docomo GALAXY Note Edge SC-01G:レビュー

SC-01G

2014年10月23日発売「Charcoal Black」。2014年11月13日発売「Frost White」。

今回は、2014-2015年冬春モデルのハイスペックスマホ「GALAXY Note Edge SC-01G」のレビューとなっています。カラーは先行でBlack、11月にWhiteが発売となります。

スポンサードリンク

ハイスペックスマホで操作性は抜群・・・

SC01G-CharcoalBlack

SC01G-FrostWhite

【基本スペック】

  • サイズ(H×W×T):151×82×8.5mm
  • ディスプレイ:5.6インチ
  • 質量:177g
  • カメラ(アウト/イン):1600万画素/370万画素
  • メモリ(ROM/RAM):32GB/3GB
  • CPU:2.7GHz(Quad core)
  • 連続待受時間(3G/LTE):470時間/430時間
  • VoLTE:対応
  • 急速充電2:対応
  • 防水・防塵:非対応
  • ハイレゾ:対応

2.7GHzクアッドコアCPUを搭載し、GALAXY S5と比べて、グラフィック処理性能が約30%アップしていることで、ゲームは動きも映像もきれいです。

そして、ネット検索やスケジュール管理、マップやナビなど・・・。大画面だからこそ使いやすく、しかもRAMは3GBですのでフリーズも少なく、誰でもストレスなく使っていくことができそうです。

ディスプレイ右部のエッジスクリーンが凄すぎる・・・

エッジスクリーン

このGALAXY Note Edge SC-01Gのエッジスクリーンは、メイン画面とは別に独立して起動することができますので、複数のアプリの切り替えが簡単です。

また、新着通知やメニューアイコンをエッジスクリーンに表示することで、メイン画面を有効に使うことができ、大画面の特性をフルに活用することができます。

インカメラは冬春モデルの中でも一番のスペック・・・

インカメラ

今回のギャラクシーはカメラ機能に力を入れており、GALAXY Note 3 SC-01Fよりも約60%明るく撮影することができます。
4K動画にも対応しており、光学式手ブレ補正でブレも少なく、かなり綺麗で明るく写真や動画が撮れます。

また、最近では自撮りをする方たちが増えていますが、インカメラは約370万画素で広角撮影も可能です。インカメラでも複数の人物を撮影することができます。

ペン先の感度はSC-01Fの約2倍に・・・

Sペン

もともとタッチペンは人気で、この「Sペン」があるからこそ「GALAXY Noteシリーズ」を選ぶ方も多いです。

今回はペン先の感度もSC-01Fの約2倍上がっており、毛筆と同じような字を書くことができます。また、画像の一括選択やテキストのコピーなどタッチペンをマウスのように扱うことができ、直感的な操作が可能となっています。

個人的には一番欲しい機種・・・

今回の2014-2015年冬春モデルの中では、一番欲しい機種です。

ちなみに「ボイスレコーダー」はびっくりする程の性能で、8方向からの音声を聞き分けることができ、しかも、それぞれの方向の音声を単独で出力することができます。これは会議などにも重宝しそうです。

おそらく保護フィルムは、エッジスクリーンには貼れないと思われます。

サムスン:詳細情報

スポンサードリンク
docomo GALAXY Note Edge SC-01G:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする