携帯はやっぱりdocomo!
ドコモの手続き、料金プラン、機種情報など分かりやすく公開しています!
ドコモ・キャンペーン

毎月1,980円~って何?嘘だったの?実際は8,000円と言われた理由を解説。

1980

最近、読者さんから「うちの親が初めてスマホを持つことになりドコモショップに行ったら、毎月8,000円くらいになります。と言われてきたそうです。広告では1,980円と表記されているのに、これってどういうことですか?」と、質問がありました。

このように、CM等で言われている金額とかなり違うことに驚いて帰っていく人は意外と多いと思います。今日はそんな疑問についてお答えしたいと思います。

スポンサードリンク

初めてスマホを持つのに8,000円ってどうなの?

1980

CMやホームページには「1,980円でスマホが持てる!」と、大々的に宣伝していますので、2,000円でスマホが持てるなら試しに使ってみたいというのが普通ですね。

しかし、実際には1,980円ところか、8,000円くらい、機種代金も追加すると10,000円近くになることもあり、「話しが違うのでは・・・?そんなに掛かるならガラケーでいい。」と、結局購入しないで帰る人がいるようです。

なぜ、そんなことになっているのか解説していきます。

月額1,980円の条件は厳しい!

1980

まず1,980円の内訳は、家族3人でベーシックシェアパックを契約し、毎月のデータ通信量5GB未満に抑えて、しかも対象機種がdocomo with、そして通話は無料通話がないシンプルプランにしていることが条件です。

これだけ聞いても良く分からないかと思いますが、簡単に言うと条件はかなり厳しいです。

代表回線(15年以上)

  • 基本料金(シンプル):980円
  • SPモード:300円
  • ベーシックシェアパック(~5GBまで):6,500円
  • ずっとドコモ割:-900円
  • docomo with:-1,500円
  • 合計:5,380円

子回線①

  • 基本料金(シンプル):980円
  • SPモード:300円
  • シェアオプション:500円
  • docomo with:-1,500円
  • 合計:280円

子回線②

  • 基本料金(シンプル):980円
  • SPモード:300円
  • シェアオプション:500円
  • docomo with:-1,500円
  • 合計:280円

上記の合計金額(5,380円+280円+280円)を3人で均等割にすることで「1,980円/人」となる計算です。

はたして、これが現実的なプランか解説していきます。

家族でパケットを分け合っている状態で、毎月全体で5GB未満に抑えることは可能なのか?

1980

ベーシックシェアパックとは、家族でパケットを分け合う4段階制のプランですが、使えば使った分だけ請求金額は高くなります。

  1. ~5GB:6,500円
  2. ~10GB:9,000円
  3. ~15GB:12,000円
  4. ~30GB:15,000円

パケット通信を5GB未満に抑えることは、自宅にWi-Fi環境があれば実現可能です。しかし、自宅にWi-Fiがない状態で3人で5GB未満に抑えることはかなり難しく、少なくみても「3GB/人」くらいは使うことが予想されます。

家族3人で10GB未満9,000円になり、1,980円+800円=2,780円となります。

補償が未加入になっているが、故障した場合どうするのか?

1,980円~のプランには、ケータイ補償サービスやApple Care+など、補償サービスは含まれていません。補償サービスに加入していない場合、故障や水濡れ、紛失時など高額請求になりますので、こちらも現実的ではありません。

ケータイ補償に加入した場合、スマホで330円~500円、iPhoneなら600円~750円が加算されます。そうなると、1,980円+800円+330円=3,110円となります。

機種代金が含まれておらず、対象機種はdocomo withに限定されている。

次に、docomo with(-1,500円)についてです。こちらは対象機種を購入するとずっと1,500円が割引になるプランとなります。ただし、最新機種は対象外ですので、あくまでミドルスペック程度の機種に限定されます。

しかも、機種代金が含まれていませんので、本体を一括購入していることが条件となります。docomo withシリーズの相場は30,000円~50,000円程度の端末です。もし、一括購入ではなく、分割購入した場合、24回払いで月々1,200円~1,600円ほど加算されます。

そうなると、1,980円+800円+330円+1,200円+=4,310円となります。そして、もし購入する機種がdocomo with以外だった場合、1,500円の割引も適用されませんので、さらに1,500円が加算され、約6,000円となります。

通話をする人はどうなるの?

上記では、無料通話のないシンプルプランになっていますが、もし通話をする人だった場合はプランをカケホーダイプラン(2,700円)やカケホーダイライトプラン(1,700円)にする必要があります。

そうなると、さらに720円~1,720円が加算されます。結果、約7,000円になってしまいますね。

結局、毎月8,000円と言われた内訳

  • 基本料金(カケホーダイ):1,700円
  • SPモード:300円
  • ウルトラLパック:6,000円
  • ケータイ補償サービス:500円
  • ずっとドコモ割:-800円
  • 合計:7,700円

家族でパケットを分け合うことができない場合、また購入機種がdocomo with以外の場合、上記のような金額が一般的です。

仮に、それなりにスマホを使う人なら、1人で20GBまで使える「ウルトラLパック」、1回の通話が5分間無料になる「カケホーダイライトプラン」が現実的です。

このように、いくつかの厳しい条件を満たすことができなければ、1,980円でスマホを持つことはできません。

また、すでに家族にスマホを使っている人がいれば、最低2,000円程度でスマホを持つことができるだけで、誰もいなければ、2,000円で持つことはできません。あくまで1,980円でスマホが持てるのは、厳しい条件をクリアする必要がありますので、みなさんも注意してくださいね。

あわせて読みたい
知らないと損する!ベーシックパック・ベーシックシェアパックを徹底解説。 2018年5月25日から、ドコモの新しい料金プランが受付開始となりました。 すでに、auでは「auピタットプラン」という名...
ABOUT ME
ドコモ愛好家
元ショップ店員。現在はケータイに関する仕事をしています。