ドコモ・キャンペーン

【お得】60歳以上ならドコモより安い!家族がワイモバイルに乗り換えた理由。

ワイモバイル

今回、ドコモから60歳以上の人がワイモバイルに乗り換えてお得になったという話を聞きましたので解説していきます。ワイモバイルでは、60歳以上を対象にした「60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン」があります。

これは、通話オプション「スーパーだれとでも定額 (S) 」の基本料金1,870円から1,100円が永年割引となり、月額770円で国内通話がかけ放題になるというものです。

過去にドコモでも、60歳以上を対象にした「おしゃべり割60」という同じような割引キャンペーンを実施していましたが、現在は終了しています。そのため、シニア向けの割引はなく、「長年、ドコモを使ってきたのに、何ひとつお得になっていない。」と、不満の声もあります。

そういった理由もあり、基本料金が安い格安SIMやサブブランドに乗り換える人が増えているのかもしれません。後々、聞いた話では私の家族もそんな一人でした。

60歳以上ならワイモバイルがお得?

ワイモバイル

ワイモバイルでは、60歳以上を対象に通話がお得になるキャンペーンを実施しています。

そもそも、ワイモバイルでは通常の基本料金の中に無料通話は含まれていませんので、1通話「22円/30秒」が発生します。これは、他社も共通ですね。そして、通話が多い人向けのオプションとして、「だれとでも定額(10分かけ放題)」または「スーパーだれとでも定額(24時間かけ放題)」が用意されています。

ワイモバイルの通話オプション

  • だれとでも定額(10分かけ放題):月額770円
  • スーパーだれとでも定額(24時間かけ放題):月額1,870円

そして、60歳以上であれば、この通話オプションに対して割引が適用されます。

公式サイト:Y!mobile

ワイモバイル
【新料金プラン】ドコモからワイモバイルに乗り換えたら料金は本当に安くなるのか? ドコモからワイモバイルに乗り換え(MNP)を検討している人は多いでしょう。 実際、店頭で接客していると、「ドコモの料金は高...

【概要】60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン

ワイモバイル

ワイモバイルでは、「シンプルS/M/L」に契約した60歳以上であれば、「スーパーだれとでも定額(S)」(月額1,870円)を契約しても、その月額料から1,100円が永年で割引になります。

つまり、「だれとでも定額(10分かけ放題):月額770円」の料金で、24時間かけ放題にすることができるということです。

60歳以上の利用者は、ほとんどが通話です。メールもLINEもあまり使用していないため、これはかなりお得ですね。

【料金】60歳の両親がワイモバイルに乗り換える

参考までに、60歳以上の両親がドコモからワイモバイルに乗り換えた場合の見積もりを作ってみましょう。

両親は、インターネットの使用はほとんどなく、通話がメイン。たまに孫の写真や動画が送られてくる程度です。おそらく、月間データ使用量3GB未満で済むでしょう。

父親:シンプルS

  • 基本料金:2,178円
  • スーパーだれとでも定額:1,870円
  • 60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン:-1,100円
  • 合計:月額2,948円

母親:シンプルS

  • 基本料金:2,178円
  • スーパーだれとでも定額:1,870円
  • 60歳以上 通話ずーっと割引キャンペーン:-1,100円
  • 家族割引サービス:-1,188円
  • 合計:月額1,760円

ワイモバイルでは、家族割を組むことで2回線目以降に対して「家族割引サービス(1,188円割引)」の対象になります。そのため、母親のほうが同じ料金プランでも安く済んでいます。

2台合わせても、月額4,708円でスマホが使えます。しかも、通話はかけ放題、データ通信量3GBまで使えるので十分です。

ドコモで同じ条件(データ通信量は3GB未満、家族2人以上、ドコモ光を利用中)にした場合。

  • 基本料金(3GB未満):4,378円
  • かけ放題オプション:1,870円
  • みんなドコモ割(2人):-550円
  • ドコモ光セット割:-550円
  • 合計:月額5,148円

ドコモの場合、60歳以上の永年割引はありませんので、同じ条件で2台持った場合、月額10,296円となります。ワイモバイルのほうが5,000円以上安くなるので、ワイモバイルに移りたくなる気持ちもわかります。

しかも、ワイモバイルは、Softbankのサブブランドのため実店舗もあります。エリアはドコモのほうが広いので「繋がりやすさ」はドコモのほうが上です。しかし、田舎に住んでいない限り、電波問題の影響は少ないのでワイモバイルでもいいでしょう。

公式サイト:Y!mobile

ちなみに、ドコモで購入したスマートフォンやiPhoneをワイモバイルで使用する場合、SIMロック解除が必要になりますので、乗り換えル前にWEBで手続きしておきましょう。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,200円もしくは3,300円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

イオンモバイル
【ドコモ→イオンモバイル】料金の安さと口コミは本当か?ドコモ店員が実際に調べてみた。 大手スーパーのイオンから提供されている「イオンモバイル」。格安スマホ業界の中でも、全国200店舗以上と他社と比べて店舗数が多く、...
楽天モバイル
毎月1GB未満なら基本料金は0円!ドコモのiPhoneで「楽天モバイル」を試してみた。 格安SIM(MVNO)の認知度も高まり、実際に利用している人も増えてきています。特に他社に乗りかえるので「MNP予約番号を発行し...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。