「やっぱりスマホからガラケーに戻したい!」そんなときに注意すること

http://www.flickr.com/photos/97831130@N00/3536804299

photo by horizontal.integration

「スマホが使いこなせないので、昔から使っているガラケーにやっぱり戻したい。」、「電話とメールしか使わないのでスマホを持つ意味がない。」という方が増えています。

しかし、スマホからガラケーに戻すときは、いろいろと注意することがありますので、みなさんの参考になればと思います。

2015年8月追記・・・

2015年7月より、月々サポートが改正となり適用条件が変更されています。

スマホ(Xi契約)⇒ガラケー(FOMA契約)に戻すことで、6ヶ月間は端末購入しても月々サポート割は適用されませんので注意してください。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

月々サポートの適用されない??前回の購入から6ヶ月間は機種変更できないかも。
タイトルなし / Nicolas Alejandro Street Photography 2015年7月1日より、「月々サポート...
スポンサードリンク

 スマホからガラケーに戻すときに注意すること・・・

http://www.flickr.com/photos/16210667@N02/15068397456

photo by CJS*64

【注意点】

  1. 現在、適用されている月々サポート割が廃止になる。
  2. 契約を変更する際、事務手数料が掛かる。
  3. ドコモメールが利用できなくなる。

1.現在、適用されている月々サポート割が廃止になる

最近の携帯は、高額な機種代金の負担を減らすために、「月々サポート割」が適用されています。

通常、機種代金を「3,000円×2年間払い」で契約したとしても、月々サポート割が「ー2,500円×2年間」などとなっており、実質負担額500円として表記されているのがほとんどです。

しかし、この契約が残っている状態で、ガラケー(FOMA契約)に戻すと、この月々サポート割が廃止となり、「3,000円×残りの支払回数」となりますので、月々の負担が大きくなってしまうことがあります。

2015年7月より、Xi→FOMAへ契約変更した場合、その後6ヶ月以内に新しく端末を購入しても、その購入端末に月々サポート割は適用されません。

2.契約を変更する際、事務手数料が掛かる

スマホ(Xi契約)→ガラケー(FOMA契約)に戻すには、事務手数料が3,000円掛かります。

また、Xi→FOMAに契約変更する際に、機種変更も一緒に手続きすると、さらに事務手数料が2,000円掛かり、合計で5,000円の事務手数料が発生します。

Xi契約のまま機種変更することも可能ですが、それでは「月々サポート割」が適用となりませんので、実質負担金が大きくなってしまいます。

※契約変更から6ヶ月以内の端末購入には月々サポート適用不可

3.ドコモメールが利用できなくなる

最近のスマホは、「SPモードメール」から「ドコモメール」にシステム変更されていますが、メールをサーバー上で管理することで、パソコンやタブレットなど、どの端末からでも自分のメールを送受信することができます。

しかし、ガラケーに機種変更することによって、ドコモメールの利用が出来なくなり、サーバー上で管理されている送受信メールが全て削除されてしまうので、必要なメールはSDカードなどに保存しておくなどの必要があります。

ガラホ(ガラケー型スマートフォン)の場合では、「SPモード+ドコモメール」対応機種となっていますので、スマホから機種変更してもドコモメールは削除されずクラウド上で復元されます。

 ガラケーでもカケホーダイの契約は可能です・・・

f:id:mobileandme:20141205081606j:plain

ガラケーでも新料金プランは適用可能です。

  • スマホ:2,700円+パケットパック+SPモード
  • ガラケー:2,200円+パケットパック+ⅰモード

通話とSMSだけの利用なら、パケットパックを契約しなくても問題ありませんが、機種変更時の月々サポート割の適用条件にパケットパックの契約が必須となっていますので、利用状況に応じて契約をするとお得に維持することができます。

昔の使っていない機種を利用するのもあり・・・

http://www.flickr.com/photos/63313714@N00/4828740096

photo by believekevin

今回は「ガラケーに戻すためにどうすればいいか?」 という内容になっていますので、簡単で負担の掛からない方法として、やはり白ロムを使うのもアリです。

使っていない機種や中古で買った機種を持ち込んで、プラン変更をするだけです。もちろんカケホーダイの利用できますし、事務手数料3,000円を支払うことで、FOMAのバリュープランでも契約可能です。

※ただし、以前のFOMA契約がバリュープランだった方に限ります。

以上が注意点となりますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
「やっぱりスマホからガラケーに戻したい!」そんなときに注意すること
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする