ドコモ光

はじめての事業者変更でも失敗しない!〇〇光からドコモ光に切り替える前に確認すること。

事業者変更

2019年7月以降、光コラボから光コラボへの切り替えが工事不要で行なえるようになりました。

「工事不要で切り替えができる・・・」となると、フレッツ光から光コラボへの切り替え「転用」と同じようなイメージですが、正式には「事業者変更」という手続きになります。

「事業者変更」に必要なのは、元の光コラボから同じ契約を継続するために「事業者変更承諾番号」を取得し、あとはその番号を基に移行先で手続きするだけです。しかし、メリットだけでなく、注意点やデメリットもありますので、まずはチェックしておきましょう。

〇〇光→ドコモ光に事業者変更すると安くなる

事業者変更

フレッツ光からドコモ光に切り替えは「転用」です。そして、光コラボ(○○光など)からの切り替えは「事業者変更」になります。

光コラボとは、フレッツ光の設備を使った他社のインターネットサービスです。例えば、ぷらら光、OCN光、nifty光、SoftBank 光、BIGLOBE光、TCOM光、BB.excite光、光ギガ、ひかり速トクなど。他にも数多くあります。

ただし、auひかり、NURO光はフレッツ光の設備を使っていませんので、事業者変更はできません。ドコモ光を申込むときは、通常の新規契約となります。

ドコモ光のメリットは基本料金ではなく光セット割!

事業者変更

現在、光コラボを契約しているなら、マンションタイプで月額3,000円~4,000円、戸建てタイプで月額5,000~6,000円といったところでしょう。ドコモ光の基本料金は他の光コラボと変わりません。

ドコモ光「戸建てタイプ」

  • タイプA:5,200円
  • タイプB:5,400円
  • 単独タイプ:5,000円+プロバイダ料金

ドコモ光「マンションタイプ」

  • タイプA:4,000円
  • タイプB:4,200円
  • 単独タイプ:3,800円+プロバイダ料金

単独タイプは、タイプA、タイプB以外のプロバイダを利用するときのプランです。しかも、単独タイプは別途プロバイダ料金が発生しますので、特別な理由がなければタイプAのプロバイダに変更しましょう。

光セット割適用で実質0円~でドコモ光が使える!

ドコモ光の基本料金は、他社の料金と比べて安いと感じる人は少ないでしょう。ドコモ光の最大のメリットは、ドコモのケータイと光がセットにすることで適用になる「ドコモ光セット割」です。

新料金プラン(ギガホ&ギガライト)なら、1回線につき最大1,000円が永年割引になります。また、旧料金プランでも、パケットパックの基本料金から最大3,500円が割引になります。

関連記事:「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった!

関連記事:もう騙されない!「ドコモ光」で注目するのは使用感でも月額料金でもなく割引金額!

仮に、4人家族でスマホを新料金プランで使っていた場合、マンションタイプ(月額4,000円)なら実質無料で使えることを同じです(-1,000円×4人)。

事業者変更の注意点とデメリット

あなたがドコモユーザーなら、事業者変更することで簡単にお得になるでしょう。しかし、手続きをする前に注意事項がありますので、必ずチェックしておきましょう。

切り替え前の光コラボで確認すること

  • 料金未納がないか。
  • 工事費の残債がないか。
  • 更新月はいつか。

まずは、費用面での注意点です。切り替え前の光コラボで料金未納や工事費の残債がある場合、一括清算が必要になります。また、事業者変更は転用と内容が違いますので、更新月以外の切り替えには解約金(違約金)が発生します。

さらに、事業者変更承諾番号の発行手数料として、事務手数料3,000円が必要になります。

事業者変更に必要な費用(光コラボ)

  • 工事費の残債:契約年数による
  • 契約解除料(解約金):相場10,000円
  • 事務手数料:相場3,000円

事業者変更に必要な費用(ドコモ)

  • 事務手数料:3,000円

もし、解約金がかかる前提なら、合計16,000円と工事費の残債と言ったところでしょう。

光コラボでオプションを契約している場合

他にも、光コラボで提供されている独自サービスが使用できなくなるので注意してください。また、事業者変更でプロバイダを変更した場合、同じメールアドレスが使用できなくなります。

NTT東日本、西日本でオプションを契約している場合

フレッツ光のときから利用しているオプションで、ドコモ光で提供していないサービスを継続して利用する場合、NTT東日本や西日本と直接契約になります。

例えば、リモートサポート、24時間出張修理オプションを継続する場合、事業者変更手数料として1,800円/回、そして月額料金はNTTから請求されます。この費用に関しては、ドコモでまとめることはできません。

参考までに、リモートサポートはドコモでも「ネットトータルサポート」という名称で提供していますので、この機会に解約してもいいでしょう。

事業者変更の手続き

事業者変更の手続きはとても簡単です。

必要なのは、切り替え前の光コラボで取得する「事業者変更承諾番号(有効期限15日間)」だけです。ただし、NTT西日本エリアは「契約ID(CAFから始まるID)」も必要です。「事業者変更承諾番号」の発行は電話やネットで手続きします。そして、その番号を基にドコモで手続きするだけです。

たったこれだけで、今よりお得になるなら良いですよね。まずは、切り替え前の光コラボ事業者に問い合わせて「事業者変更承諾番号」を取得しましょう。

ドコモ光をお得に申込むならネットがお得!

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモショップでも量販店でも、インターネットでも申し込みできます。しかし、どうせ契約するならお得になるほうがいいですね。

今なら、ドコモから新規契約特典として、ドコモからdポイント10,000円分が貰ます。解約金や事務手数料分くらいにはなりますが、たったこれだけです。

しかし、下記のサイトなら、さらにキャッシュバック15,000円が貰えます。しかも不要なオプション加入もありません。店頭では貰えないキャッシュバックです。どうせ契約するなら少しでも多く還元してもらいましょう。

公式サイト:ドコモ光

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