iPad Air 2、iPad mini 3:ドコモでの販売価格と割引キャンペーンを解説!

mini3

先日、公開された新モデルiPadですが、ドコモからも2014年10月24日から販売が決まりました。

Androidタブレットとは違い、比較的本体代金が安いので購入しやすく、新モデルiPadの買い替えサイクルが早いのが特徴ですので、いかにお得に購入できるかが重要になってきます。

本日はドコモでの「iPad Air 2」、「iPad mini 3」について、商品、割引情報を解説したいと思います。

スポンサードリンク

性能アップしたiPad Air 2なら実質負担540円~1,440円(税込)・・・

iPadAir2価格表
まずはサイズの大きい「iPad Air 2」から紹介したいと思います。

【iPad Air 2の特徴】

  • 軽くて薄い:厚さ6.1mmとなっており、エンピツと変わらないそうです。
  • Touch ID:指紋認証対応となりました。
  • 処理性能アップ:A8Xチップ搭載でA7より40%速いCPUパフォーマンス。
  • カメラ性能アップ:8メガピクセルに対応。画像を拡大しても綺麗に表現できます。

前機種のiPad Airと比較すると・・・

画面サイズ(9.7インチ)は変わりませんが、かなり薄くて軽くなっています。

そして、iSightカメラ(外側)は5メガピクセル→8メガピクセルに変わり、より細部までクッキリ、ハッキリ、綺麗になります。

そして、A7→A8Xチップへ、M7→M8モーションコプロセッサにアップグレードされ、処理能力が大幅に向上しています。その結果、タッチ反応やアプリ起動時のストレスが軽減。さらにA7チップの2.5倍のグラフィック性能でアプリゲームならより迫力ある映像が楽しめます。

また、処理能力が上がることで電池持ちも向上、約10時間駆動が可能となっており、外見も中身もかなりアップとなっています。

iPad mini 3なら実質負担0円~1,080円(税込)・・・

iPadmini3価格表

次に「iPad mini 3」についてですが、ぶっちゃけ「iPad mini 2」からの変更点がほとんどありません。

本体カラーにゴールドが追加され、機能面では、Touch IDが搭載されたことでしょうか。これだけの違いであれば、割安になるであろう「iPad mini 2」の方が売れる気がします。

まぁ、それだけ「iPad mini 2」の性能が良かったからだと思いますが、性能面を重視するのであれば、「iPad Air 2」をおススメします。

iPadも「下取りプラグラム」でお得に買い替えできる・・・

下取りプログラム

発売から2014年11月30日までの期間中であれば、画面が割れていてもiPadの下取りが可能となっています。この施策を利用することで、前機種の分割が残っている状態であっても実質負担が少なく買い替えができますので、ぜひ確認してみるといいですね。

【対象商品】

(iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデル、iPad (第4世代)、iPad mini、iPad (第3世代)、iPad 2、iPad)
※SIMフリー iPad、Wi-Fiモデルも下取り可能。

「データプラン得得キャンペーン」で1,080円(税込)×3か月分の月々サポート割引が増額に・・・

データプラン得得キャンペーン

【特典1】

2014年12月31日までの期間中に「iPad」を購入すると1,080円×3ヶ月間分の月々サポート割引が増額となります。

■対象条件

  • ドコモで「iPad」を購入の方で、かつ「月々サポート」を適用させること

【特典2】

さらに対象プランおよび対象パケットパックの契約で、最大3か月間ボーナスパケット1GB増量となります。

■対象条件

  • データプラン(スマホ/タブ)
  • シェアパック、データMパック、データLパック、ビジネスシェアパック

※「データSパック」は対象とならないのが、ちょっと不満ですね・・・。

「家族まとめて割」も引き続き対象となります・・・

家族まとめて割
家族まとめて割」も対象となりますので、家族で複数台購入する予定の方は、ぜひシェアパックで同時購入がおススメです。

「家族まとめて割」:シェアパックで2台以上の購入なら1台につき最大5,400円の割引!
2015年12月1日からの「家族まとめて割」はこちらとなっています。
スポンサードリンク
iPad Air 2、iPad mini 3:ドコモでの販売価格と割引キャンペーンを解説!
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする