携帯はやっぱりdocomo!
ドコモの手続き、料金プラン、機種情報など分かりやすく公開しています!
機種情報

docomo らくらくスマートフォン me F-03K:レビュー

らくらくスマートフォン me F-03K

2018年2月28日発売。

シニア向けのスマートフォンと言えば、らくらくスマートフォンシリーズになりますが、「docomo with」対象機種の「らくらくスマートフォン me F-03K」が発売されています。

以前はガラケーからの機種変更であれば、「はじめてスマホ割」や60歳以上が対象の「シニアはじめてスマホ割」がありましたが、現在ではそれらの割引も新規受付終了となっています。しかし、「docomo with」対象機種であれば、はじめてスマホ割よりもお得で、しかもスマホをすでに使っているユーザーでも割引になります。

スマホデビューの人も現在らくらくスマートフォンを使っている人も、ぜひ機種変更することをお勧めします。

スポンサードリンク

月々1,500円がずっと割引「docomo with」対象のらくらくスマートフォン・・・

Black Pink Gold Blue

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):約137×67×9.9mm
  • ディスプレイ:4.5インチ
  • 質量:138g
  • カメラ(アウト/イン):1310万画素/500万画素
  • メモリ(ROM/RAM):16GB/2GB
  • CPU:Qualcomm MSM8953 2.0GHz (オクタコア)
  • 連続待受時間(3G/LTE):640時間/560時間
  • VoLTE:対応
  • PREMIUM 4GTM:非対応
  • ワンセグ/フルセグ:対応/非対応
  • 充電器:ACアダプタ 05
  • 防水/防塵:対応/対応
  • ハイレゾ:対応
  • 赤外線:非対応
  • おサイフケータイ:対応

カラーは、ブラック、ゴールド、ピンク、ブルーの4色となります。

前モデルの「らくらくスマートフォン4 F-04J」と比較をしてみると、機能面の変更はほとんどありません。赤外線通信機能や防犯ブザースイッチはがなくなった程度です。目立った変更点と言えば、タッチパネルを強く押し込むことで反応する操作方法「らくらくタッチ」が廃止になっています。

この「らくらくタッチ」が使えなくなることで、普通のスマホ操作のように、画面に触れるだけでスマホが反応しますので、ガラケーからの機種変更では、感覚が慣れるまでは押し間違いがあるかもしれません。

あわせて読みたい
らくらくスマートフォン4 F-04J
らくらくスマートフォン4 F-04J:レビュー 2017年2月10日発売。 久しぶりに、らくスマシリーズが発売になりましたのでレビューです。今回の「らくらくスマートフォン...

衝撃にも強い、頑丈なスマートフォン・・・

富士通と言えば、壊れにくいスマートフォンです。

前モデル「F-04J」と同様の米国国防総省が定めたMIL規格の14項目に準拠。また、独自の耐衝撃落下試験にもクリアしており、耐久性は問題なしです。

ちなみに、らくスマユーザーはもともと頻繁に機種変更するタイプではないので、壊れにくい頑丈な作りはありがたいですね。

長く使うからこそ「docomo with」を選ぶべき・・・

docomo with

「はじめてスマホ割」や「シニアはじめてスマホ割」が終わってしまいましたので、基本料金が割引になるキャンペーンは「ドコモの学割」と「docomo with」くらいです。

「ドコモの学割」は、新規(MNP)、契約変更(FOMA→Xi)だけですので、すでにスマホを持っている人は対象外です。しかも、割引期間は1年間だけですので、すごくお得とは言えません。

しかし、「docomo with」は次回の機種変更までずっと続きますので、長く使う人は「docomo with」を選ぶべきですね。今回の「らくらくスマートフォン me F-03K」は前モデルの「らくらくスマートフォン4 F-04J」と基本性能は同じでも維持費が安いのは「らくらくスマートフォン me F-03K」になります。

あわせて読みたい
MONO MO-01K
毎月の料金が0円になる「docomo with」の裏技が使えなくなるので新規契約で買ってきた。 月々の維持費を安く抑えたい人なら「docomo with」シリーズを購入するのが一番です。 スペックはそこそこですが、端末...
あわせて読みたい
docomo with
毎月1,500円がずっと割引になる「docomo with」って何なの? docomoは2017年5月24日の新商品発表会で、新サービス「docomo with」を公開しました。 格安スマホに対抗...

「Google Play」対応でアプリも自由にダウンロードできる・・・

らくらくスマートフォン me F-03K

らくらくスマートフォン3(F-06F)、らくらくスマートフォン2(F-08E)は、らくらくスマートフォン(F-12D)は、「Google Play」が非対応のため、自由にアプリをダウンロードできません。

※LINEのみ対応しています。

F-04Jと同様、F-03Kは好きなアプリをインストールできますので、普通のスマホと同じです。初めは「LINEだけ使えればいい」と言っていたユーザーも使い慣れてくると、いろいろアプリを試してみたいと思うシニアも多いようです。

らくらくタッチが使えなくても打ち間違いは少ない・・・

らくらくスマートフォン me F-03K

F-03Kは、「らくらくタッチ」が使えません。

「らくらくタッチ」とは、指で軽く触れた瞬間に触った部分の色や枠が変化し、さらにしっかりと押し込んだ(プレス)ときに振動が指先に伝わるようになっています。

スマホは、画面に触れるだけで反応しますので、慣れないうちはまともに文字入力もできません。しかし、上記のように押した行の文字がすべてポップアップ表示されるので「お」や「こ」などの母音に“お”がつく文字も、ボタンを2回押すだけで文字入力が可能です。

これなら初めてのスマホでも安心して使うことができますね。

割引・分割が終わったなら迷わず機種変更するほうがいい・・・

Numbers And Finance
Numbers And Finance / kenteegardin

現在、らくらくスマートフォンを使っている人なら、迷わず「らくらくスマートフォン me F-03K」に機種変更したほうがいいです。

すでに、端末の分割代金やはじめてスマホ割が終わっている人は、今使っているらくスマを使っているメリットはあまりありません。それなら、実質0円でF-03Kに機種変更し、分割が終わったあとは、基本料金から1500円をずっと割引にしていたほうがお得です。

維持費を安くしたいなら「らくらくスマートフォン me F-03K」がオススメです。

ドコモ:らくらくスマートフォン me F-03K

富士通:製品情報

ABOUT ME
ドコモ愛好家
元ショップ店員。現在はケータイに関する仕事をしています。