タブやルーターではどうなる?新料金プラン「データ通信」編を解説!

パケあえる

前回は、2014年6月1日から提供開始となるドコモの新料金プラン「通話プラン編」を書きましたが、今回はタブレットやXiモバイルWi-Fiルーター、通信専用スマホについて、誰にでも分かるように解説していきたいと思います。

プラン変更は5月15日より変更予約となり、適用は6月使用分からとなります。
【携帯:お客様サポート】【店舗:ドコモショップ】【PC:My docomo】から変更可能です。

My docomo

スポンサードリンク

通話プランと同じように「基本料金+パケホーダイ」の契約が必要に・・・

現行のデータ通信プランでは、基本料金のみ(Xiデータプラン フラットにねんetc)でしたが、新料金プランでは、基本料金とパケホーダイの2種類の契約が必要になります。

データプラン
基本料金をベースに、自分にあった通信量分のパケットパックを契約します。

■主にネット検索やメール管理程度
データプラン(スマホ/タブ)+データMパック+SPモード

■主に動画を視聴する
データプラン(スマホ/タブ)+シェアパック10+SPモード

    【データパック:メールや検索】

  • データSパック(2GB)=3,500円
  • データMパック(5GB)=5,000円
  • データLパック(8GB)=6,700円
    【シェアパック:動画メイン】

  • シェアパック10(10GB)=9,500円
  • シェアパック15(15GB)=12,500円
  • シェアパック20(20GB)=16,000円
  • シェアパック30(30GB)=22,500円

※パケットパックの料金については「通話あり」と同額です。

新料金プランに変更すると料金が高くなる・・・

Worried
Worried / pedrosimoes7

ちなみに、タブレットの場合で現行のデータ通信プランと新料金プランで比較すると、現行の方が2GB分多く使えて、しかも1,000円安く維持できています。そうなると、現在、タブレットやXiモバイルWi-Fiルーターを利用している方は、新料金プランに変更しないほうが良さそうです。

【現行】
Xiデータプランフラットにねん(7GB)+SPモード
5,700円+300円=6,000円

※ライト(3GB)であれば5,000円

【新料金】
基本料金+データMパケットパック(5GB)+SPモード
1,700円+5,000円+300円=7,000円

※Sパック(2GB)であれば5,500円

データプランでもずっとドコモ割(長期ユーザー)で料金が割引に・・・

ever
長期ドコモユーザーのための割引も提供され、契約年数に応じてパケットパック代金から毎月割引されます。

ずっとドコモ割

タブレットであっても、ずっとドコモ割は適用になりますので、ドコモの契約年数が長くなるほど月々の料金は割引になっていきます。通常、タブレットはガラケーとの2台持ちや家族で1台のケースがほとんどのようですので、家族でシェアパックを契約する際は、契約年数の一番長い番号をシェアパックの代表回線にしておくとお得です。

※シェアパックの代表回線と携帯料金支払いの一括請求の代表回線は別扱いとなり、複数台でシェアパックのグループで組んでいても、毎月の携帯料金は個別に請求することが可能です。

2台持ちではどっちがお得?プラスXi割と2台目プラスを比較してみる・・・

balance scale
balance scale / winnifredxoxo

【重要ポイント】
2台目プラスってお得なの?
「通常パケットをシェアできないプラン(データSパックやMパック)であっても、2台目がタブレットならシェア出来るようにしますよ」っていう為のオプションサービスで、特別料金が安くなる割引サービスではありません。

それでは、スマホ(ガラケー)とタブの2台持ちをした場合、「新料金プランに変更するべきか、現行プランで継続していくのか」を検証したいと思います。
※どちらもXi対応機種としています。

【プラスXi割】
(1台目スマホ)Xiにねん+Xiパケホーダイライト(3GB)+SPモード
743円+4700円+300円

(2台目タブ)Xiデータプランフラットにねん(7GB)+SPモード
2,839円+300円

※【現行プラン(プラスXi割)】では、10GB分使えて、合計料金が8,882円となりますが、通話料金は(20円/30秒)加算されます。

【2台目プラス】
(1台目スマホ)カケホーダイ+データMパック(5GB)+SPモード
2,700円+5000円+300円

(2台目タブ)データプラン(スマホ/タブ)+SPモード+シェアオプション
1,700円+300円+500円

※【新料金プラン(2台目プラス)】では、5GB分使えて10,500円となりますが、通話はどこに掛けてもカケホーダイとなります。

どちらも同じ10GB分で設定すると、新料金プランではシェアパック10(9,500円)を適用させますので、合計14,500円となり、プラスXi割より6,000円近く高くなります。

どれだけ通話をするかが判断基準になる・・・

Last Time We Spoke
Last Time We Spoke / ona (diospordios)

今回の比較では難しいところもあり、プラスXi割だとカケホーダイがなく通話料がダイレクトに加算されますが、新料金プランではどこに掛けてもカケホーダイですので、通話がメインの方であれば「新料金プラン」がお得となります。逆に通話をほとんどしない方であれば、「プラスXi割」がお得です。

どっちのプランがお得になるのかは、あなたが「誰にどれだけの通話をするのか」が決め手になります。「ドコモ以外か、ドコモだけか」、また「通話するのか、しないのか」で適正プランが変わってきます。ですので、早めに変更するのではなく、今後の利用状況を考えてプラン変更をすることをオススメします。

※プラスXi割の新規受付期間は、2014年8月31日までとなっています。

【新料金プランのまとめ】

国内通話が定額カケホーダイ!ドコモ新料金プランを分かりやすく解説!
JOH_7790 / star5112 2014年6月1日からドコモではカケホーダイプランが提供開始となりました。 しかし、...
期間限定だった「キッズ割」が、新料金プランではいつでも契約可能に!
気になる新料金プランですが、最近では問い合わせもかなり増えているようです。今日はお子さん向けの割引サービス「キッズ割」について書いて...

家族みんながスマホなら自宅にネットを引いてお得に。

パケホーダイよりも安くてネットし放題。自宅にフレッツ光を引いてお得に!
Internet / Pat Guiney 先日、こんな質問をいただきましたので記事にしたいと思います。 「ドコモのタブレッ...

■ドコモホームページ:新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」

スポンサードリンク
タブやルーターではどうなる?新料金プラン「データ通信」編を解説!
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする

コメント

  1. 匿名 より:

    ※プラスXi割の新規受付期間は、2014円8月31日までとなっています。

  2. 匿名さん

    ご指摘ありがとうございます。
    恥ずかしい間違いでした(笑)

    また間違いが見つかりましたら、コメントお願いいたします。