ドコモ・サービス

被害者続出!不正利用で話題の「ドコモ口座」って何?登録から利用までの流れを理解する。

ドコモ口座

ドコモ口座が不正利用され、約2,000万円もの被害が出たとニュースでやっていました。しかも、被害者の中にはドコモ口座を登録も利用もしていない人もいるようです。ドコモ口座の登録も利用もしていない人が被害に合うってどういうことでしょう。

今後のためにも「ドコモ口座が何なのか?」「どういう仕組みでどんな使い方をするものなのか?」を解説します。ちなみに、私個人では「ドコモ口座」を使ったことがありませんし、登録もしていません。

これを読んでいる多くの人もドコモ口座の仕組みを理解していないでしょう。でも、被害に合ってしまう可能性があります。ぜひ、この機会に勉強しておきしょう。

ドコモ口座=ネット上に存在する自分だけの口座

ドコモ口座

ドコモ口座は、ドコモユーザーだけでなく誰でも登録&利用ができるバーチャル口座です。インターネット上で管理する口座なので、〇〇銀行のような通帳やキャッシュカードはありません。

「口座」と「口座(プリペイド)」の違いは以下のとおりです。

お客様のご契約状態や本人確認の実施状況に応じて、ご利用できる口座種別が異なります。「口座(プリペイド)」では、d払い加盟店でのお支払いや送金してもらったお金の受取ができます。「口座」では、「口座(プリペイド)」の機能に加え、送金、払い出しなど、口座のお金を出金することができます。

参考:よくある質問

ドコモ口座(プリペイド)の開設方法

  1. dアカウントを作成
  2. ドコモ口座を新規登録

たったコレだけで、自分専用のドコモ口座が作れます。しかも、他社ユーザーでも「dアカウント」を作っておけば登録することができます。しかし、これは「口座(プリペイド)」で一部のサービスしか利用できません。

あわせて読みたい
dアカウント
【d払い】いつもより請求が高くなった時は「dアカウント」の不正利用を疑ってみる。 ドコモを装った迷惑メール(フィッシング詐欺)が増えています。 主な手口は、ドコモを装ったドコモメールやSMSが届き、そのメ...

今回被害に合っているのは、第三者が上記の方法で作成したドコモ口座と銀行口座と連携することで「口座」なり、全てのサービスが利用できるようになります。

ドコモ口座:対応金融機関

「口座」と「口座(プリペイド)」で利用できるサービスの違い

ドコモ口座

「口座(プリペイド)」は、あらかじめドコモ口座にチャージした金額分(d払い残高=ドコモ口座残高)だけ使用できます。基本的には、d払い加盟店でのお支払いや送金してもらったお金の受取、インターネット上の決済方法のひとつとして使うことができます。

チャージ方法は、コンビニや銀行口座から可能です。

ドコモ口座:チャージ(入金)する

悪用方法は、ドコモ口座と口座振替登録

今回の事件は、あらかじめ銀行口座の名義人情報(名義人の生年月日、口座番号、暗証番号)を入手した第三者がその情報をもとに、不正に作成したdアカウントでなりすまし「ドコモ口座」を開設。

そして、銀行口座からドコモ口座へ送金。そして、d払い/ドコモ払いで商品購入や送金などの流れで出金しているようです。

ここで、恐ろしいのはドコモ口座は「dアカウント」があれば誰でも作成でき、なりすまして口座開設することができるという点です。しかも、口座情報などを不正に入手することができれば、勝手に送金することもできてしまう点です。

また、銀行口座からドコモ口座へ送金されても特にお知らせ通知はありませんので、通帳の残高をチェックするしか方法がありません。

みなさんも気をつけましょう。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

あわせて読みたい
dカード
知ってる人だけ得してる。ドコモユーザーならdカードを持たないと損をする! 今回はドコモのクレジットカード「dカード」についての記事となっています。 「クレジットカードはちょっと・・・」と、まだまだ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。