機種情報

ドコモの特価商品「Galaxy A22 5G SC-56B」を買ってもいいのか?

Galaxy A22 5G SC-56B

2021年12月2日、ドコモから発売された「Galaxy A22 5G SC-56B」がやっぱり売れています。前モデル「Galaxy A21 SC-42A」も、子供やシニアが初めてのスマホとして購入した人も多いでしょう。

しかも、Galaxy A21やGalaxy A22は出張イベントでの特価商品として、乗りかえ(MNP)で一括1円、FOMAからの契約変更(スマホデビュー)で一括0円などで販売されています。

では、すでにスマホを使っている人は「Galaxy A22 5G SC-56B」を購入してもいいのでしょうか?ここでは、スペックや前モデルとの比較、また他社メーカーと比べてどうなのか、比較しながら解説していきます。

特価機種でも使えるスマートフォン!

「Galaxy A22 5G SC-56B」は、ドコモオンライショップで一括22,000円で販売されています。前モデル「Galaxy A21 SC-42A」も一括22,000円で販売されていましたが、スマホデビュー用、乗りかえ用、通話メインのライトユーザーに人気でした。

前モデルから比較すると、本体価格が同じでも中身はアップグレードしていますので、現在A20やA21を使っている人が機種変更していくことも増えそうです。

Galaxy A22 Galaxy A21
サイズ(mm) 150×71×8.9 150×71×8.4
ディスプレイ 約5.8インチ 約5.8インチ
内蔵メモリ(RAM/ROM) 4GB/64GB 3GB/64GB
防水/防塵 〇/〇 〇/〇
カメラ(アウト/イン) 1,300万/500万 1,300万/500万
5G/4G 対応/対応 -/対応

通話やLINE、ネット検索、YouTube程度の利用ならストレスなく使用できます。しかし、ゲームアプリがメインの人にはオススメしません。

乗り換えやスマホデビューなら一括1円で購入できる!

「Galaxy A22 5G SC-56B」の本体価格は22,000円ですが、乗りかえなら「5G WELCOME割」で16,500円割引となり、ドコモオンライショップでは一括5,500円で購入できます。

しかし、ドコモショップや出張イベントでは独自に割引されており、一括0円や一括1円で購入できることがあります。また、子供用の新規契約でも交渉しだいで値引きしてくれることがありますので、まずは近隣の店舗をチェックしてみるといいでしょう。

ただし、すでにスマートフォンを使っている人は値引きできる可能性が低いため、ドコモオンライショップで購入したほうがお得だと思われます。

店頭では、らくらくスマートフォンに飽きてしまった人が手軽に購入できる端末として機種変更している人を見かけます。

OCN モバイル・ahamoで使用する!

「Galaxy A22 5G SC-56B」を購入する人は、初めてのスマートフォン、子供用のスマートフォン、使い方が限定されているライトユーザーとなるでしょう。

そんな人にピッタリの料金プランは、ドコモのギガライト、はじめてスマホプラン、ahamo、そしてエコノミープランになります。ギガライトは、ahamo、エコノミープランと比べると割高ですが、家族をドコモでまとめることで料金を抑えることができます。

ギガライト(~1GB)

  • 基本料金:3,465円
  • みんなドコモ割:-1,100円
  • dカードお支払割:-187円
  • 合計:2,178円

はじめてスマホプラン(1GB)

  • 基本料金:1,980円
  • はじめてスマホISP割:-165円
  • dカードお支払割:-187円
  • はじめてスマホ割:-550円×12か月間
  • 合計:1,078円

ahamo(20GB)

  • 基本料金:2,970円

公式サイト:ahamo

エコノミープラン(OCN モバイル ONE)

  • 基本料金(~0.5GB):550円

公式サイト:OCN モバイル ONE

上記の中から、自分に合ったプランを選択するといいでしょう。ただし、ahamoやエコノミープランは店頭でのフルサポートが受けられないので、操作が不安な人はある程度使いこなせるようになってから変更することをオススメします。

ahamo
最高!月額2,970円のahamoは20GBで5分間通話無料でもデメリットが少ない! 2021年3月26日から、ドコモから「ahamo(アハモ)」が提供開始となります。「ahamo(アハモ)」は、月額2,970円で...
OCNモバイルONE
エコノミーMVNOの登場で何が変わる?ドコモショップで格安SIMの受付開始! 以前からドコモでは、「エコノミープラン」を提供していくという噂がありましたが、ついに新しいプランが提供開始となります。実際には、...

他社メーカーと比較しても見劣りしない!

「Galaxy A22 5G SC-56B」と同等に扱われている機種と言えば、「arrows We F-51B(21,450円)」、「Xperia Ace II SO-41B(22,000円)」になります。

最新モデルで5G対応端末になる「arrows We F-51B」。そして、4G対応端末になる「Xperia Ace II SO-41B」です。基本性能はほとんど変わらず、価格帯も同じなので選ぶ基準と言えばメーカーの好みということになりそうです。

しかし、「Xperia Ace II SO-41B」は5G非対応、そして発売日が2021年5月ということもあり、「どうせ買うなら新しいモデルがいい。」ということになるかもしれません。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンライショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。