docomo Galaxy S7 edge SC-02H:レビュー

Galaxy S7 edge SC-02H

2016年5月19日発売。

2016年ドコモの夏モデルから「Galaxy S7 edge SC-02H」のレビューです。

今回、ドコモで発売されるGalaxyシリーズは1機種のみでカラーはWhite Pearl、Black Onyx、Pink Goldの3色となっていますが、すでに予約は殺到しており注目されているスマホのひとつです。

スポンサードリンク

大画面でも持ちやすい、進化したハイスペックスマートフォン・・・

WhitePearl

BlackOnyx

PinkGold

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):151×73×7.7mm
  • ディスプレイ:5.5インチ
  • 質量:158g
  • カメラ(アウト/イン):1220万画素/500万画素
  • メモリ(ROM/RAM):32GB/4GB
  • CPU:2.2GHz+1.6GHz(Quad Core)
  • 連続待受時間(3G/LTE):450時間/420時間
  • VoLTE:対応
  • PREMIUM 4GTM:対応
  • ワンセグ/フルセグ:対応/対応
  • 急速充電2:対応
  • 防水/防塵:対応/対応
  • ハイレゾ:対応
  • 赤外線:非対応
  • おサイフケータイ:対応

「Galaxy S7 edge SC-02H」の大きな特徴と言えば、端末のサイド部分がカーブしているデュアルエッジスクリーンです。

ディスプレイは5.5型インチの大画面でありながらも、とても持ちやすく、大きすぎる感じは全くありません。

また、最近では時計を身に付けず、携帯で時間や日付をチェックする人も多くいますが、その度に画面ロックを解除する必要がありました。しかし、「Galaxy S7 edge SC-02H」では、スリープ状態を解除しなくても時計やカレンダーなどをチェックできるようになっています。

これって意外と便利なんですよね。

進化したカメラ性能。より早く、より綺麗に撮影ができる・・・

カメラ機能

「Galaxy S7 edge SC-02H」では、世界初デジタル一眼レフカメラ技術搭載されています。

Galaxy S7 edgeでは、デュアルピクセル技術により自動でピント合わせを行うオートフォーカスがより高速になり(約0.15秒)、また、カメラの起動速度も向上しています。また、F値1.7の明るいレンズとピクセルサイズを大型化することで、受光面積を拡大。暗い場所でも、明るくノイズの少ない写真が撮影できます。

ホームボタンの2回押しでカメラが起動し(約0.7秒)、シャッターが切るまでの動作が本当に素晴らしくスムーズです。

エッジスクリーン機能も拡大。自分好みの機能をショートカットできる・・・

エッジスクリーン

特徴的なエッジスクリーンの表示スペースもさらに改善されています。

お気に入りの連絡先だけだけでなく、アプリ、メールや着信通知、天気予報など・・・。自分好みに機能を登録し、エッジ部分をスライドするだけで、表示を切り替えることが可能です。

また、誤操作を防止するために、エッジパネルハンドルを設定することで、エッジスクリーンを自分の使いやすいサイズや位置に変更することができます。

フリーズが少なく、素早いレスポンスでサクサクの操作性・・・

CPU

ギャラクシーと言えば、ハイスペックスマホですね。

前モデルの「Galaxy S6 edge」と比較しても、ハード面はすべて改善・向上しています。ちなみに、RAMは4GBとなっており、ドコモで発売されているスマホの中でも一番です。

複数アプリの起動、複雑なゲームアプリ、動画編集など、処理に負荷が掛かる操作をしていても、ストレスなく操作することが可能です。

やっぱり必要。防水・防塵対応、SDカードスロット搭載・・・

SDカードカードスロット搭載

前モデルでは、「SDカード」の装着ができず、外付けのSDカードリーダーが必要でしたが、今回はSDカードスロットが搭載され、スマホに装着することができます。前回のモデルでは、やはりSDカードが装着できないことで、購入をあきらめる人も多かったようです。

また、防水・防塵にも対応しており、雨の日での利用や、外で仕事をしている人でも安心して使用していくことができます。

それ以外にも、指紋認証やワイヤレス充電にも対応、画面が割れたときには専用のUSB変換アダプタを使用したマウス操作も可能です。

ドコモ:Galaxy S7 edge SC-02H

サムスン:Galaxy S7 edge SC-02H

スポンサードリンク
docomo Galaxy S7 edge SC-02H:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする