ワンセグ対応の携帯電話だけならNHKの受信契約はしなくてもいいらしい。

tv b&W
tv b&W / karlesal

先日、ニュースを見ていたところ、興味深い内容でしたのでシェアしたいと思います。

以前より、「ワンセグケータイを持っている人はNHKの受信料を支払う必要がある。」ということで、ワンセグ対応携帯を持っている人から受信料を徴収していましたが、さいたま地裁判決では「携帯電話の所持者は放送法上の『受信設備を設置した者』に該当しない」と判断しました。

NHK側は控訴していますが、今後も注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

ワンセグ対応携帯だけなら受信料を支払わなくてもいい・・・

NHK

自宅にテレビはないが、ワンセグ機能付きの携帯電話を持っていた。このため、受信料支払いの前提となる受信契約を結ぶ義務があるかNHKに確認したところ「義務がある」と回答されたため、NHKを相手取り、義務がないことの確認を求めて提訴した。

判決は「別の条文は『設置』と『携帯』を区別しており、NHKの主張には無理がある」と指摘。受信料負担の要件は、税金などと同様に明確にする必要があるとして、契約義務はないと結論付けた。

毎日新聞:ワンセグ放送 NHK受信料、支払い義務ない

放送法では「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。」とありますが、ワンセグ対応の携帯電話がそれに該当するのかが問題になっていました。

しかし、今回の裁判では「受信設備を設置」にはならず、契約義務もないとのことです。ちなみにNHKのホームページには、「ワンセグ受信機も受信契約の対象です。」と記載されています。

NHKとしては、多くの人から受信料を徴収してきたこともあり、これが出来なくなってしまうことは大問題です。おそらく、今までワンセグ携帯を理由に支払ってきた人からのクレームはかなり多くなるでしょう。

今後の控訴判決にも注目していきたい思います。

スポンサードリンク
ワンセグ対応の携帯電話だけならNHKの受信契約はしなくてもいいらしい。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする