docomo AQUOS PAD SH-06F:レビュー

SH-06F

2014年6月20日発売。
今回の夏モデルタブレットから、まずは「docomo AQUOS PAD SH-06F」をレビューです。カラーはWhiteのみとなっており、7インチサイズのコンパクトタブレットとなっています。

スポンサードリンク

【基本スペック】
サイズ(H×W×T):175×106×8.4mm
ディスプレイ:7.0インチ
質量:233g
カメラ(アウト/イン):800万画素/210万画素
メモリ(ROM/RAM):32GB/2GB
CPU:2.3GHz(Quad core)
連続待受時間(3G/LTE):1100時間/960時間
VoLTE:対応
急速充電2:対応
フルセグ:対応

タブレットでもスマホと同じように通話が可能・・・

On the phone @ Manchester, UK
On the phone @ Manchester, UK / timparkinson

前機種であるシャープのタブレット「SH-08E」でも、通話プランの適用が可能でしたが、スピーカーもしくはイヤホンによる通話のみとなっていました。ですが、今回の「docomo AQUOS PAD SH-06F」では、レシーバ(耳を当てる部分)が搭載されていますので、タブレットでありながらも、「普通のスマホと同じように会話をすること」が可能になります。

世界最軽量で持ち運びもかなりラクに・・・

SH-06F
EDGEST

手に取ってみて、最初に感じることは「軽い」です。
試しに自分の手帳や文庫本の重さを計ってみましたが、ほとんど変わりませんでした。これならカバンに入れてても全く気になりません。
※文庫本で200gでした。

しかも、今回のシャープ製は「EDGEST」デザインとなっていますので、「SH-04F」と同じように、本体の大部分がディスプレイとなっていますので、かなり大きく迫力ある映像が楽しめるようになっています。

「IGZO×PureLED」で長時間使用とキレイな映像を実現・・・

PureLED
シャープと言えば、「IGZO液晶ディスプレイ」ですね。
これにより、高精細で明るい表示やタッチパネルの高精度化、 低消費電力化などが可能になっています。また、SH-04Fでも採用されている、新開発バックライト「PureLED」で、色合いがハッキリとキレイに見えるようになっています。

今回の「AQUOS PAD SH-06F」は、持ち運びを重視する方、通話が少ない方、ネット検索や資料確認を頻繁にするビジネスマンなどにはオススメとなっています。最新の手帳替わりとしても良いですね!

しかも通話ができて、画面も大きいというのは、やはり魅力的です。「GALAXY Note」にするか、「AQUOS PAD SH-06F」にするかと悩んでいる方も多く、画面が見やすいため、スマホでニュースを見るには「文字が小さい」と感じるご年配でも十分使いこなすことができるのではないでしょうか。

■SHSHOW:製品情報

スポンサードリンク
docomo AQUOS PAD SH-06F:レビュー
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする