docomo arrows Be F-05J:レビュー

シェアする

arrows Be F-05J

2017年夏モデルで注目の新サービス「docomo with」に対応した、初モデル富士通の「arrows Be F-05J」のレビューです。

最近のスマートフォンは高額で月々の維持費も高くなっているのが現状ですが、この機種に関してはスマホ代を少しでも安くしたい方が、かなり購入しているようなので、狙っている方は早めに購入した方がよさそうですよ。

そこそこのスペックで安く長く使いたい人にオススメ・・・

F05J_Red F05J_Black F05J_White

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):144×72×7.8mm
  • ディスプレイ:5.0インチ
  • 質量:141g
  • カメラ(アウト/イン):1310万画素/500万画素
  • メモリ(ROM/RAM):16GB/2GB
  • CPU:MSM8916 1.2GHz(クアッドコア)
  • 連続待受時間(3G/LTE):780時間/640時間
  • VoLTE:対応
  • PREMIUM 4GTM:非対応
  • ワンセグ/フルセグ:対応/非対応
  • 急速充電2:対応
  • 防水/防塵:対応/対応
  • ハイレゾ:非対応
  • 赤外線:非対応
  • おサイフケータイ:対応

CPUはクアルコム Snapdragon410、メモリが2GB、ストレージ16GBと、かなりのライトユーザーを意識した構成です。

microSDが256GBまで対応しているので、写真や動画が多い方はSDも併せて用意したほうがいいでしょう。もちろん防水機能(IPX5/IPX8)、防塵機能(IP6X)に対応。お風呂に持ち込む方も安心して使えます。

外見上、充電口が露出していますが、キャップレス防水対応なので濡れても大丈夫です。でも、濡れたまま充電すると危険なのできをつけてください。

価格を安くおさえるために、スペックも低めです。ゲームをたくさんプレイする方には不向きな機種なので気を付けてください。ちなみに、スペックは、F-03Hとほとんど同じですが、「docomo with」対応しているので、維持費は圧倒的に「arrows Be F-05J」のほうが安くなります。

docomo arrows SV F-03H:レビュー
2016年7月6日発売。 廉価版スマホの富士通「arrows Fit F-01H」の後継機として発売された「arrows SV...

日本製が欲しいあなたへ・・・

arrows Be F-05J

毎度のことですが、富士通はメイドインジャパンにこだわっています。

部品は海外メーカーの物が含まれますが、設計から耐久試験まで、富士通が国内ですべて行っています。日本で人気のおサイフケータイや、ワンセグ、防水・防塵と、欲しい機能はしっかり押さえてくれてうれしいですよね!

落下に強い富士通独自の堅牢性・・・

arrows Be F-05J

arrowsシリーズお馴染みの、高い堅牢性はF-05Jにも引き継がれています。

  • 画面にGorilla Glass3を採用
  • フレーム4隅の丸みで落下の衝撃を分散
  • フレームのフチを0.3mm立て、画面が直接あたらない工夫

現場仕事の方や、よく落としてしまう方でも安心して利用できますね。

もちろん、MIL規格の14項目をクリアしています。それだけではなく、富士通独自の耐久試験も行っています。MIL規格では、1.22mの高さから、木材へ落下実験を行います。一方富士通では、1.5mの高さからコンクリートへ落下試験を行っています。

上記試験にクリアした製品なので、アスファルトに落としても、割れずに生還する可能性がかなり高いです。

広角カメラで広々撮れる・・・

arrows Be F-05J

アウトカメラは1310万画素、インカメラは500万画素の広角レンズカメラを採用しています。

広角レンズだと、何気なく撮った写真でも、見切れることがほとんどありません。特に自撮りをする方は、かなり満足できると思います。

また、F値が2.0と明るめにしてあるので、薄暗いところでも意外とキレイに撮れます。フラッシュが必要な場面でも、暖色系LEDの効果で、冷たい印象の写真にならずに撮れるのでオススメです。

電池持ちが良い・・・

arrows Be F-05J

電池容量は、2580mAhと、最近のスマホでは標準の電池容量です。

しかし、動画やゲームなど、消費量の多いアプリを使わないのであれば、約105時間も電池持ちします。 省エネ設計はうれしいですよね。外で突然の電池切れに困ることは、そうそうなくなるでしょう。

注目の新サービス「docomo with」に対応・・・

arrows Be F-05J

docomo withは、格安スマホに対抗したドコモの新サービスです。

docomo withの概要

docomo withは、月額料金が毎月1,500円割引されます。今までの月々サポートと違い、2年を超えてもずっと割引が続きます。ただし、月々サポートや、端末購入サポートといった、本体代金の割引は一切ありません。

docomo withの適用条件

F-05Jを購入すれば、新規契約も機種変更もすべて対象です。

プランはカタログに載っているスマホ用プランを契約すれば問題ありません。もちろん、先日、提供開始となった最安通話プラン「シンプルプラン(980円)」でも適用可能になります。

端末代金がない場合の最安維持費は、月額280円となります。これなら格安SIM並みの維持費が可能になりますね。

  • 基本プラン(シンプルプラン):980円
  • シェアオプション(子回線):500円
  • SPモード:300円
  • docomo with:-1,500円
  • 合計:280円

docomo withの終了条件

  1. 対象外の機種へ機種変更
  2. 対象プラン以外へプラン変更

「docomo with」が適用されなくなる条件は上記の2つです。

裏を返せば、今後の機種変更はSIMフリースマホや中古で購入した端末など、ドコモの手続き(機種変更)を通さずに行えば永久に割引が適用されるということですね。

毎月1,500円がずっと割引になる「docomo with」って何なの?
docomoは2017年5月24日の新商品発表会で、新サービス「docomo with」を公開しました。 格安スマホに対抗した...

arrows Be F-05Jはライトユーザーにピッタリ・・・

arrows Be F-05J

docomo withの登場で、F-05Jを契約した方は、月額料金がかなり節約できます。「そこまで使わないのに、スマホ代が高い」 「格安スマホの方が安いのだろうけど、ショップが無いと万が一の時不安」と感じていた方。

ぜひ、arrows Be F-05Jをお手に取ってみてください。 決して高機能ではありません。しかし、電池持ちもよく、頑丈な作りで長く使えること請け合いですよ。

富士通:arrows Be F-05J

ドコモ:arrows Be F-05J

docomo arrows Be F-05J:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする