docomo Xperia XZs SO-03J:レビュー

シェアする

Xperia XZs SO-03J

ドコモの2017年夏モデルの中では一番最初に発売したソニーの「Xperia XZs SO-03J」ですが、今回は他にも「Xperia XZ Premium SO-04J」が発売となります。

そこで、まずは2017年5月26日発売のXperiaXZs SO-03Jをレビューです。

今回は前モデルSO-01Jのスペックアップ版としての登場ですが、マイナーチェンジで変更箇所もそれほど多くありませんが、売れる機種なのは間違いなさそうです。今回は、オススメポイントなどをまとめておきたいと思います。

Xperia XZsの特徴はカメラ機能・・・

SO03J_IceBlueSO03J_WarmSilverSO03J_CitrusSO03J_Black

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):約146×72×8.1mm
  • ディスプレイ:5.2インチ
  • 質量:161g
  • カメラ(アウト/イン):1920万画素/1320万画素
  • メモリ(ROM/RAM):32GB/4GB
  • CPU:Qualcomm MSM8996 2.2GHz+1.6GHz(クアッドコア)
  • 連続待受時間(3G/LTE):650時間/590時間
  • VoLTE:対応
  • PREMIUM 4GTM:対応
  • ワンセグ/フルセグ:対応/対応
  • 充電器:ACアダプタ 06
  • 防水/防塵:対応/対応
  • ハイレゾ:対応
  • 赤外線:非対応
  • おサイフケータイ:対応

カラーはアイスブルー、ウォームシルバー、シトラス、ブラックの4色。筐体の形が変わらないため、一部ではマイナーチェンジと捉える方もいます。

CPUはクアルコムのSnapdragon820、メモリは4GBを搭載しています。SO-01JとCPUはまったく変わりありませんが、メモリが増えてより快適に使えるようになりました。

しかし、メモリの増強とカメラ性能の向上と、前モデルの“もう一歩”だったところをしっかり押さえたバージョンアップを施してくれました。

Xperiaの醍醐味!カメラ機能が大幅強化・・・

Xperia XZs SO-03J

SONYはカメラのメーカーでもあるので、Xperiaシリーズでも毎回カメラにこだわっています。

今回はスペック表では1,920万画素。SO-01Jとの比較では、画素数は少なくなってしまっています。しかし、写真の品質を決めるのは画素数だけではありません。

SO-03Jでは世界初の「Motion Eye」という新たな技術を使用して、人間では分からないほどの繊細な動きもしっかり撮影してくれます。

また、カメラのレンズサイズは変えずに画素数を落としたので、イメージセンサーが大きくなりました。これによって、スマホが苦手な夜景など暗い場所での撮影がよりキレイになります。

さらに、人気のレーザーAFセンサーもあるので、暗い場所でもピントがすぐに合います。夜、レストランや部屋の中で写真を撮るとノイズが入ったり、目で見た色と違ったりと、「なんか微妙だなぁ…」となりますよね。

今までのカメラで満足できなかった方は、Xperia XZsのカメラを是非試してみてください!

お店とかだと明るくされていますが、展示台の下の薄暗いところを撮影してみると、今までよりキレイだということが体験できると思います。

先読み撮影でベストショットが撮り放題!

Xperia XZs SO-03J

一般的に、カメラはシャッターを押したときを写真にしますよね。

でも、「ここだ!」って思ってシャッターを押したのに、写真を確認すると「ああ…!ちょと遅かった!!」ってことありませんか?

Xperia XZsのカメラには新機能「先読み撮影」があるので、シャッターを押す前からこっそり記録してくれています。

シャッターを押すと、押す前と押した瞬間からいい写真4枚を選べるので、「ギリギリ間に合わなかった」という事故が防げます。せっかく思い出に残る写真、少しでも素敵な瞬間を残したいですよね。

普段から動くものを撮る方にはピッタリの機能ですよ。

スーパースローモーションで超スゴイ映像が撮れる!

Xperia XZs SO-03J

Xperia XZsの新機能「スーパースローモーション」もすごい!普通の動画撮影中に、スローボタンを押すと30fpsから960fpsに切り替えができます。

誕生日ケーキのロウソクを吹き消す瞬間や、ゴールを決める瞬間など、普通に撮影している何気ないものが映画のようなワンシーンに早変わり!

普段動画を撮る方はもの凄く楽しめる機能ですよ。

意外と知られていない!Xperiaの充電機能が優秀・・・

Xperia XZs SO-03J

SONYはいつも節電機能を入れてきますが、Xperia XZsには「いたわり充電」という充電機能があります。実は前モデルSO-01Jから搭載されているので、新機能ではありませんが、知らない方が多いので紹介します。

普通に使っている方は、充電するのは家に帰った後や、寝ている間ですよね。今までの機種だと、充電が100%になっても充電器を挿したままです。それが負担になり、電池の劣化を早めているのです。

2年くらい使うと電池持ちが悪くなるのは、これが原因のことが多いですね。

Xperia XZsのいたわり充電は、いつも充電器が挿されるタイミング、習慣を観察してくれます。いつも夜11時に寝て、朝6時に起きる人なら、朝6時にピッタリ100%になるよう調節しているのです。電池持ちが理由で機種変更する方は結構多いので、これはかなり魅力的な機能だと思いませんか?

今使っているスマホが「電池持ち悪くなってきた…機種変更しようかな」と感じている方は、ぜひXperia XZsも候補に入れてください。

Xperia XZsはヘビーユーザーにもライトユーザーにもオススメ!

Xperia XZs SO-03J

今回のXperiaはメモリとカメラが大幅強化されました。その結果、2年前後で買い換えているヘビーユーザーの方でも、ずっと同じ機種を使うライトユーザーの方でも大満足できる1台です。

ヘビーユーザーの方は多くのアプリやゲームなど、同時にたくさんのアプリを使ってもサクサク動きます。また、ライトユーザーの方は長期間使っても、電池持ちも快適さも維持できる機種です。

夏モデルに機種変更する方にはとてもオススメの1台ですよ。

ドコモ:Xperia XZs SO-03J

ソニー:Xperia XZs SO-03J

docomo Xperia XZs SO-03J:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする