機種情報

NECのAndroidタブレット「LAVIEシリーズ」は使えるのか?

LAVIE

前回、家電量販店で勧められたAndroidタブレット「Lenovo(レノボ)」について記事にしましたが、この機会に同等レベルのAndroidタブレットで比較されることの多い、NEC製の「LAVIE」シリーズについて解説していきます。

過去には、NECのスマートフォンやタブレット(MEDIAS)をドコモやSoftbank、auでも販売しており、大画面&薄型の端末として結構な台数が売れていました。(現在は撤退しています)

しかし、タブレットだけは家電量販店やオンライショップ等でも販売されています。「NEC」と言えば、パソコンというイメージが強いですが、実はAndroidタブレットも結構売れています。

ちなみに、「NEC(LAVIEシリーズ)」のタブレットを使っている人は基本的にWi-FiのみでSIMカードを装着することができません。そのため、自宅にWi-Fi環境を用意するか、スマートフォンやiPhoneで「テザリング」や「インターネット共有」の機能を使用して、タブレットのインターネット接続をすることになります。

今回は、対象者と用途に合わせてオススメの機種を紹介していきます。

NECの「LAVIE」とは?

NECと言えば、間違いなく「パソコン」というイメージが浮かびますが、実はAndroidタブレットも売れています。

LAVIEはAndroid タブレット2020年販売数量シェアNo.1

※2020年(1月~12月)全国有力家電量販店におけるAndroid タブレット(Wi-Fiモデル)の販売実績を自社集計

ちなみに、現在ではAndroidタブレットのほとんどがWi-Fiモデルとなっており、自宅にWi-Fi環境がある、もしくはモバイルWi-Fiルーターを持っている、スマートフォンでの「テザリング」やiPhoneによる「インターネット共有」でインターネット接続する必要があります。

「LAVIE(ラヴィ、過去名:LaVie)」は、日本電気 (NEC) のパーソナルコンピュータを含めた個人向け製品のブランド名。

2011年以降、レノボ傘下でNECの関連会社であるNECパーソナルコンピュータが企画・開発・製造を行っている。

参考:Wikipedia

「LAVIE Tab T12」はハイスペックモデル!

2022年3月17日発売予定の「LAVIE Tab T12」は、本体価格は96,580円~です(NEC Direct価格)。そして、別売りのアクセサリーはスタンドカバー付きキーボード、タッチペン等があります。

ちなみに「Lenovo Tab P12 Pro(115,966円)」とは同スペックですので、基本的にはメーカーのこだわり、同梱されている付属品、金額等で選べばでいいでしょう。

  • LAVIE Tab T12(96,580円):本体
  • Lenovo Tab P12 Pro(115,966円):本体+ペン+キーボード

タッチペンと専用のキーボードは別売りですので、それらをセットにすると合計金額もさほど変わりません。

サイズ 285.6×184.5×5.6mm
ディスプレイ 12.6インチ
質量 565g
CPU Snapdragon 870
RAM/ROM  8GB/256GB
ワンセグ/フルセグ -/-

 

スペックは「Lenovo Tab P12 Pro」と同等です。CPUは「Snapdragon 870」、RAMは8GB、ROMは256GBとハイスペックなWi-Fi専用タブレットです。

公式サイト:LAVIE・タブレット

T11はオンライン会議でも使いやすい!

T1195/BAS T1175/BAS
ディスプレイ 11.5型ワイド 有機EL 11型ワイドLED IPS液晶
プロセッサ Snapdragon 730G Snapdragon 662
メモリ 6GB 4GB
ストレージ 約128GB
サウンド JBL製Quadスピーカ Quadスピーカ
カメラ フロント:約800万画素+約800万画素 フロント:約800万画素
その他 防塵/生活防水(IP52)

個人的には「LAVIE」のタブレットでオススメなのが11型です。上位モデルの「T119(65,780円)」と下位モデルの「T1175(47,080円)」の2種類です。

11型をオススメする理由は、大画面というだけでなく、スペックも中々です。「LAVIE Tab T12」は本格的な使用に対して、T11はライトユーザー向け。今の時代、オンライン会議(WEB会議)も頻繫に行われていますが、ZoomやTeams、Skypeなどのアプリをストレスなく使うことができます。

もし、オンライン会議(WEB会議)だけの使用ならT1175でも十分ですが、同時にメール処理、資料閲覧をするならT119のほうが安心です。もちろん、ゲームアプリも問題ありません。外付けのキーボードも対応していますので、パソコン代わりとして使用する人もアリですね。

「Lenovo Tab P12 Pro」はハイスペックで高価。仕事で使用するなら手頃な価格で購入できる11型がオススメです。「T119」は上位モデルだけあって、CPUやメモリだけでなく、フロントカメラやスピーカーも優れています。

8型は初心者向け!

「8型」は、初めてのタブレットとして手軽に使ってみたいという人にオススメです。価格は2~3万円程度で購入できるので、スマートフォンを使ってみたい人が試しにAndroidタブレットから挑戦するのもいいでしょう。

また、「家族とテレビ電話がしたい!」というシニア世代にも人気です。

低スペックのため、ゲームアプリには不向き。ネット検索、YouTube、テレビ電話、電子書籍などのちょっとした使い方なら十分です。ぜひ、自分の用途に合ったタブレットを選びましょう。

公式サイト:LAVIE・タブレット

レノボ
コスパ最高!「Lenovo(レノボ)」のタブレットが売れている理由! 先日、ドコモショップで対応していたときに、家電量販店で「Lenovo(レノボ)」のタブレットはコスパが良くてオススメですよ!」と...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。