契約・手続き

【節約術】月々3万円以上も支払っているのは普通?料金見直しで年間12万円安くなる!

節約

最近では、家計の支出に対する携帯電話や自宅固定回線など、通信費の割合が高すぎることで何かと話題になっています。特に携帯電話で何かしているわけではないのに、一人で月々10,000円~20,000円、家族で30,000円~50,000円以上払っていることもあります。

本人に聞いても、「特に通話とLINEくらいしか使っていないんだけど」という答えが多いです。しかも、携帯料金が何でこんなに高いのかと感じていながらも、「明細を見てもよく分からないし、面倒だから何もしていない。」という人も。

そこで、私が実践している「通信費を安くするための方法」をシェアします。ちょっとした確認作業や実施する手間を面倒くさらずに行なうことで、年間12万円も節約できたという人もいます。

ぜひ、今年こそドコモの料金を見直してみましょう。

料金プランを見直すだけで通信費を大幅カット

節約

まず、手軽にできる節約方法としては料金プランの見直しです。

普段から、使っていない有料オプションを解約しないで支払い続けている人が本当に多いです。有料オプションと言っても月額数百円ですが、何個も契約しているケースがありますので、使っていないオプションは解約しましょう。

月額500円でも年間にしたら6,000円です。また、基本料金のプランを見直し、通話やパケットパックのプランを変更することで大幅に安くすることができます。

さらに、ドコモの新料金プラン「ギガホ&ギガライト」では、月額1,980円/人に抑えることができます。また、旧料金プランの「カケホーダイ&パケあえる」では、パケット料金を家族で分け合うことができ、分け合う人数を増やすことでかなり安くすることができます。

ちなみに、私はシェア10(9,500円)を6人で分け合っており、1人1,800円のパケット料金で維持しています。

あわせて読みたい
ギガホ&ギガライト
「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった! 2019年6月以降、ドコモで新しい料金プラン「ギガホ&ギガライト」が提供開始となりました。新料金プランの提供に合わせて、さまざま...
あわせて読みたい
カケホーダイ・パケあえる
「ギガホ&ギガライト」にすると高くなる!?旧料金プランでも安くする方法! 2019年6月以降、ドコモで新しい料金プランが提供開始となり、以前の料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」が新規受付終了...

ネット回線を引いてるならドコモ光に変更する

自宅にインターネットを契約している人なら、こちらも見直ししたいところです。

自宅のインターネットが、「フレッツ光+プロバイダ」、または「光コラボ」を契約しているなら「ドコモ光」に切り替えましょう。ドコモの携帯とセットになることで「ドコモ光セット割」が適用になります。

新料金プラン「ギガホ&ギガライト」では、「ドコモ光セット割」が適用になることで1人最大1,000円が永年で割引になり、離れて暮らしている家族も割引対象になります。

自宅にネットを契約していない人でも、携帯料金が家族で1.5万円以上支払っている人なら、自宅にドコモ光を契約したほうがお得で使い勝手が良くなる場合があります。

あわせて読みたい
ドコモ光
もう騙されない!「ドコモ光」で注目するのは使用感でも月額料金でもなく割引金額! 「Wi-Fi」があれば、スマホやiPhoneのパケット(ギガ)を気にせず、インターネットは使い放題です。 「Wi-Fi」と...

自宅の固定電話を光電話に変えてみる

節約

自宅に固定電話を契約している人も多いですが、携帯電話を持つようになると自宅の電話はほとんど使わなくなりますね。

自宅の「固定電話」は基本料金1,500円~2,500円ほどですが、これを「ひかり電話」に変えることで月額500円になります。しかも、電話機や電話番号は変わらずそのまま使用することができます。そもそも、固定電話をまったく使わないなら解約してもいいですね。

※「ひかり電話」はインターネット回線の契約が必要です。

あわせて読みたい
ドコモ光電話
ドコモ光電話は月額500円!固定電話を切り替えるだけ毎月1,200円も安くなる! もし、自宅で光回線を利用しているなら、固定電話(アナログ電話)を光電話にすることで基本料金を安くすることができます。光回線の普及...

子供にスマホを持たせるなら格安SIMを使う

節約

携帯料金を安くするなら、やっぱりMVNO(格安SIM)を活用するべきです。

データ通信のみならスマホで月額数百円から使うことができ、大手キャリアの1/3程度の費用でスマホを持つことができます。子供にスマホを持たせるなら、格安SIMで安く持たせることをオススメします。

格安SIMなら、仮に家族3人スマホでも1万円を切ることも可能です。しかも、データ通信のみの契約なら解約金も掛かりませんので、1ヶ月間だけ試してみることもできますので、まずは気軽に利用してみましょう。

私は、「イオンモバイル(月々1,000円程度)」をサブ機で利用していますが、わざわざSIMロック解除しなくても、ドコモで販売している端末であればそのまま使用することができますので簡単です。

あわせて読みたい
イオンモバイル
【ドコモ→イオンモバイル】料金の安さと口コミは本当か?ドコモ店員が実際に調べてみた。 大手スーパーのイオンから提供されている「イオンモバイル」。格安スマホ業界の中でも、全国200店舗以上と他社と比べて店舗数が多く、...

支払いはクレジットカードでポイント還元させる

節約

最後に、通信費を安くしたら支払方法を見直してお得にします。

通信費の支払い方法は、コンビニなどで支払う「請求書払い」、銀行などの金融機関での引き落とす「口座振替」、クレジットカードで支払う「クレジット払い」の3種類となります。

通信費だけでなく、公共料金やガソリン代なども全てクレジットカード払いにすることで支払い金額に応じて「ポイント還元」を受けることができます。貯まったポイントは電子マネーとして使ったり、商品購入時の割引に使用したりすることで余すことなく還元させることができます。

我が家のクレジットカード払い

  • 携帯料金:15,000円
  • 光熱費:20,000円
  • 交通費:7,000円
  • 生命保険:20,000円
  • 食費:50,000円
  • その他:20,000円

上記のように、出来るだけ現金ではなく「dカード」を使うことでお得になります。ちなみに我が家の年間dポイント獲得数は42,000pt(年間ご利用額特典含む)です。仮に年会費10,000円支払っても作っておくほうがお得になるのが分かります。

仮に、上記のような支払いがない人でも年会費無料のdカードを持っておくほうが「dカードお支払割」が適用になり、新料金プランでは解約金免除の対象になりますのでお得です。

同じ金額を支払うなら現金払いより「クレジットカード」払いがお得です。特にドコモユーザーなら「dカード」が確実にお得です。

あわせて読みたい
dカード
知ってる人だけ得してる。ドコモユーザーならdカードを持たないと損をする! 今回はドコモのクレジットカード「dカード」についての記事となっています。 「クレジットカードはちょっと・・・」と、まだまだ...

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。