契約・手続き

「NTTから委託されています!」騙されて契約した光コラボをフレッツ光に戻す方法。

事業者変更

この記事を読んでいる人なら、ドコモの携帯を使っているなら、インターネットもドコモ光にするとかなりお得だということをご存知だと思います。

しかし、「ドコモ光」は他社の光コラボより後に提供されたので、「もう他の光コラボにしちゃったよ・・・」という人も、実際かなり多いのではないでしょうか?

ネットで調べても、「他社の光コラボからドコモ光に切り替えるには解約しか方法がない」といった情報しか出てきません。公式サイトでは不利益にしかならないので、戻せる方法なんて掲載するわけないので当然ですよね。

そこで、今回はフレッツ光に戻せる条件と手続方法を紹介します。なお、この方法は力技で押し通します。クレーム言うのが苦だと、少し辛いかもしれませんが参考までに知っていても損はありません。

また、今では「事業者変更」が可能になったため、すでに他社コラボになっている人でもドコモ光に切り替えることは簡単です。力技が苦手な人は、こちらがオススメです。詳しくは「はじめての事業者変更でも失敗しない!〇〇光からドコモ光に切り替える前に確認すること。」を確認してください。

一度契約してしまった光コラボをフレッツ光に戻す

事業者変更

ちなみに、8日以内であれば無条件でキャンセルも可能です。これは「初期契約解除」と言います。

初期契約解除制度とは

初期契約解除制度とは、契約書面の受領日を初日とする8日間が経過するまでは、お申し込みの電気通信事業者の合意なくお客さまのご都合のみにより契約解除できる制度です。

総務省:電気通信サービスの Q .初期契約解除制度って、 どんな制度なの?

そして、契約から8日を過ぎてしまった人も、一定条件が満たされればフレッツ光に戻せるって知っていましたか?フレッツに戻す手続きなら、そもそも転用を無かったことにするので、違約金も工事も発生しません。

コラボ光からフレッツに戻せる条件

それでは、早速フレッツに戻せる可能性の高い方の条件をお伝えします。

  1. 電話営業などで、代理店から申込みをしている
  2. 転用承諾番号をネットで取得している

実務上、契約を戻せた実績のある光コラボ:OCN光、BIGLOBE光、hi-hoひかり、ソフトバンク光、OZZIO 光

上記の2つの条件に当てはまれば、実務上かなり高確率でフレッツに戻せます。また、上記以外のコラボ光でも、2つの条件を満たしていればフレッツに戻せると思います。

条件1. 電話営業などで、代理店から申込んでいる

一般的に、フレッツやその他プロバイダは、営業の多くを代理店が行っています。家にかかってくる勧誘の電話は、そういった代理店からの電話です。

  • バリューパートナー
  • 正規店
  • 案内担当

など、呼び方はそれっぽく言っていますが、要は別会社です。代理店の利益は獲得件数に応じて決まるので、荒っぽい営業で何度も問題になっています。

「契約はそのまま、安くなるので手続きしましょう」、「新しいプランが出てお得になるので変えておきますね!」など、詳細は話さずにガンガン転用させていました。

また、代理店からの申込みだと、サービス提供側はどのような営業活動だったかは把握できません。つまり、私たちが「代理店に無理やり申込みさせられた」と言っても、本当なのか嘘なのか判断できないのです。

逆に、自分から光コラボに直接申込みをした場合、光コラボの事業者側に、通話や書類の記録がバッチリ残っています。

直接光コラボに申込んでしまった方は、一回解約して申込みしなおすという、従来のやり方しか通用しないので気をつけてください。

条件2. 転用承諾番号をネットで取得している

転用承諾番号とは、フレッツ光の設備をコラボ光が使うためのものです。この転用承諾番号を取得しないと、光コラボに申込みができません。

これも、電話営業などの代理店の場合、ネットで勝手に取って申込むという事例があり問題になりました。本来は契約者本人でないと取得できないものなので、第三者が代理で申込むのは不正です。

これも電話で取得していると、自分の意思で転用したものと判断されてしまいます。

実は、何件かは電話で取得した方も戻せています。断られた案件もあるので、電話で転用承諾番号を取得した方は、少し難しくなると考えてください。

光コラボからフレッツ光に戻すには交渉が必要になる

事業者変更

上記の条件に当てはまれば、フレッツ光に戻すことが可能です。1度フレッツ光に戻した後には、ドコモ光の申込みもできます。

  1. 光コラボのサポートに連絡
  2. サポートの担当と交渉
  3. NTT東日本にも念のため連絡

手順はこれだけです。一番大変なのは2つ目の交渉でしょう。

状況により違いますが、伝えるべき事は次の3つの内容です。

  • ドコモユーザーなので、もともとドコモ光にしたい意思があった
  • 営業担当の説明のなかで、明確に光コラボへ転用の手続きになると認識できなかった
  • 説明不足で無理やり変えたのだから、元通りに戻して欲しい

