iPhone 8とX。買うならどっち?「iPhone 8/8 Plus」の製品情報まとめ

シェアする

iPhone 8

2017年9月22日発売のiPhone 8とiPhone 8 Plusをレビューします。

前モデルiPhone 7から一年、いつもの流れならiPhone 7sが出るかと思いきやナンバリングを変えてきましたね。iPhoneシリーズ10周年モデルiPhone Xに合わせたのでしょう。

ネット上では、iPhone 8とiPhone Xのどっちを購入するかで迷っている人達のコメントを多く見かけますが、そんな人に向けての記事となっています。

A11の圧倒的な処理能力でストレスフリー・・・

iPhone 8/8Plus

iPhone 8 / iPhone 8 Plusのスペック概要

iPhone 8 / iPhone 8 Plus共にCPUはA11 Bionicを搭載しています。

A11は6コアのCPUで処理能力の高い2コアと電池効率の高い4コア構成をもつCPUで、iPhone7のA10 Fusionより効率コアは最大70%、高処理コアは25%高速化されています。
さらにA10とは違い6コアを同時使用できることから、アプリによっては上記より大きな差を感じる可能性もあります。

メモリは4GB、ストレージは64GBと256GBの2種類で32GBが選択肢から無くなりました。またディスプレイサイズはiPhone 8は4.7インチ、iPhone 8 Plusは5.5インチと今までの大きさを継承しています。

主要スペックの比較

ここでiPhone 8とiPhone7、iPhone 8 PlusとiPhone 7 Plusの主要スペックを一覧比較します。

iPhone 8 i Phone 7
本体サイズ 67.3 x 138.4 x 7.3(mm) 67.1 x 138.3 x 7.1(mm)
重量 148g 138g
画面サイズ 4.7インチ
1334 x 750ピクセル
True Toneディスプレイ
4.7インチ
1334 x 750ピクセル
カラー ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ブラック
OS iOS11 iOS10
CPU A11 Bionic A10 Fusion
ストレージ 64GB、256GB 32GB、128GB、256GB
バッテリー 待受最大10日間
ワイヤレス充電対応
待受最大10日間
カメラ アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
アウトカメラ1200万画素
インカメラ700万画素
防水・防塵 IP67等級 IP67等級

iPhone 8 Plus i Phone 7 Plus
本体サイズ 78.1 x 158.4 x 7.5(mm) 77.9 x 158.2 x 7.3(mm)
重量 202g 188g
画面サイズ 5.5インチ
1980 x 1080ピクセル
True Toneディスプレイ
5.5インチ
1980 x 1080ピクセル
カラー ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ローズゴールド
ゴールド
シルバー
スペースグレイ
ブラック
OS iOS11 iOS10
CPU A11 Bionic A10 Fusion
ストレージ 64GB、256GB 32GB、128GB、256GB
バッテリー 待受最大16日間
ワイヤレス充電対応
待受最大16日間
カメラ 近距離用アウトカメラ1200万画素
遠距離用アウトカメラ
インカメラ700万画素
ポートレートフラッシュ
近距離用アウトカメラ1200万画素
遠距離用アウトカメラ
インカメラ700万画素
防水・防塵 IP67等級 IP67等級

若干大きくなって重くなっていますが、違いを体感することはない範囲でしょう。
また、CPUの強化やワイヤレス充電などの強化以外は主要スペックに大幅な強化は見受けられませんね。

iPhone 8の特徴・新機能

iPhone 8

iPhone 8 / iPhon 8 Plusから搭載される注目の新機能や特徴は次の3つです。

  1. 背面がガラスになった
  2. ワイヤレス充電対応
  3. iPhone初のTrue Toneディスプレイ搭載

1.背面がガラスになった

iPhone 8 / iPhone 8 Plusは一見iPhone 7と外見が変わらないように感じますが、裏面がiPhone 4sの頃のように強化ガラスになりました。2017年9月現在、スマホに採用されたガラスの中で耐久力が一番高いガラスを採用しています。

ガラス背面になることで抗酸化コーティングの金属背面より摩擦が強くなるので落としにくくなるので、ケース無しで運用したい人にはとても嬉しい変更点ですよね。

2.ワイヤレス充電対応

背面がガラス素材になったことで、初めてワイヤレス充電に対応しました。

今までのiPhoneでケーブルが断線したり充電口を破損したりトラブルに遭った経験がある人はワイヤレス充電を使えば今後は安心して使えます。特に中高生の子どもに持たせる場合は充電周りの破損トラブルは多いので重宝するでしょう。

また、Apple純正のAirPowerを使えばiPhoneとApple Watch、AirPodsなどワイヤレス充電対応機器を3台同時に充電できます。Appleのモバイル製品を複数活用している方も、充電ケーブルがごちゃごちゃしてしまっていたのを解消できますね。

3.iPhoneで初のTrue Toneディスプレイ搭載

iPad Pro 9.7インチから搭載されたTrue ToneディスプレイがiPhoneにも初めて搭載されます。

True Toneとは周囲の光の強さや色に合わせて画面のホワイトバランスを調節する機能のことで、眩しい屋外や寝る前の暗い室内など状況に合わせて白の発色を調整し見やすさや目の疲労を軽減してくれます。

iOS11で使い方が更に進化・・・

iOS 11

iPhone 8 / iPhone 8 PlusはデフォルトでiOS11が搭載されています。iOS11ではiPhoneが更に便利になる新機能が搭載されました。

  • コントロールセンターがカスタマイズ可能に
  • 車の運転を感知して通知OFFにできる
  • キーボードを左右に寄せて入力しやすくなる
  • ファイルアプリが追加されてiCloud DriveやDropboxに保存されたファイルをまとめて探せる
  • カメラにQRコードリーダーを標準搭載

iOS10からの主な変更点は上記ですが、細かな機能改善やSiriがより使いやすくなり、今までより短い時間で同じことができるような改善がされています。

iOS11はiPhone 5s以降なら無料アップデートができるので、iPhone 8を買う前に使用感を試してみるといいでしょう。

iPhone 8 / iPhone 8 Plusはどんな人におすすめか?

iPhone 8

今回のiPhone 8 / 8 Plusは初めて搭載されたワイヤレス充電やTrue Toneが特徴です。

  • 充電ケーブルをすっきりさせたい
  • アップル製品をたくさん使っている
  • 目が疲れやすい

上記のような人や、新機能に魅力を感じる人はiPhone 8 / 8 Plusを選ぶべきです。逆に新機能を使う見込みが全くない場合はiPhone 7 シリーズの32GBと128GBが13,000円程値下げされて販売継続されるのでそちらを選ぶほうがお得でしょう。

ドコモ:iPhone 8

iPhone 8を購入したら、「機種変更応援プログラムプラス」に加入するべき?
iPhone 8/8 Plusが発売され、順調に販売数を伸ばしているようですが、読者さんから「機種変更応援プログラムプラスに加入する...
iPhone 8とX。買うならどっち?「iPhone 8/8 Plus」の製品情報まとめ
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする