京セラ「SIMフリー、Torque(トルク)」がドコモ回線で利用可能に!

スマホは壊れやすく、修理代金も高額になりがちですが、今回は頑丈なSIMフリー携帯「Torque(トルク)」がついに発売されましたのでシェアしたいと思います。

こちらの機種は、ドコモ回線でも利用可能ですのでぜひ確認してみてください。

スポンサードリンク

頑丈過ぎて、壊れる気がしない・・・

まずは下記の試験結果をご覧ください。

30分間にわたる水の噴射や浸水に対しての防水性能

  • トルクは日常生活における雨、スプリンクラーやホースからの水、唾液、よだれ、飲み物、洗面所やトイレの水に対しての防水に対応しています。

過酷な温度に対する耐久性能

  • 何も操作を行っていない端末では、-22°~140°F(-30°~60℃)の温度範囲で2時間、また、操作中の端末では、-4°~122°F(-20°~50℃)の温度範囲において3時間の耐久性能を有しますので、例えば、スノーボードやハイキングでも、安心してお使いいただけます。

耐衝撃性能

  • 4フィート(約122センチメートル)の高さから26回におよぶ落下試験にもパスしているので、お子さんと公園に行っても安心してお使いいただけます。

防塵対応

  • 6時間にわたる防塵試験をパスしており、劣悪な環境下のオフロードやキャンピングにおいても、使用できます。

耐振動性能

  • 1時間に及ぶあらゆる方向での耐振動試験をパスしているので、マウンテンバイクやジェットコースターなどの衝撃に対しても、安心してお使いいただけます。

塩水に対する耐久性

  • 24時間の塩水噴霧後、24時間の乾燥放置状態の試験をパスしているので、長時間海辺に放置するこ との多いサーファーや海好きの人にとって最適な端末です。

防湿対応

  • 湿度95%の状況下で連続10日間の試験を実施。人間が耐えられない環境でも端末は耐えることかができます。

耐日射性能

  • 24時間にわたる1120W/m²の日射条件の中、対日射性能試験を実施。人の場合、日焼け止めが必要な環境でも、端末は必要ありません。

低圧対応性能

  • 2時間にわたる57.11 kPa/1万5千フィート(4,572メートル)の低圧の中でも問題なく作動します。 これはハワイとアラスカを除く米国48州にある最も高い山頂よりも低圧な環境条件下での試験となります。

【基本スペック】

  • 型番:SKT01
  • サイズ(H×W×T):129×69×13.7
  • ディスプレイ:4.0インチ
  • 質量:169g
  • カメラ(アウト/イン):800万画素/130万画素
  • メモリ(ROM/RAM):8GB/1.5GB
  • CPU:1.2GHz(Dual Core)
  • 連続待受時間(3G/LTE):750時間/560時間

「TORQUE(SKT01)」取扱説明書、ADB用USBドライバを掲載しました。

アウトドア好きや外での仕事をされている方にはオススメ・・・

日本でも夏に車に置きっぱなしにしてしまい、熱くなり過ぎて電源が入らなくなったり、建設現場で高所から落として画面破損したり、東北地方では冬に冷たくなり過ぎて、電池が劣化したり、結露で水濡れ反応が出たりと、環境によって携帯が壊れてしまう事はよくあります。
このスマホであれば、何があっても壊れる心配がありませんし、ハードな使い方をしている人にはピッタリですね。

FOMAでもXiでも契約可能・・・

「Torque(トルク)」はSIMフリーとなっていますので、ドコモ回線では自分にあったプランが利用できます。FOMA契約では、「バリュープラン」が適用になりますので、「SSバリューやパケ・ホーダイダブル」などが可能です。

もちろん新料金プランであれば、「カケ・ホーダイ」も適用でき、「データSパックやデータMパック」で高速通信も可能です。さらに指定の料金プランを契約することで「2台目プラス」も対象となります。

FOMA契約ではパケットの高額請求に注意して下さい・・・

ただし、SIMフリーではどの契約でも可能となっていますが、注意しなければならないこともあります。

「Torque(トルク)」はアンドロイド端末で他社製品のスマートフォンですので、FOMA契約にするとパケット定額の料金が最大7,800円となります。これは「パソコンなどの外部機器を接続した通信(テザリングなど)」と同じと扱いになり、FOMA契約の「パケ・ホーダイ フラット」(通常5,200円)でも上限7,800円となりますので、料金が高くなってしまいます。

「Wi-Fi」が使える環境であれば問題ありませんが、スマホの場合、少し通信しただけでも上限の7,800円まで到達してしまうので、アプリやネットがメインであれば、新料金プランがおすすめです。

国内通話が定額カケホーダイ!ドコモ新料金プランを分かりやすく解説!
JOH_7790 / star5112 2014年6月1日からドコモではカケホーダイプランが提供開始となりました。 しかし、...

京セラ TORQUE(トルク)
楽天市場で最安値を確認

スポンサードリンク
京セラ「SIMフリー、Torque(トルク)」がドコモ回線で利用可能に!
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする