手打ちのパスワード入力は古い!指紋や虹彩を使ったオンライン認証が主流になる。

A lesson in security
A lesson in security / pbkwee

今日はニュース記事をシェアしたいと思います。

NTTドコモは5月26日、指紋や虹彩といった生体情報を使ったオンライン認証のための国際的な非営利団体「FIDO Alliance」に、ボードメンバーとして加入すると発表した。

スポンサードリンク

これからは指紋や光彩が「ログイン・パスワード」の主流になる・・・

in excess
in excess / Concentrated Passion

指紋認証による画面ロック解除は昔からありましたが、あくまで画面ロックの解除のみとなっており、サイトのログインや決済機能には適用されていませんでした。

しかし、ドコモの2015年夏モデルでは「虹彩認証」という新しい認証方法が搭載され、この認証方法でサイトのログインやdocomo IDのログインに使用することができ、これからは決済機能にも使用することが可能になります。

なお、ドコモでは5月27日からdゲーム、dミュージック、dブック、dデリバリー、ドコモのペット保険など、ドコモのサービスにおいて、docomo IDやspモードパスワードの入力に加え、指紋や虹彩などの生体情報を利用したログインや決済ができるようになる。今後はネットワーク暗証番号への対応により、ポイント利用時などにも拡大する方針だ。

CNET japan:ドコモ、指紋や虹彩を使ったオンライン認証を推進–「FIDO Alliance」に加入

サイトのログインやSPモード決済、ネットショッピングなど・・・。何かある度にメールアドレスやID、パスワードを文字入力しなければならないのは、私も本当に面倒に感じていました。アプリやキーボードの機能として、「コピー&ペースト」が簡単にできるものも多くありますが、やっぱりいろいろ面倒です。

今後、指紋や光彩、声紋などいろいろな認証パターンが増えることで、ログインや決済がラクになるのは非常にありがたいことです。「子供のスマホの決済機能は親の指紋のみで解除」など、課金の制限にもなりそうです。

今後も、こういったシステムがどんどん開発されることに期待したいと思います。

ちなみにドコモの2015年夏モデルで「指紋・光彩認証」が可能な機種は現時点では4機種となっています。

docomo ARROWS NX F-04G:レビュー

docomo AQUOS ZETA SH-03G:レビュー

docomo Galaxy S6 SC-05G:レビュー

docomo Galaxy S6 edge SC-04G:レビュー

スポンサードリンク
手打ちのパスワード入力は古い!指紋や虹彩を使ったオンライン認証が主流になる。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする