iPhone 8とX。買うならどっち?「iPhone X」の製品情報まとめ

シェアする

iPhone X

2017年11月3日発売のiPhone Xをレビューします。

iPhone XはiPhoneシリーズ10周年記念のプレミアムモデルとして発表されました。初の全画面ディスプレイモデルで、Face IDなど今までのiPhoneにはない新機能が搭載されています。

価格もまさにプレミアムで64GBで112,800円、256GBで129,800円です。iPhone 8とXで迷っている人は多いようですが、どちらかというと「iPhone X」のほうが人気です。みなさんもじっくりと比較してみてくださいね。

iPhone Xのスペック概要

iPhone X

iPhone XのCPUは6コアのA11 Bionicを搭載し、iPhone 7に比べて効率コアは70%高速化し高処理コアも25%処理速度が上がっています。また6コア同時に使用可能になっているのでトータル処理速度はもっと上がっていると感じるでしょう。

筐体サイズは70.9mm x 143.6mm x 7.7mmでiPhone 8よりも若干大きいサイズです。全画面のおかげで画面領域はiPhone 8 Plusの5.5インチを上回る5.8インチを実現したので、画面は大きい方がいいけどiPhone 8 Plusは本体が大きすぎると感じるている人にはピッタリです。

全画面になったためにホームボタンがなくなったかわりにすべて指1本のジェスチャで対応できるようになりました。ホームボタンを押し込む音や振動すら気になる静かな場所でも全く気にせず使えるようになります。

iPhone XとiPhone 8、iPhone 7の比較

iPhone X

ここでiPhone XとiPhone 8、前モデルiPhone 7の主要スペックを比較します。

iPhone X iPhone 8 i Phone 7
本体サイズ 70.9 x 143.6 x 7.7(mm) 67.3 x 138.4 x 7.3(mm) 67.1 x 138.3 x 7.1(mm)
重量 174g 148g 138g
画面サイズ 5.8インチ
2436 x 1125ピクセル
コントラスト比 1000000:1
True Toneディスプレイ
4.7インチ
1334 x 750ピクセル
コントラスト比 1400:1
True Toneディスプレイ
4.7インチ
1334 x 750ピクセル
コントラスト比 1400:1
カラー シルバー
スペースグレイ
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ブラック
OS iOS11 iOS11 iOS10
CPU A11 Bionic A11 Bionic A10 Fusion
ストレージ 64GB、256GB 64GB、256GB 32GB、128GB、256GB
バッテリー 待受最大12日間
ワイヤレス充電対応
待受最大10日間
ワイヤレス充電対応
待受最大10日間
カメラ 近距離用アウトカメラ1200万画素
遠距離用アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
ポートレートライティング
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
生体認証 Face ID(顔認証) Touch ID(指紋認証) Touch ID(指紋認証)
防水・防塵 IP67等級 IP67等級 IP67等級

筐体サイズは、iPhone 8や/ 7よりもiPhone Xが一回り大きくなっていますが、8 Plus / 7 Plusよりも小さいです。しかし、画面サイズや解像度は、iPhone 8 Plus / 7 Plusより大きいのが特徴です。またカメラもiPhone 8 Plus / 7 Plus同様にデュアルレンズを採用しています。

iPhone Xの特徴

iPhone X

iPhone Xは今までのiPhoneにはなかった多くの特徴があります。

  1. 前面すべてが画面になった
  2. Face IDでロック解除やApple Payが使える
  3. ジェスチャでアプリ切り替え・終了
  4. ワイヤレス充電対応
  5. カメラの処理エンジンがさらに賢くなった

1.前面すべてが画面になった

iPhone Xでは前面すべてが画面になりました。
映画や写真もより大きく見れ、1000000:1の高コントラストやTrue Toneディスプレイも相まって、明るい屋外でも寝る前などの暗い室内でも目の疲れが少ないのも嬉しい機能です。

少しでも大きい画面を小さなサイズで実現したiPhone Xは今までのiPhone 7 Plusサイズでは大きすぎた人には最高の選択肢になるでしょう。

2.Face IDでロック解除やApple Payが使える

前面すべてがスクリーンになったので生体認証が指紋認証から顔認証に変わりました。

この顔認証Face IDが非常に優秀です。

  • 顔を3万ポイント以上でマッピングするから整形しない限り認証できる
  • 赤外線カメラで読み取るから暗所でも顔認証できる
  • 表情を認識してiPhoneを凝視しているときだけ認証される

顔認証では画面上部のセンサーが顔を3万ポイント以上に分けて計測するので、化粧やメガネ、ヒゲを生やすなど大きく見た目を変えても正確に認証してくれます。

また、顔認証には赤外線カメラが使われるので、暗くて写真が取れない環境でも問題なく動作し、夜でもしっかり使えます。さらにiPhoneを見ている時しか認証しないことで、寝ている間に勝手に開かれる心配もありません。

新しい機能ですが、かなり作り込まれているので安心して使えますね。

3.ジェスチャでアプリ切り替え・終了

iPhone Xではホームボタンが無くなったので、代わりにジェスチャーでアプリの切り替えや終了を行います。

  • 画面の一番下から上にスワイプでホームに戻る
  • 画面の一番下からスワイプ中に指を止めるとマルチタスキング画面を開く
  • 画面を上から下にスワイプするとコントロールセンターを開く

今までホームボタンを連打していた操作も指をなぞるだけでできるようになったので、よりスマートに使うことができます。

4.ワイヤレス充電対応

iPhone 8 / 8 Plusと共通ですが、iPhone Xもワイヤレス充電に対応しました。

Qi(チー)規格のワイヤレス充電器でワイヤレス充電可能で、Apple純正のAirPowerマットならAppleWatchやAirPodsなど同時に3つの端末を充電できます。

Lightningケーブルを何本も使って配線が見苦しい状態や、充電口を破損するトラブルが避けられるので何台もApple製品を使っているユーザーには非常に嬉しい機能ですよね。

5.カメラの処理エンジンがさらに賢くなった

iPhone Xのカメラ機能はスペック表ではiPhone 7と変わらないように見えますが、内部の画像処理がより賢くなっています。

  • 被写体深度の差がより自然に作られる
  • オートフォーカスや撮影前の明るさや動きの感知が早くなった
  • Face IDの技術で顔を正確に判別してフィルターを適用できる

今までと同じように使ってより自然できれいな写真がとれるようになったので、今までのカメラに不満を感じていた人もiPhone Xだけで事足りるようになるかもしれません。

iPhone XとiPhone 8/8 Plusどちらを選ぶべきか?

iPhone X

今回、同時に発表されたiPhone XとiPhone 8/8 Plusはどちらを選ぶべきでしょうか?

CPUやストレージなど基本的な性能に大きな差はありません。一番の違いはiPhone 8サイズの本体でiPhone 8 Plus以上の画面サイズになっていることです。

  • iPhone 8 Plusでは大きすぎるけどiPhone 8では画面が小さいと感じる
  • 初登場のFace IDを活用したい
  • 写真が好きでデュアルレンズがいいけどiPhone 8 Plusは大きすぎる
  • 一番話題性のあるプレミアムiPhoneが使いたい

こういった気持ちの方はiPhone Xを選べば今までと違った使用感できっと満足できるでしょう。逆に、こうした目的がないのであればiPhone 8で十二分に満足できます。価格もiPhone 8の倍近くかかるのであなたの使い方と希望に合わせて選びましょう。

ドコモ:iPhone X

iPhone 8とX。買うならどっち?「iPhone X」の製品情報まとめ
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする