故障・不具合

【故障】スマホのリアケースが浮いてきた!隙間があいている理由は電池パックの膨張!

リアケースの浮き

最近のスマートフォンやiPhoneは、電池パックが内蔵されています。もちろん、リアケース(リアカバー)は、しっかり接着されていますので、電池パックを交換するには預かり修理になります。以前のように、リアケース(リアカバー)を取り外して、電池パックを交換することもできません。

スマホにケースを付けている人は、なかなか気付くことはありませんが、何かのきっかけでスマホケースを取ってみると、スマホのリアケース(リアカバー/背面パネル)が浮いていることがあります。

リアケース(リアカバー/背面パネル)が浮いていると、その隙間から中身が見えることもあります。今回は「背面パネルに隙間がある」、「リアケース(リアカバー/背面パネル)が浮いている」などの事象に関する情報をシェアします。

【故障】スマホのリアケースが浮いてくる

リアケースの浮き

ちなみに「リアケースの浮き」と同時に、多くの人が「電池の減りの早さ」も感じているようです。

「電池の消耗が早いのでドコモショップで調べてもらったら、リアケース(リアカバー)の間に隙間ができていた。」、「電池の消耗が早く、試しにスマホケースを外したら背面パネルに大きな隙間があいていた。」と、そんな声が少なからずあります。

リアケースの浮きは、電池パックの劣化による膨らみ(膨張)が主な原因です。

フィーチャーホン時代、いわゆるガラケーには「電池パックが膨れた。」という症状が多くありました。携帯電話の軽量化に伴い、電池パックの厚みも減らした結果、劣化した電池が膨張してしまう現象です。

リチウム電池は、内部でイオン分子が動くことで放電と充電を行なっています。この動きを繰り返し行うと電池パック内部に不純物が蓄積され、働きが弱くなり充電、放電に支障をきたします。

電池パックの劣化は「使用時間の短さ」にもつながります。

さらに、この蓄積された不純物が薄くなった電池パックの外壁が抑えきれず膨らんでしまうため、「電池パックが膨らむ(膨張する)」という事象が発生します。

ガラケーでは、電池パックを定期的に交換できますが、電池パック内蔵のスマートフォンやiPhoneでは簡単に交換とはいきません。そのため、電池パックが内部で膨張し、リアケースを押し上げてしまうことでリアケースが浮いてきます。

充電状態での使用は電池パックの劣化を早める

リアケースの浮き

「リアケースの浮き」、「電池パックの膨張」は、充電しながらの使用や長時間充電器に挿したままにするなど、電池パックに負担をかけるような使い方をしていることで発生しやすくなります。

ゲームアプリなどの電池消費の多いアプリを頻繁に利用しているため、充電しながら使用したり、過剰な継ぎ足し充電を行ってしまうと、2年も経たないうちに「電池持ちがすごく悪い」、「スマホが膨らんでいる」という状態になります。

購入後、短期間で電池の減りの早さが気になるときは、スマホの電源再起動、キャッシュ消去、本体・アプリの更新をすることで改善します。

診断アプリ 診断アプリ2

ドコモ:スマホ診断

また、ドコモアプリの「スマホ診断」を使用すれば、電池残量の履歴を残すことができるので、異常に電池を消耗しているアプリや、使っていないのに立ち上がっていたアプリなど、アプリの不調で症状が起きているのかどうかの判断にも役に立ちます。

「充電していたのに充電されていなかった」という不具合も確認もできるため、充電の減りが早いのか、それとも充電していなかったのかという症状の判断にもつながります。

【修理】電池交換&外装の預かり修理は10日間程度

ケースが浮いてしまった場合、電池パックだけでなく外装修理も必要です。

内蔵電池交換は「ケータイ補償サービス」に加入している場合、ケース修理と合わせてもAndroidスマートフォンなら3,000円。iPhoneは5,000円です。しかし、ドコモでは10日前後の「預かり修理」に出さなくてはいけません。

「預かり修理は、端末を初期化しないといけないので面倒くさい。」という理由で故障したまま使っている人もいますが、修理の時は故障箇所を全て直してくれるので、壊れたスマホも新品同様になって戻ってきます。

また、ケータイ補償サービスに加入しているなら「交換電話機(リフレッシュ品)」を利用してもいいでしょう。その場合、1~2日で自宅や店舗に配送してくれます。費用は5,000円/7,500円/11,000円と機種によって違います。

関連記事:携帯が壊れたら「ケータイ補償サービス」と「預かり修理」のどちらを選ぶべきか?

しかし、ケースが浮いてくる症状は、購入後2年以上経った機種に多いので、思い切って新しい機種に買い替えたほうが使いやすくなり、修理や交換よりも良い結果を得られることが多いです。

スマートフォンやiPhoneを使っていて「最近、リアケースが浮いてきたような気がする」という人は早めに相談するのが賢い選択です。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~10,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
dカード GOLD
ケータイ補償サービスは不要?dカードケータイ補償を活用してお得に機種変更する方法。 ドコモのiPhoneは、ケータイ補償サービスが使えます。ほとんどの方は、ケータイ補償サービス(あんしんパック)を契約していますが...