機種情報

らくらくスマートフォンが嫌なら「arrows Be4 Plus F-41B」を買えばいい。

arrows Be4 Plus F-41B

2021年5月28日発売予定の「arrows Be4 Plus F-41B」。今回の富士通(FCNT株式会社)は、2021年夏モデルの中でも本体価格(総額21,780円)が一番安いスマートフォンです。

富士通で人気のスマホと言えば、らくらくホン(F-01M)やらくらくスマートフォン(F-42A)ですが、シニアにオススメの機種として「arrows Be4 Plus F-41B」も検討するべき機種になりそうです。

ちなみに、2021年夏モデルでは、「arrows Be4 Plus F-41B」だけでなく「Xperia Ace II SO-41B」も2万円台です。その中でも、国産好きという理由から富士通を購入していく人を多く見かけます。「らくらくスマホは使いづらい」と悩んでいる人も、次の機種変更のためにチェックしておきましょう。

らくらくスマホ?それともarrows Be?

カラー ブラック、ホワイト、レッド
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約148×71×9.4mm
重量 約160g
CPU SDM460
RAM/ROM 4GB/64GB
ディスプレイ 約5.6インチ/有機EL
カメラ(アウト/イン) 約1310万画素/約800万画素
フルセグ/ワンセグ -/-

「arrows Be4 Plus F-41B」の特徴は、国産(富士通)、清潔(洗える)、頑丈(MIL規格)、使いやすい(シンプルモード)。そして、安いです。

主なターゲットは、スマホデビュー、らくらくスマートフォンユーザーの次なる機種として。また、すでにスマホを使っている人で、余計な機能を求めず、とにかく費用を安く抑えたいと考えている人。

ちなみに、前モデル「arrows Be4 F-41A」との違いは、主にメモリやCPUがアップグレードされています。

F-41B F-41A
CPU SDM460 SDM450
RAM/ROM 4GB/64GB 3GB/32GB

こんな感じです。

もし、これからスマホデビュー(FOMA→Xi)するなら前モデルでもいいでしょう。スペックは劣りますが、2021年6月18日以降なら「はじめてスマホ購入サポート」対象で13,000ポイントが貰えます。(ドコモオンラインショップ購入時)

あわせて読みたい
arrows Be4 F-41A
「arrows Be4 F-41A」はらくらくスマートフォンよりも安くて使いやすい。 先日、大量に貯まっているdポイントを使うために、2020年6月25日発売の「arrows Be4 F-41A」を購入しました。購...

本体代金が安いことが重要!

arrows Be4 Plus F-41B

「arrows Be4 Plus F-41B」をドコモオンラインショップでチェックすると、本体代金は21,780円です。MNPなら端末購入割引が適用になり一括5,280円で購入できます。

ちなみに、シニアに人気のらくらくスマートフォンの本体代金は41,976円です。すでにXi契約(4Gケータイ/4Gスマホ)になっている人は、割引も適用されないため、中々の出費です。

あわせて読みたい
Xperia Ace II SO-41B
【低価格】MNP一括5,500円!「Xperia Ace II SO-41B」は買いか? 2021年5月28日発売予定の「Xperia Ace II SO-41B」は、久しぶりのコンパクトスマホです。Xperia Ac...

【料金プラン】ギガプランでもahamoでも購入可能!

ahamo

「arrows Be4 Plus F-41B」は、通常のプラン(ギガホプレミア/ギガライト/はじめてスマホプラン)でもahamoでも使用することができます。ちなみに、すでにahamoに切り替えている人は、ドコモオンライショップから通常とおり購入できます。

新規や乗りかえに関しては、一度ドコモの通常プランで契約し、その後ahamoに切り替えましょう。

新規契約・のりかえ(MNP)で契約予定の場合

  1. 料金プランに「5Gギガライト」または「ギガライト2」を選択の上、商品を購入いただけますようお願いいたします。
  2. ①にて選択いただいた料金プランから、ahamoへプラン変更手続きをお願いいたします。
あわせて読みたい
ahamo
ahamo(アハモ)は問題が多い?それでも20GBで5分間通話無料で月額2,970円は安い! 2021年3月26日から、ドコモから「ahamo(アハモ)」が提供開始となります。「ahamo(アハモ)」は、月額2,970円で...

はじめてスマホプランの場合

  1. 基本料金:1,815円
  2. はじめてスマホ割:-550円×1年
  3. dカードお支払割:-187円
  4. ケータイ補償サービス:550円
  5. 合計:月額1,628円~

ギガライトの場合

  1. 基本料金(~1GB):3,465円
  2. みんなドコモ割:-1,100円
  3. dカードお支払割:-187円
  4. ケータイ補償サービス:550円
  5. 合計:月額2,728円~

ahamoの場合

  1. 基本料金(20GB):2,970円
  2. ケータイ補償サービス:550円
  3. 合計:月額3,520円

上記のプランを参考に自分に合った料金プランを選択しましょう。ケータイ補償サービスの加入については、故障や紛失、水濡れなどのときに役立ちます。本体価格が安いので、加入しなくても問題なさそうですね。

ちなみに、「dカード/dカード GOLD」はオススメです。

あわせて読みたい
dカードケータイ補償
ケータイ補償サービスは不要?dカードケータイ補償を活用してお得に機種変更する方法。 ドコモで契約している多くの人が「ケータイ補償サービス」を契約していますが、実はdカード GOLDにも同じように「dカードケータイ...

【操作】「シンプルモード」ならシニアも使える!

arrows Be4 Plus F-41B

「arrows Be4 Plus F-41B」は、ホーム画面を設定変更することでらくらくスマートフォンのように操作することができます。アイコンは固定され、文字サイズは大きく見やすい、短縮ダイヤルも設定できます。

これなら、らくらくスマートフォンを購入しなくても、シンプルモードで対応できます。ちなみに、「らくらくスマートフォンは設定がややこしく難しい。購入するなら普通にスマホにしてほしい。」と家族で相談している場面を良く見かけます。

そんな人に「arrows Be4 Plus F-41B」はピッタリですね。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,200円もしくは3,300円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。