ドコモ・サービス

キッズ割が受付終了。新料金プラン「キッズケータイプラン(月額500円)」が提供開始!

キッズケータイ

ドコモのiモード出荷終了が決まり、さらにドコモの12歳以下のお子さん向けのサービス、「キッズ割」が2016年11月30日で新規受付が終了になりました。

今まで、毎月1,000円以下で契約できていたキッズケータもなくなってしまうのか。スマートフォンしか持たせられないのか。そんなふうに不安に思っているドコモユーザーは多いようです。

しかし、新しいキッズケータイ用のサービスも始まっています。2020年以降のキッズケータイについては、「【キッズケータイSH-03M】子供だけじゃない!60歳以上の両親に持たせる理由。」をチェックしておきましょう。

【提供終了】「キッズ割」が新規受付が終了になる

キッズケータイ

FOMAケータイの料金プラン、バリュープランには月額743円で契約できるタイプシンプルバリュー(通話料金30秒/20円)という料金プランがあります。

キッズ割とは、3歳から12歳のお子さんが、新規契約でキッズケータイを購入すると最大1年間タイプシンプルバリューの基本料金(743円)が無料になるというサービスでした。

そのため、旅行に行くときにはぐれた時のために、塾や習い事の連絡手段として、気軽に持たせることができる人気の割引サービスでした。

【提供終了】腕時計タイプ「ドコッチ」が便利!

キッズケータイ

ドコモでは「ドコッチ」という時計型のGPS機能付き端末があります。

料金プランは、タブレットやフォトパネルと同じ、家族のパケットパックと一緒に申し込むことで契約できる「デバイスプラス(基本料金500円)」と「ドコッチサービス(280円)」の合計780円で契約することができます。

お子さんが離れると知らせたりするアラート機能やどこにいるか探せる機能も付いています。しかも、腕時計型をしているので、お子さんが失くしにくい端末でした。

不便な点は、毎月の料金はキッズケータイとほとんど変わりませんが、通話ができないので、お子さんから連絡を取りたいときには、簡単な定型文メールのみしか利用することができず、あとは居場所が分かるというだけの端末とサービスでした。

2019年3月31日、「ドコッチサービス」が提供終了しています。

【提供開始】キッズケータイプラン(Xi)が始まる!

キッズケータイプラン

キッズケータイ専用の新料金プラン「キッズケータイプラン」は、月額500円で利用できます。

「キッズ割」とは異なり、1年間の期間限定の割引サービスではなく、13歳以降も月額500円で利用できます。キッズケータイの契約者は親でも問題ありませんが、利用者情報の登録は12歳以下に限ります。契約時は、お子さんの健康保険証や住民票等を持参してください。

通話料金は、家族間通話無料でそれ以外の通話料金は30秒/20円で通話できます。しかも、2年定期契約はないので、いつ解約しても解約金が掛かりません。

「キッズケータイプラン(Xi)」は、「ファミリー割引」とセットの契約になります。そのため、最低でも1回線はドコモで契約がないと、キッズケータイは持てないということですね。

参考:キッズケータイプラン(Xi)

子供用のキッズケータイはなくならない

キッズケータイ SH-03M

「キッズ割」は提供終了となりますが、新しい機種「キッズケータイ SH-03M(2020年1月17日発売)」も販売されており、今後もドコモから「キッズケータイ」がなくなることはありません。

子供に持たせるだけでなく、親に持たせる家庭も増えており、キッズケータイは連絡手段だけでなく、防犯対策にもなります。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
手続き
新規契約でスマホを持たせたい!家族全員が安くなるお得な料金プランと売れてるスマホ3選 新生活の準備期間になる2月~4月は、ドコモでスマートフォンデビューを検討している人が、「どんな機種を購入すればいいんだろう?」と...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。