ドコモ・サービス

【徹底比較】ソフトバンクの「メリハリプラン」とドコモの「ギガホ」はどちらが安いのか?

メリハリプラン

2020年3月12日より、ソフトバンクから新料金プラン「メリハリプラン」と「ミニフィットプラン」が提供開始となります。

ソフトバンクの現行プランは、データ通信量が50GBまで使える定額制の「ウルトラギガモンスター+」、そして、0~1GB、~3GB、~5GB、~50GBまで使ったデータ通信量に応じて請求額が変動するミニモンスターでした。ギガ利用量が少ない人向けの「ミニフィットプラン」ついては、【ソフトバンクのミニフィットプランはお得じゃない。維持費を安くしたいならドコモが良い。】を確認してください。

今回は、「ウルトラギガモンスター+」から「メリハリプラン」になることで何が変わったのか、またドコモの料金プラン「ギガホ」と比べて、どちらがお得なのかなど、現役ドコモショップ店員の筆者が解説します。

ドコモからソフトバンクに乗り換えを検討している人は、ぜひチェックしておきましょう。

ウルトラギガモンスター+からメリハリプランへ

メリハリプラン

参考:メリハリプラン

2020年3月12日から、現行の「ウルトラギガモンスター+」は新規受付終了となりますが、「ウルトラギガモンスター+」と「メリハリプラン」の違いは一点だけです。

ギガモンスター+からの変更点

月間データ通信量2GB以下だった場合、自動で基本料金から1,500円割引になります。

「メリハリプラン」は、基本プランとデータプランの組み合わせです。データ通信量(ギガ利用量)は50GBまで使える定額制の料金プランです。ちなみに、ウルトラギガモンスター+も基本的には同じ仕組みです。もちろん、動画SNS放題も同じです(ギガノーカウント)。

ウルトラギガモンスター+もメリハリプランも基本的には変わらない

  • 基本プラン:月額980
  • データプラン:月額6,500円
  • 合計:月額7,480円

ドコモの「ギガホ」は、基本料金の中に基本プランとデータプランが含まれています。ちなみに、ソフトバンクのような動画SNS放題はありませんが、ギガ利用量が上限に達した場合でも1Mbpsの速度制限なので、低画質の動画なら再生可能です。

  • ギガホ(30GBもしくは60GB):月額6,980円

対象の動画SNS放題も同じ

  • YouTube(対象外:ライブ配信投稿)
  • Amazon Prime Video
  • AbemaTV
  • TVer
  • GYAO!
  • kurashiru
  • Hulu
  • スタディサプリ/スタディサプリ English
  • AR SQUARE
  • VR SQUARE
  • FR SQUARE
  • バスケットLIVE
  • LINE(対象外:無料通話・ビデオ通話)
  • Twitter
  • Instagram(対象外:音楽の再生)
  • Facebook(対象外:Messenger)
  • TikTok

「メリハリプラン」は、50GBまでの定額制で、しかも対象の動画やSNSは使い放題です。しかし、人によってはWi-Fiがメインでデータ通信量が2GB以下になることもあります。

【変更点】メリハリプランでギガ利用量が2GB以下だった場合

  • 基本プラン:月額980
  • データプラン:月額6,500円
  • 割引:-1,500円
  • 合計:月額5,980円

「メリハリプラン」は、月間のギガ利用量が2GB以下だった場合、自動で基本料金から1,500円が割引になります。

毎月、ギガ利用量を気にすることなく、しかも使わなかった時は自動で割引になるのは良いですね。さらに上記の金額から「みんな家族割+」や「おうち割 光セット」が適用になることで最大3,000円が永年割引となります。

みんな家族割+

同一の「家族割引」のグループが2人で月額500円、3人で月額1,500円、4人以上なら月額2,000円が永年割引になります。

おうち割 光セット

対象固定通信サービス(SoftBank Air・光など)を、本人もしくは家族が契約していることで、最大1,000円が永年割引になります。

「メリハリプラン(割引適用後)」の場合

  • 基本プラン:980円
  • データプラン:6,500円
  • みんな家族割+(4人):-2,000円
  • おうち割 光セット:-1,000円
  • 合計:月額4,480円

月間のギガ利用量が2GB以下だった場合、上記の金額から、さらに1,500円割引で月額2,980円となります。

ドコモの「ギガホ(割引適用後)」の場合

  • ギガホ(30GBもしくは60GB):6,980円
  • みんなドコモ割(3人以上):-1,000円
  • ドコモ光セット割:-1,000円
  • 合計:月額4,980円

ソフトバンクの「メリハリプラン」とドコモの「ギガホ」を比較してみると、月額料金はドコモのほうが500円高くなります。また、動画SNS放題がない点もドコモが負けています。

今後のドコモに期待したいところですね。

【値上げ】通話オプション

ウルトラギガモンスター+もメリハリプランも家族以外の通話は20円/30秒です。仮に通話が多い人であれば通話オプションを付けておくといいでしょう。ちなみに、メリハリプランでは付加サービスはありますが、料金は実質値上げになっています。

ウルトラギガモンスター+の通話オプション

  • 準定額オプション(1回5分無料):500円
  • 定額オプション(24時間無料):1,500円

メリハリプランの通話オプション

  • 準定額オプション(1回5分無料):800円
  • 定額オプション(24時間無料):1,800円

メリハリプランの通話オプションには、留守番電話プラス/割込通話/グループ通話/一定額ストップサービスが含まれます。

ドコモの通話オプション

  • 5分通話無料オプション(1回5分無料):700円
  • かけ放題オプション(24時間無料):1,700円

まとめ

ドコモの「ギガホ」には、ソフトバンクのように2GB以下なら自動で割引になるようなことはありません。しかし、ウルトラギガモンスター+やギガホを利用している人が、そもそも毎月のギガ利用量2GB以下になることは少ないでしょう。

仮にギガ利用量が2GB以下だとしても、比較対象はドコモの「ギガライト(対象:1~3GB)」になります。そうなると、ドコモのほうが500円安くなります。

  • ギガライト(1~3GB):3,980円
  • みんなドコモ割(3人):-1,000円
  • ドコモ光セット割:-500円
  • 合計:月額2,480円

ぜひ、このあたりを参考にしてみてはいかがでしょうか。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
ギガホ&ギガライト
「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった! 2019年6月以降、ドコモで新しい料金プラン「ギガホ&ギガライト」が提供開始となりました。新料金プランの提供に合わせて、さまざま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。