docomo Xperia X Compact SO-02J:レビュー

SO-02J

2016年11月2日発売。

2016年冬春モデルから、今回は「Xperia X Compact SO-02J」をご紹介していきます。コンパクトサイズで高性能、そして女子ウケ間違いなしのカラーバリエーションで前回の「SO-02H」よりも売れる要素満載です。

最近では、コンパクトサイズのスマホとタブレット(iPad)の2台持ちも増えていますので、持ち運びを重視する人にはオススメの機種となっています。

スポンサードリンク

コンパクトサイズでもハイスペック。しかも可愛いデザイン・・・

softpink white universeblack mistblue

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):129×65×9.5mm
  • ディスプレイ:4.6インチ
  • 質量:135g
  • カメラ(アウト/イン):2300万画素/510万画素
  • メモリ(ROM/RAM):32GB/3GB
  • CPU:1.8GHz(デュアルコア)+1.4GHz(クアッドコア)
  • 連続待受時間(3G/LTE):600時間/540時間
  • VoLTE:対応
  • PREMIUM 4GTM:対応
  • ワンセグ/フルセグ:対応/対応
  • 充電器:ACアダプタ 06
  • 防水/防塵:対応/対応
  • ハイレゾ:対応
  • 赤外線:非対応
  • おサイフケータイ:対応

カラーは、Soft Pink、White、Universe Black、Mist Blueの4色となっています。

サイズは前モデル「SO-02H」と比較してみてもほとんど変わりませんが、ループ形状になっているため持ちやすくなった印象があります。

また、同日発売予定の「SO-01J」との違いだと、インカメラ、CPU、通信速度、待受時間が劣っています。しかし、操作性は体感的に差を感じることはほとんどありませんので、特にストレスを感じることはなさそうです。

docomo Xperia XZ SO-01J:レビュー
2016年11月2日発売。 ドコモの2016年冬春モデルのXperiaシリーズからは2機種発売される予定となっておりますが、ま...

パステルカラーなのにスタイリッシュ・・・

デザイン

XperiaXと同じく一体感のある色合いになっています。

それに加えて「Xperia X Compact SO-02J」はパステルカラーのしっとりとした質感で指紋が付きくいのが特徴的です。

また、コンパクトサイズでディスプレイは4.6インチ型なので、手の小さい女性でも片手で操作しやすく、男性の場合は女性よりもズボンのポケットに入れることが多く、持ち運びを重視している人にはピッタリです。

また、指紋センサーは機能性を重視し、引き続き電源ボタン部分になっています。電源ボタンは凸しておらずフラットなのでケースを装着するときも邪魔になりません。

エクスペリアシリーズは、二種類のサイズをほぼ毎シーズンだしていますが、特にコンパクトシリーズは大きすぎず小さすぎず、それでいて高機能高性能。通常モデルがそのまま小さくなっているため、同じサイズでこれだけの機能を持っている機種はありません。

しかし、4.6インチシリーズのデメリットは、5インチモデルに比べるとやや性能が劣っているため、最新でハイスペックを追及するとなるとコンパクトサイズは対象外になります。しかし、その分、価格が安くなっていますので比較的購入しやすいです。

早い、きれい、簡単の三拍子カメラ・・・

カメラ機能
メインカメラは、XperiaXと同じ2300万画素。口角24mmの高性能レンズには高感度イメージセンサー、画像処理エンジン、ソニーのデジタルカメラサイバーショットで培ったソニーのカメラ技術が注ぎ込まれています。

スマホカメラとは思えないほどの拡大が可能になり、五倍ズームしてもはっきりくっきりとした写真を撮影できるようになっています。また、ピント合わせも自由にできるため、プロのカメラマンが撮影したように、一番取りたいものを際立たせ背景をぼかして撮影することが可能です。

小さいデザインのため、すぐに出して素早く撮影ができます。一眼レフ並のオートフォーカスのなせる業です。小さなお子さんがいる方や飼っているペットを撮影するときに、どうしても動きに追いつけずブレてしまったり、撮りたかった場面が撮れなかったということが多いのですが、奇跡的な一枚を逃さず残すことができます。

旅行先の夜景を綺麗にとれず、ツイッターにもブログにも載せるには微妙すぎるという写真しか取れなかったと言うこともありません。

デメリットはインカメラだけは従来と同じ510万画素。十分きれいなのですが、アウトカメラと比較するとどうしてもあらが目立ってしまいます。

小さいくてもスタミナ重視・・・

CPU

二年経っても劣化しない充電もちを実現するため、充電の最適化技術を搭載。利用者に合わせた利用者に合わせたバッテリーの性能をより良い状態で使えるように、いたわり充電機能ができました。

こちらも「Xperia XZ SO-01J」と同様の機能です。

アプリなどの使用頻度に応じて、自動でストレージやメモリを最適化。RAMの空き容量を常に一定量確保することで、いつでも快適な操作環境を維持します。さらに、三段階の節電レベルを設定できるようになったため、極端な省エネモードにならず使い方に合わせて画面の明るさ等調節できるようになりました。

今まで電池持ちの良かった機種というと、富士通やシャープのイメージが強かったですが、今回からはソニーもかなり力を入れている感じがしています。

マイナス点を上げるとしたら、CPUのサクサク感に比べて、通信速度は262.5Mbpsのままなのでダウンロード速度や動画再生時間、読み込みが変わらないのが少し残念です。

ドコモ:Xperia X Compact SO-02J

ソニー:Xperia X Compact SO-02J

スポンサードリンク
docomo Xperia X Compact SO-02J:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする