機種情報

コスパ最高!「Lenovo(レノボ)」のタブレットが売れている理由!

レノボ

先日、ドコモショップで対応していたときに、家電量販店で「Lenovo(レノボ)」のタブレットはコスパが良くてオススメですよ!」と案内されたけど、ドコモのタブレットと比べてどうなのかと相談を受けました。

ドコモショップの店員であれば、ドコモのdTabやiPadをオススメするべきでしょうが、ここでは実際に触ってみた感想を書いていきます。

結論から言うと「コスパ最高!」です。しかし、この程度なら文句なし・限定的な使用方法ならオススメ・本体価格による。個人的にはこの3つが判断基準になるのではと思います。これから、タブレットを購入しようと検討している人は、ぜひ「Lenovo」のAndroidタブレットも視野に入れておきましょう。

なぜ人気?「Lenovo」のAndroidタブレット!

「Lenovo(レノボ)」は、中国にある会社で主にパソコンの(ThinkPad)なんて有名ですね。

そして、Androidタブレットはいくつかのシリーズに分かれていますが、初心者が初めてのタブレットとして選ぶのは、「Tab P シリーズ」と「Tab M シリーズ」のどちらかでしょう。そして、その中でもWi-FiモデルとLTE搭載モデルの2種類があります。

  • Tab P シリーズ→性能を優先
  • Tab M シリーズ→価格を優先

そして、その中でもWi-FiモデルとLTE搭載モデルの2種類があります。

  • Wi-Fiモデル→Wi-Fi環境のみ通信が可能。
  • LTE搭載モデル→SIMカードを装着することでWi-Fi環境がなくても通信が可能。

例えば、自宅にWi-Fi環境があり、外に持ち出して使用することがない場合は、Wi-Fiモデルでも問題ありません。しかし、Wi-Fi環境がない人、外でインターネット検索する、YouTubeなどの動画を視聴する場合はLTE搭載モデルを選びましょう(別途SIMカードを装着する場合、通信契約が必要になります)。

スマートフォンやiPhoneを使っている人なら「テザリング」や「インターネット共有」の機能を使うことで、Wi-Fi環境がなくてもインターネット接続が可能です。

「Tab P シリーズ」はゲームアプリも楽しめる!

Tab P シリーズ

「Tab P シリーズ」の代表的なタブレットは、2022年1月25日発表の「Lenovo Tab P12 Pro(115,966円)」、そして2020年11月04日発表の「Lenovo Tab P11 Pro(59,860円)」となります。ちなみに、どちらもWi-Fiモデルのみとなっており、LTE搭載モデルはありません。※価格は公式サイトのクーポン適用時

P12 Pro P11 Pro
サイズ 285.6×184.5×5.6mm 264.28×171.4×5.8mm
ディスプレイ 12.6インチ 11.5インチ
質量 565g 485g
CPU Snapdragon 870 Snapdragon 730G
RAM/ROM 8GB/256GB 6GB/128GB
ワンセグ/フルセグ -/- -/-

スペックだけで言えば、圧倒的にP12 Proが上ですが、本体価格も約2倍となっております。しかし、P12 Proには、タッチペン、キーボード&カバーが同梱されていますので、パソコンのような使い方をしたい人には「P12 Pro」が良いでしょう。

選択基準は、ゲームアプリを使用するかどうか。そして、パソコンと同等の使い方をしたいかどうか。

例えば、動画を楽しむ、インターネット検索する、電子書籍を読むなどの負荷の少ないものであれば「Tab M シリーズ」でも問題ありません。しかし、子供用のタブレットで、知育アプリやゲームアプリを使わせるつもりであれば、「Lenovo Tab P11 Pro(59,860円)」で全く問題ないでしょう。

もし、仕事でノートパソコン等を使っている人なら「Lenovo Tab P12 Pro」がオススメです。ExcelやWord、資料作り、その場で作成する見積もりなど、ストレスフリーです。そして、出先でネット接続が必要になら、スマートフォンを使った「テザリング」やモバイルWi-Fiルーターを用意しましょう。

ストレスフリーで操作性は抜群!映像も綺麗で4つのスピーカーは音も迫力あります。映画やゲームアプリ、仕事でも使いたい人にはオススメです。

公式サイト:レノボ・タブレット

「Tab M シリーズ」は手軽に楽しめる!

Tab M シリーズ

「Tab M シリーズ」は初めてのタブレットとしては最適です。理由は何と言っても本体価格。直販モデルでは8インチのコンパクトサイズ「Lenovo Tab M8(24,077円)」、10インチの「Lenovo Tab M10 FHD Plus(35,257円)」となります。※価格は公式サイトのクーポン適用時

しかも、「Lenovo Tab M10 FHD Plus」はLTE搭載モデルもあり、SIMカードを装着することでWi-Fi環境がなくても通信が可能です。

M8 M10 FHD Plus
サイズ 198.2×122.6×8.15mm 244.2×153.3×8.15mm
ディスプレイ 8インチ 10.3インチ
質量 305g 460g
CPU Helio P22 Helio P22
RAM/ROM 4GB/64GB 4GB/64GB
ワンセグ/フルセグ -/- -/-

スペックはPシリーズに比べて劣りますが、インターネット検索、YouTube、電子書籍などの使い方なら特に問題ありません。しかし、ゲームアプリは期待できませんので、フリーズ、動作がもたつく、アプリが強制終了するなどの問題が発生するかもしれません。

もし、ゲームアプリを楽しみたいなら「Tab P シリーズ」にしておきましょう。

操作性はサクサクとは言えませんが、何と言っても本体価格の安さが魅力です。ちょっとしたネット検索や動画視聴なら全く問題ありません。

孫や両親にプレゼントに最適!

「Tab M シリーズ」は、初めてのタブレットとしてプレゼントしてもいいでしょう。自宅にWi-Fi環境があるなら、Wi-Fiモデルで十分です。しかも、2~3万円程度で購入できるので、仮に使いこなせなかった?としても、買って失敗だった?としても、負担が少なくて済みます。

ちなみに、我が家では家族で出かける時にタブレットを持っていきますが、私のスマートフォンで「テザリング」を使い、タブレットの通信を可能にして遊ばせています。

また、私の親はドコモのガラケーと格安タブレットを使っていますが、スマホでは画面が小さくて見づらいと言っていましたが、タブレットなら画面が大きくて見えると言っています。

ドコモのタブレットやiPadも確かにいいでしょう。しかし、2~3万円でそれなりに使用できる「Lenovo(レノボ)」のAndroidタブレットはオススメできる端末ですね。

公式サイト:レノボ・タブレット

LAVIE
NECのAndroidタブレット「LAVIEシリーズ」は使えるのか? 前回、家電量販店で勧められたAndroidタブレット「Lenovo(レノボ)」について記事にしましたが、この機会に同等レベルのA...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。