ドコモ・サービス

【コロナウイルス】ドコモショップは時短営業。こんな時こそオンラインで手続きしてみる。

オンライン

新型コロナウイルスの影響で全国のドコモショップは休業や時短営業になっています。

それでも、ドコモショップでは新しいケータイやスマートフォンを購入するために、お店で長時間待っているお客様がいます。現在、ドコモではコロナウイルスに感染してしまうリスクを減らすために、オンラインで手続きを推奨しています。

オンラインでは、新しい機種への買い替えや料金プランの変更だけでなく、故障修理、支払方法や住所の変更、ケータイ補償サービスの利用も全てオンラインで手続きできます。

特に、新規契約や機種変更は店頭で購入するよりも、オンラインショップで行なうほうが、事務手数料や頭金がかからず、しかもオンラインショップ限定の割引があります。

ぜひ、チェックしておきましょう。

【ドコモショップ】時短営業&受付制限

株式会社NTTドコモは、他人との接触を8割削減させるという日本政府の基本方針を踏まえた総務省からの感染拡大防止に関わる取り組み強化の要請を受けて、2020年4月21日(火曜)から2020年5月6日(水曜)まで、全国のドコモショップにおいて、店頭で受付する業務内容を縮小させていただきます。

参考:(お知らせ)全国ドコモショップにおける受付業務の縮小について

ドコモショップでは、以前から時短営業になっていましたが、2020年4月21日から5月6日までは受付業務が制限されます。基本的には、新規契約、故障、SIMカードの発行、ネットワーク暗証番号の変更など、緊急を要する内容に限られています。

受付内容 受付可否
故障
新規(ポートイン・ドコモ光含む)
機種変更
付属品販売(充電器等)
付属品販売(上記以外) ×
解約(MNP予約番号発行含む)
料金収納
住所変更 ×
名義変更
プラン変更 ×
オプションサービス申込/解約 ×
UIM再発行
料金明細発行
NW暗証番号変更

しかし、店頭では受付できませんが、インフォメーションセンター(151または0120-800-000)やオンライン(My docomo)で手続きできるオーダーは結構あります。

ドコモのオンライン(My docomo)で出来ること

意外と知られていませんが、オンライン(My docomo)では多くの手続きが可能です。ただし、ネットワーク暗証番号やdアカウントの入力が必要になるので、確認しておきましょう。

結婚や離婚等で名字が変わった(改称)、引っ越しして住所が変わった(住所変更)、携帯料金の支払方法を変更したい(支払方法の変更)、料金プランやオプションサービスの変更など。基本的なことは全て手続きできます。

ドコモショップで、何時間も待つよりもインフォメーションセンターやオンラインでサクッと手続きしたほうが「新型コロナウイルス」に感染するリスクが減るので安心です。そもそも、上記のような緊急性のない手続きなら、新型コロナウイルスの問題が解決してからでも遅くはありません。

ドコモ:My docomo

新規契約や機種変更はオンラインショップがいい

ドコモオンライショップ

新規契約や機種変更するときにドコモショップや量販店で購入する人は多いですが、実はオンラインショップのほうが何かとメリットが多いんです。

ドコモオンライショップのメリット

  1. 頭金なし(5,000円~15,000円)
  2. 事務手数料なし(2,000円もしくは3,000円)
  3. 送料なし
  4. 待ち時間なし

さらに、この時期ではこれが一番大切ですね。

「コロナウイルスの感染するリスクなし」

しかも、オンライショップ限定の割引があったり、何かとお得なキャンペーンがありますので、ぜひ一度チェックしておきましょう。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。