故障・不具合

Apple IDが作れない!「アカウントを作成できませんでした。原因不明のエラーが起きました」となってしまう時の対処法

Apple ID

3月は学生さんの受験・卒業シーズンです。

それに合わせて、子供用の携帯電話を購入している場面をよく見かけるようになりました。中でもiPhone購入者が増えているようですが、新たな問題も発生しています。

「せっかくiPhone・iPadを買ったのに、Apple IDが作れないんです。これは本体の故障でしょうか?」という質問が増えていますのでシェアしたいと思います。

Apple IDを設定しないとアプリが使えない

Apple ID

Apple ID とは?

Apple ID とは、App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTime などの Apple のサービスを利用する時に使うアカウントのことです。たった一つの Apple ID とパスワードで Apple のすべてのサービスにサインインできます。

「iPhone/iPad」を購入して、まず最初に行なうことは「Apple ID」の作成・登録になります。

簡単に言うと、この「Apple ID」を設定しないと、アプリがインストールできません。AndroidからiPhoneに機種変更して、一番気になるところで「LINEが引き継げるか?」というのがありますが、LINEをインストールするために「Apple ID」の登録が必要です。

Androidなら「Googleアカウント」、iPhoneなら「Apple ID」ということですね。ちなみに、どちらも「メールアドレス」のことを指しています。

Apple IDが作れない原因は何か?

Apple ID

iPhoneを買ったら「Apple ID」は、最初に設定しなければなりませんが、現在、この「Apple ID」が作れない事象が発生しています。

今回の事象では、作成画面に従って入力を進めていくことはできますが、「アカウントを作成できませんでした。原因不明のエラーが起きました」とエラーメッセージが表示され、登録完了できません。

原因不明とありますが、今回の事象についてAppleに問い合わせたところ、やはり原因は分かっていませんとの回答でした。

個人的には、iPhone購入者が時期的に重なり、サーバーが混線しているのでは?・・・と思っています。

時間を空けることで作成できる

「アカウントを作成できませんでした。原因不明のエラーが起きました」というエラーメッセージが表示され、Apple IDが作成できていない事象の場合、時間を空けることで作成できているケースがあります。

今回はサーバー側に問題があるだけで、iPhoneの故障ではありません。そこで、「Apple ID」が作成できたケースをまとめておきます。

  1. Wi-Fiで接続してる場合、Wi-Fiを切り、LTEに切り替えて作成を試みる。
  2. LTEで接続してる場合、Wi-Fiに切り替えて作成を試みる。
  3. 電源を切り(再起動)、一度SIMカードを抜き差ししてから、再度作成を試みる。
  4. 時間を空けてから作成を試みる。

上記のような方法で作成できたという報告があります。たったこれだけで「Apple ID」が作成できてる状況ですので、おそらく一時的にAppleにアクセスが集中し、作成できていないだけだと思われます。

せっかく購入したiPhoneですし、すぐにでも使ってみたいところでイライラしている人も多いいと思いますが、気長にお待ちください。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。