docomo Nexus 5X:レビュー

Nexus 5X

2015年10月22日発売。

最新OSのAndroid 6.0 Marshmallowが搭載された、Nexusシリーズから「Nexus 5X」が発売されましたのでレビューです。スマホの中でも特にAndroid好きに人気のシリーズとなっていますが、今回の「Nexus 5X」もなかなか良い感じです。

スポンサードリンク

シンプルな機能で高品質なNexusシリーズ・・・

Quartz

Carbon

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):147×73×7.9mm
  • ディスプレイ:5.2インチ
  • 質量:136g
  • カメラ(アウト/イン):1235万画素/500万画素
  • メモリ(ROM/RAM):32GB/2GB
  • CPU:1.8GHz(デュアルコア) + 1.4GHz(クアッドコア)
  • 連続待受時間(3G/LTE):非公開/非公開
  • VoLTE:対応(ビデオコール非対応)
  • PREMIUM 4GTM:対応
  • ワンセグ/フルセグ:非対応/非対応
  • 急速充電2:非対応
  • 防水/防塵:非対応/非対応
  • ハイレゾ:非対応
  • 赤外線:非対応
  • おサイフケータイ:非対応

ドコモから発売されている「Nexus 5X」は、LG製でカラーは白と黒の2色となっています。

背面はマットな感じでスベリにくく、また指紋認証が搭載されていますので、画面ロックなどは簡単に解除することができます。防水機能やおサイフケータイ、ワンセグなどの日本人向けの機能は何一つついていませんが、Nexus好きにはそこは重要なポイントではありませんね。

Nexusシリーズは、もともと一般向けのスマホではありません。

最新OS「Android 6.0 Marshmallow」ってどうよ・・・

Android 6.0

「Nexus 5X」では、最新OS「Android 6.0 Marshmallow」が体感できます。

これは、ドコモ製品では初めてのOSとなりますが、今回もさまざま機能が追加されています。大きな特徴としては、処理能力の向上・セキュリティ強化・電池持ちの向上がメインとなっています。

  • Now on Tap:アプリを使用中でもブラウジング中でも、ホームボタンを押し続けるだけで今の画面から移動することなく必要な情報を入手できます。
  • Doze:端末で操作が行われない状態が続くと自動的にスリープ状態になります。
  • アプリスタンバイ:使用頻度の低いアプリによる電力消費を制限して電池を長持ちさせます。

また、アプリパフォーマンスの向上と必要メモリ量の低減により、さらに高速なマルチタスクが可能になりました。

ドコモのスマホ20機種が「Android 6.0」にバージョンアップされるのでまとめてみた。
先日、ドコモで発売されているスマホ20機種を対象に「Android 6.0」にバージョンアップ予定と発表されましたので、アップデート...

スマホ初心者にはオススメしませんが・・・

Nexus 5X-1

「Nexus 5X」は、グーグルスマホのひとつとして売り出されていることもあり、やはりアプリの立ち上がりやマルチタスクでの操作はサクサクしていてストレスが少ないです。

また、カメラ機能でも1.55μm角単位画素となっており、他の機種よりも明るく暗いところでの撮影にも向いています。

しかし、他の機能はほとんど搭載されておらず、電池パックは取り外しができないため、預かり修理で10,500円となっています。さらに、SDカードも装着できませんので、別売りの外付けSDカードリーダーが必要になります。また、ドコモの純正ACアダプタは使用できませんので、同梱のACアダプタを使用しなければなりません。

そして、ドコモのケータイ補償サービスを契約することはできますが、「修理代金あんしんサポート」や「データ復旧サービス」の割引等はありませんので、もし端末に何か故障などがあった場合ちょっと不便ですね。

このようにドコモであることの恩恵があまりないので、スマホ初心者なら他のスマホを購入することをオススメします。

ドコモホームページ:Nexus 5X

LG:nexus 5X

スポンサードリンク
docomo Nexus 5X:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする