故障・不具合

【3G】中古でスマートフォンを買ったのにインターネットが繋がらない時の対処法。

3G

今回は、中古(白ロム/SIMフリー)でスマートフォンを購入する際に、ありがちな事例を解説していきます。

「今までFOMA対応のスマートフォンを使っていましたが、型が古くなってきたので未使用のXi対応のスマホを中古で買い替えました。ですが、なぜかインターネットが接続できません。これってスマホが壊れているのでしょうか?」

このような相談を受けました。実は、3G(FOMA契約)→4G(Xi契約)にだけでなく、最近では4G→5Gの切り替えでも同様の相談を受けることがあります。

FOMA契約のままではXi携帯が使えない!

最近では、FOMA対応のスマートフォンはドコモショップでは置いていません。中古もしくはネットショッピングで購入することになります。

ちなみに、FOMA契約は3Gの電波を使用していますので、3Gに対応しているケータイやスマートフォン以外ではインターネットに接続できません。それを知らずに、FOMA契約の人が、対象の料金プランに変更しないまま、4Gや5G対応のスマートフォンを購入し、初期設定をしても全く通信ができなくて相談にくるというケースがあります。

同じスマートフォンであっても「3G」「4G」「5G」の3種類があります。

ちなみに、FOMA契約の人がXiや5G対応のスマートフォンにSIMカードを装着しても通信はできず、ただただ無駄な買い物となってしまいます。逆に、Xi契約のSIMカードをFOMA対応スマホに装着するのは全く問題ありません。(ただし、FOMA対応端末のため、Xiスマホのような高速通信はできません)

今回のような問題を解決するためには、FOMA契約の人がXi対応スマホを購入した場合、FOMA⇒Xiに契約変更する必要があります。

※別途事務手数料3,000円が掛かります。

契約内容と対応機種を確認してからスマホを購入する

現在、FOMA契約の人が4Gや5Gのスマートフォンを使うことはできません。必ず対象の料金プランに変更しなければなりません。

対象の料金プランは複数ありますので、自分の利用状況に合わせて変更すればいいでしょう。

4G/5G共通の料金プラン

基本的に、FOMA契約から変更できる料金プランは6種類です。ahamoやOCNモバイルONE、トーンモバイルはオンラインで管理することになります。また「はじめてスマホプラン」はFOMA契約からの変更が条件になるので、一度ギガライトを契約し、後日はじめてスマホプランを申し込むことはできません。

個人的には、まず「はじめてスマホプラン」を契約し、必要に応じて他のプランに変更するほうがいいでしょう。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンライショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

ギガホ&ギガライト
「ギガホ&ギガライト」で損する人と得する人の違いは何?安くする秘訣はドコモ光だった! 2019年6月以降、ドコモで新しい料金プラン「ギガホ&ギガライト」が提供開始となりました。新料金プランの提供に合わせて、さまざま...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。