リベンジポルノ問題。グーグル検索から「性的な画像」の削除が可能になる

Emin Milli at Internet Freedom Fellows Press Conference at UN
Emin Milli at Internet Freedom Fellows Press Conference at UN / US Mission Geneva

スマホやタブレットが普及されることによって、相手の同意なしのカメラ撮影(盗撮)も増えています。

さらに性的な画像や動画をネット上に公開して、相手に被害を与える「リベンジポルノ」が問題になっており、ツイッターやアダルト動画サイトを利用することにより、さらに拡散され被害者に大きな精神的ダメージを与えてしまいます。

一度、拡散してしまった画像や動画を全て削除するこは難しい状況ですので、この被害を少しでも減らすための「グーグル」の措置は被害者にとって嬉しい知らせとなりそうです。

スポンサードリンク

画像の削除要請が簡単にできるようになる・・・

Google Main Search
Google Main Search / MoneyBlogNewz

Googleは米国時間6月19日付けのブログ投稿で、「リベンジポルノ画像は、極めて個人的であり精神的なダメージが大きく、被害者を貶めることだけを目的としている。被害者はほとんどの場合、女性である」と述べ、「したがってわれわれは今後、本人の同意なく共有されたヌード画像または性的に露骨な画像を『Google Search』結果から削除することを求めるユーザーからの要請に応じる」とした。

CNET Japan:グーグル、「リベンジポルノ」を検索結果から削除へ

自分の名前をネットで検索してみると、良いことも悪いことも、さらには事実と違う情報などが記事になっていることがあります。それだけでも問題ですが、これが画像となる大変な問題です。

他人に見られたくないモノを、サイトに簡単にアップ出来てしまうのもどうかと思いますが・・・。

しかも、最近のスマホアプリでは、「シャッター音が鳴らない無音カメラ」や「ディスプレイに表示されないカメラアプリ」、「遠隔でスマホ操作が出来るアプリ」など、簡単に盗撮が出来てしまうようなアプリが結構多くあります。

今回のグーグルの措置には被害者にとって嬉しい内容となりますので、申請方法などの詳細が分かり次第、当ブログでも記事にしたいと思います。

スポンサードリンク
リベンジポルノ問題。グーグル検索から「性的な画像」の削除が可能になる
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする