(月額100円)

「ドコモ光電話の契約番号+4電話番号」で最大5つの電話番号をご利用できるサービス。

ドコモ光電話バリュー

ドコモ光電話には、「ドコモ光電話バリュー(月額1,500円)」もあります。これは、ダブルチャンネルと追加番号以外の有料オプションがセットになっている料金プランです。

これは、フレッツ光の「ひかり電話A(エース)」と同じサービスです。

上記でも解説していますが、最近では固定電話を使っている人も減っています。わざわざ月額1,500円も支払う必要はなく、「発信者番号表示(月額400円)」くらいでいいでしょう。

まとめ

ドコモ光電話は、子供がいる家庭などにはピッタリのサービスです。例えば、キッズケータイやスマホを持たせるには早いと思っているなら、自宅の固定電話は最適です。

また、自宅のインターネットを引いているなら、アナログ電話にしておくことも無駄になります。光電話にするだけで基本料金や通話料が安くなるのは魅力的でしょう。さらに、ドコモ光電話はいつ解約しても解約金はかかりません。

ただし、一度解約してしまうと元の電話番号を使うことができませんので注意してくださいね。

公式サイト:ドコモ光