故障・不具合

【AQUOS PHONE EX SH-02F】相手の声が聞こえない、通話音量が小さいときの対処法

AQUOS PHONE EX SH-02F

過去にも、AQUOS PHONE ZETA SH-01Fで「相手の声が聞こえない」、または「通話音量が小さい」という不具合報告がありましたが、2014年1月24日発売のAQUOS PHONE EX SH-02Fでも同様の事象が発生しています。

ちなみに、この記事を執筆していた時期であれば、端末の状態によっては「無償修理」が可能でしたが、現在は修理受付終了となっています。

そのため、今後ドコモでの対応を希望する場合、ケータイ補償サービスによる有償でのリフレッシュ品への交換、もしくは機種変更となります。リフレッシュ品への交換では、同機種の在庫はないと予想できますので、指定された機種とのこ交換になります。

それではあれば、この機会に自分の好きな機種に買い替えることをオススメします。

受話音量を上げても大きくならない

AQUOS PHONE EX SH-02F

今回の不具合(故障)に関しては、「相手の声が小さい」というもので、自分の声はきちんと相手に聞こえています。

これはレシーバ部分(耳を当てる部分)の部品不良となり、他の機種でも、まれにこういった症状が出ています。一般的には異物(チリやゴミ等も含む)が入り込んでしまい、音(声)の出る部分が詰まっている状態です。

預かり修理での対応になる

通常であれば、「預かり修理」での対応になり、修理期間は10日間ほどです。部品不良の場合、修理代金は破損や水濡れがなければ無償修理が可能です。ですが、落下痕やヒビなどがある場合は、有償修理となりますのでご注意ください。

※レシーバ部に関係ない箇所であっても有償扱いとなります

さらに、修理代金に関する内容はケータイ補償サービスの有無によっても変わりますので、以前の記事もご確認ください。

他にも、AQUOS PHONE EX SH-02Fでは、上記の不具合以外にもdヒッツで音楽を再生していると、突然エラーメッセージが表示され、正常に再生できないことがありました。こちらの事象に関しては、ソフトウェア更新をすることで改善がありますので、ぜひご確認ください。

更新方法

ホーム画面から「メニューボタン」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ソフトウェア更新」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、即時更新が可能。

【修理受付終了】ケータイ補償サービスか機種変更

「AQUOS PHONE EX SH-02F」は、すでにドコモでの修理受付終了となっています。

そのため、預かり修理での対応ができません。もし、ケータイ補償サービスに加入している場合は、有償でのリフレッシュ品への交換か、自分の好きな機種に買い替えるしか方法はありません。

個人的には、リフレッシュ品への交換だと機種を選ぶことはできず、指定されてしまいますので、この機会に機種変更がオススメです。今では、お得な機種が多く揃っていますので、負担も少なく買い替えできそうです。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
ケータイ補償サービス
携帯が壊れたら「ケータイ補償サービス」と「預かり修理」のどちらを選ぶべきか? スマートフォンやタブレットを使っていると、画面が割れてしまったり、充電ができなくなったり、電源が入らなくなってしまうことがありま...