ドコモ・サービス

【新規契約】買うならコレ!iPhone SEを購入するとdポイント2万円分が貰える。

iPhone SE

ドコモでは、2020年12月以降iPhone SE(第2世代)の新規契約限定のキャンペーンが始まります。

もともと、このiPhone SE(第2世代)を新規契約すると、dポイント10,000円分が還元されていましたが、何と2倍の20,000円分還元になります。これからの時期に新規契約する人は「学生」がメイン。

しかも、12月からはドコモの学割2021「ドコモのロング学割」も適用開始となります。iPhone SEは低価格で購入しやすく、さらにdポイント還元も多い、そして月々の費用はドコモのロング学割でお得になる。

店員目線で言えば、学生のスマホデビューに最適な機種であることは間違いないです。売り切れになる前に、ぜひ購入をしておきましょう。

22歳以下がiPhone SEを新規契約したらどうなる?

iPhoneSE2

現在、ドコモで販売されているiPhone SEの価格からチェックしていきましょう。学生が初めて持つiPhoneなら本体容量は64GBでも十分でしょう。しかし、128GBとの差額は5,000円程度なので、長く使わせることを考えると128GBもオススメです。

  • iPhone SE(64GB):57,024円
  • iPhone SE(128GB):62,568円
  • iPhone SE(256GB):75,240円

ちなみに、最新のiPhoneは「12」、しかも5G対応で高速通信が可能です。ちなみに、iPhone 12の中でも一番安いのは「iPhone 12 mini」になりますが、価格は同じ64GBでも30,000円も高いですね。

  • iPhone 12 mini(64GB):87,912円
  • iPhone 12 mini(128GB):95,832円
  • iPhone 12 mini(256GB):110,088円

子供のスマホデビューで、一番重要視されているのはやはり「費用」。最近の傾向としては本体の購入方法は分割36回が多いため、月々の維持費を抑えるためには安い機種を選ぶことも大切です。

あわせて読みたい
iPhoneSE2
【他社比較】安くて高性能な「iPhone SE(第2世代)」は誰が買うのか? ついにiPhone SEの後継機(第2世代)が発売になります。 ドコモでは、2020年4月20日予約開始、発売日はコロナウ...
あわせて読みたい
iPhone12pro
【レビュー】自腹でiPhone 11からiPhone 12 proに機種変更してみた。 先日、ようやく私の手元に5G対応のiPhone 12 Proが届きました。ドコモでは2020年10月16日に予約開始となり、私の...

22歳以下ならドコモのロング学割がお得!

ドコモのロング学割

2020年12月から適用になる「ドコモのロング学割」は維持費を安くするためには外せません。しかも、半年や1年間だけでの割引ではなく、利用者が23歳になるまでずっと続きます。

仮に中学1年生からスマホデビューさせた場合、何と10年間も割引が続きます(10年以内に基本料金は今よりも下がっていると思いますが)。

ギガライト(ドコモのロング学割適用時)

  • 基本料金:2,980円~
  • みんなドコモ割(3人):-1,000円
  • ロング学割(増量):-500円×6ヶ月間
  • ロング学割(通常):-500円×23歳まで
  • 合計:月額980円×6ヶ月間

ちなみに、7ヶ月目以降23歳になるまでは、月額1,480円でスマホが使えます。

一般的にWi-Fiが使える環境がある家庭なら、月間データ利用量は3GB未満です。もし、ファミリー割引グループ内でドコモ光を契約しているなら3GB未満で+500円、ドコモ光セット割が適用されなくても+1,000円です。

あわせて読みたい
ドコモのロング学割
【学割2021】ドコモのロング学割は23歳になるまで最大1,000円割引が続く。 今年の学割(ドコモの学割2021)は、今までにないくらいお得になっています。割引内容も適用期間も充実しています。しかも、新規契約...

【有料オプション】ケータイ補償サービスは必要か?

iPhoneが壊れたとき、紛失してしまったとき、水濡れ・全損で使用できなくなってしまったとき、こんな予期せぬ事故にあったときの費用負担は大きいです。

しかし、「ケータイ補償サービス」に加入している場合、故障修理時は修理代金が5,000円、紛失や修理不可な場合でも1回7,500円でリフレッシュ品に交換してもらえます。iPhone SEのケータイ補償サービスは月額500円ですので、子供が使うスマホなら加入しておいたほうがいいでしょう。

あわせて読みたい
ケータイ補償サービス
携帯が壊れたら「ケータイ補償サービス」と「預かり修理」のどちらを選ぶべきか? スマートフォンやタブレットを使っていると、画面が割れてしまったり、充電ができなくなったり、電源が入らなくなってしまうことがありま...
あわせて読みたい
ケータイ補償サービス
【故障】iPhoneの画面が割れた!ケータイ補償サービスで交換するまでの手続方法。 先日、私の「iPhone」の画面が割れました。購入からわずか3週間での出来事なのでショックです。 iPhoneは画面が割れ...

もし、お得な補償サービスを探しているなら、「dカード GOLD」を忘れてはいけませんね。dカード GOLDには、ケータイ補償サービスと同じような補償が付帯されていますので、こちらもチェックしておきましょう。

あわせて読みたい
dカードケータイ補償
ケータイ補償サービスは不要?dカードケータイ補償を活用してお得に機種変更する方法。 ドコモで契約している多くの人が「ケータイ補償サービス」を契約していますが、実はdカード GOLDにも同じように「dカードケータイ...

【まとめ】月々の費用はいくらになるのか?

ギガライト(ドコモのロング学割適用時)

  • 基本料金:2,980円~
  • みんなドコモ割(3人):-1,000円
  • ロング学割(増量):-500円×6ヶ月間
  • ロング学割(通常):-500円×23歳まで
  • ケータイ補償サービス:500円
  • 本体代金(税込):1,584円×36回
  • 合計:3,212円×6ヶ月間

ちなみに、7ヶ月目以降23歳になるまでは、月額3,762円でスマホが使えます。仮に3GB未満であっても月々の費用は5,000円以内に抑えることができます。これなら、わざわざ格安スマホにする必要もなさそうですね。

しかも、2020年12月以降ならdポイントが20,000円分還元されますので、還元された後に親のスマホを機種変更してもいいですね。

知って得する!

オンラインショップで購入すると、頭金(相場5,000円~15,000円)がかからないため、店頭よりも安く購入することができます。さらにドコモは事務手数料(2,000円もしくは3,000円)もかかりません。

公式:ドコモオンラインショップ

公式:auオンラインショップ

公式:ソフトバンクオンラインショップ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。