契約・手続き

【2年定期契約】2年縛りは問題ない!解約金も免除で他社に乗り換えしやすくなる。

2年縛り

携帯業界では、「2年縛り(2年定期契約)」で問題になることがあります。

例えば、ドコモを解約するとき、他にもドコモから他社に乗り換え(MNP)するときに、更新月以外の手続きになると解約金が9,500円かかります。

それを知らずに手続きをしようとしたユーザーは、「解約金なんて聞いてない。月々の料金を払っているのに、何で1万円も請求されるんだ!」とクレームになることもあります。

もちろん、新規契約時には2年契約についての説明をしていますが、何年も経ってしまえばそんなことを覚えている人はいないでしょう。

しかし、ようやく2年定期契約(2年縛り)の問題も解消されそうです。

2年縛りがないのはメリットしかない

2定期契約(2年縛り)とは

特定の料金プラン(ひとりでも割50やファミ割MAX、カケホーダイなどの定期契約あり)に設定することで、月々の基本料金を大幅に安くすることができます。しかし、回線を解約したりや他社に乗り換える(MNP)と解約金(9,500円)が発生する定期契約のことを言います。

現在、ドコモでは更新月は、2年定期契約満了月の当月、翌月、翌々月の3か月間になっています。この期間内に解約やポートアウトの手続きをすれば解約金はかかりません。

ちなみに、スマートフォンやタブレットを分割購入している場合、端末代金はそのまま分割で支払っていくことができますが、「月々サポート」は廃止になりますので、実質負担が高くなることがあります。

また、更新月であっても端末購入時に「端末購入サポート」が適用されていると、購入日から1年を超えるまでは解除料(違約金)が別途発生しますので注意してください。

参考:端末購入サポート

新料金プランは解約金がかからない

ギガホ&ギガライト

現在、ドコモで提供されている料金プランは、4Gスマホの「ギガホ&ギガライト」。そして、5Gスマホの「ギガホ&ギガライト」です。そして、ドコモケータイ(ガラケー)は「ケータイプラン」、タブレットやルーターは「データプラス」となっています。この料金プランについては、解約金も金額変更になっています。

参考:「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった!

以前のスマートフォンやタブレット、ケータイの解約金は9,500円でしたが、新料金プランになることで1,000円に減額されています。しかも、タブレットやルーター用のデータプラスは解約金0円です。

料金プラン 解約金(2年定期契約)
4Gギガホ 1,000円
4Gギガライト 1,000円
ケータイプラン 1,000円
キッズケータイプラン
4Gデータプラス

上記の解約金1,000円に関しても、dカードもしくはdカード GOLDも持っている人で、毎月の携帯料金の支払いをdカード、dカード GOLDに設定していれば、1,000円→0円に減額になります。

dカードは年会費無料なので、作らない理由はないでしょう。この機会に作っておくことをオススメします。

5Gギガホ
5Gギガライト
5Gデータプラス

5Gに関しては、そもそも解約金がかかりません。仮に新規契約しても、数ヶ月で解約したとしても、特に費用負担はありません。

あわせて読みたい
dカード
知ってる人だけ得してる。ドコモユーザーならdカードを持たないと損をする! 今回はドコモのクレジットカード「dカード」についての記事となっています。 「クレジットカードはちょっと・・・」と、まだまだ...

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
ご契約期間満了および契約更新のご案内
【2年縛り】定期契約期間満了のご案内は解約金がかからない更新月のお知らせ。 本日は、読者さんからの質問にお答えしたいと思います。 「最近、ドコモから【ご契約期間満了および契約更新のご案内(ご契約期間...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。