当然、サポートセンターの方は「光コラボに転用後は戻せない」とマニュアル通りの回答が来ます。

しかし、NTT東日本に確認すると、「コラボ事業者から、光回線卸の取り下げ申し出があれば手続きしている」と回答がもらえます。これもNTT東日本の電話口が無知なバイトだと教えてくれませんが。

そのことを伝えて、それでも断ってきたら「上を出せ」と詰めていくと、すぐに対応してくれます。サポートセンターとの交渉が上手く行ったら、念のためNTT東日本に電話しましょう。

NNT東日本:0120–116–116

NTT東日本には下記の3点を伝えましょう。言わなくても進むとは思いますが、記録を残させるために連絡したほうがベターです。

  • フレッツの頃の契約者名
  • 今使っている光コラボのサービス名
  • フレッツに戻すように申し伝えたから、手続きを受け入れて欲しい

ここまで上手く行けば、後日フレッツに戻る日時の連絡が来ます。その日以降に、転用承諾番号が取り直せるので、ドコモ光に申込みしましょう!

交渉が苦手な人は事業者変更で切り替える

事業者変更

すでに、フレッツ光から他社光コラボに切り替えてしまった人は力技でフレッツ光に戻すことは可能です。

しかし、クレームを言うというのは大変な労力が必要です。「そんなことはできない。クレームを言うくらいなら騙されたとわかっていてもお金を払っていきます。」そんなことを言っている人もいますね。

そんな人にオススメなのは「事業者変更」です。2019年7月以降、光コラボから光コラボへの切り替えが工事不要で行なえるようになりました。他社光コラボの契約期間によっては解約金はかかりますが、工事不要で交渉も不要、そのままドコモ光に切り替えることができます。

必要なことは、事前に他社光コラボで事業者変更承諾番号を取得するだけです。そして、そのまま下記のサイトから申し込むことができます。キャッシャバック等を解約金に充てれば、費用負担も少なく、ドコモ光に切り替えることができます。

GMOとくとくBB限定の現金キャッシュバック!

ドコモ光

ドコモ光は、ドコモショップでも量販店でも、インターネットでも申し込みできます。しかし、どうせ契約するならお得になるほうがいいですね。そして、多くのプロバイダの中でも「GMOとくとくBB」が通信速度が速く、Wi-Fiルーターも無料でレンタルできるので一番人気です。

速度重視なら間違いなく「GMOとくとくBB」です。私の自宅もGMOを使っています。

参考:【ドコモ光】通信速度が遅い?一番人気のプロバイダはどれ?失敗しない選び方を解説!

「GMOとくとくBB」ならドコモショップでは得られない特典として2種類の現金キャッシュバックが用意されています。

  1. とくとくBBホームページ限定キャッシュバック特典
  2. 他社でご利用中のインターネットサービスの解約違約金分をキャッシュバック

とくとくBBホームページ限定キャッシュバック特典

ドコモ光の申し込みでキャッシュバックとは、サイト経由でドコモ光を申し込みすると、最大20,000円の現金で貰えます。適用条件は映像サービスを一緒に契約することで金額が増えていきます。

  • 20,000円:ひかりTV for docomo(2年割)+DAZN for docomo
  • 18,000円:ひかりTV for docomo(2年割)
  • 15,000円:DAZN for docomoまたはスカパー!(1,800円以上の商品)
  • 10,000円:dTVまたはdアニメストア
  • 5,500円:なし

「dTV」「DAZN for docomo」「ひかりTV for docomo」「dアニメストア」いずれも、新規お申込みいただいた場合に限ります。(既にご利用中の場合は対象外です)。「dTV」「DAZN for docomo」「ひかりTV for docomo」「dアニメストア」いずれも、90日間以上の利用が条件です。

個人的には、何もオプションを契約せずに5,000円を受け取るよりも、dTV(月額550)やdアニメ(月額440円)を90日間利用して、10,000円のキャッシュバックを受けるのがいいでしょう。

他社でご利用中のインターネットサービスの解約違約金分をキャッシュバック

他社でご利用中のインターネットサービスの解約違約金補助として20,000円をキャッシュバック還元します。

還元対象について

  • インターネット回線、テレビ、電話等の施設撤去に関わる費用や解約金
  • インターネット回線の長期割引等にかかわる解約金
  • 現在利用中のインターネット回線工事費の残債
  • ドコモ光に変更する際の、プロバイダ解約にかかる解約料
  • 他社固定電話からNTTアナログ回線への切り替え時発生する工事料

本特典は、「とくとくBBホームページ限定キャッシュバック特典」と併用することはできません。

ちなみに、ドコモショップで申し込みした場合、他社のインターネット契約からドコモ光に切り替える際に、違約金や解約金、ケーブルの撤去費用を補填してくれるような特典にはありません。

どうせなら、お得になるほうで申し込みするほうが良いでしょう。

公式サイト:速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,200円もしくは3,300円)もかかりません。

公式:ドコモオンライショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。