iPhone/iPadをアップデートしたら「フォトコレクション」が使えなくなった時の対処法。

シェアする

フォトコレクション

最近、iPhone/iPadのソフトウェア・アップデート(iOS 11.0)がリリースされましたが、アップデート後にドコモの「フォトコレクション」で画像のお預け(アップロード)ができない事象が発生しています。

また、「フォトコレクションプラス」でのプリントもできない事象も合わせて発生しているようなので対処法をシェアしていきます。

iOS 11へのアップデートが原因。フォトコレクションが使えない・・・

iOS 11

iOS 11にアップデート後、iPhone/iPadに大規模な設定変更があり、それが原因で「フォトコレクション」に画像データの預けること(アップロード)ができなくなっています。

しかし、この事象に関しては、端末側(カメラ)の設定変更をすることで継続して利用できるようになりますので、iPhone/iPadで「フォトコレクション」を使用している人はiPhone/iPadの設定変更してください。

iOS 11  フォトコレクション

iPhone/iPadを「iOS 11」にアップデートすることで、カメラの設定が変更になります。上記のように「高効率」に設定されていることで、フォトコレクションでデータのお預けをしようとしても、「アップロードできないファイルです」とエラーメッセージが表示されます。

そこで、このカメラの設定を「互換性優先」に変更することで、通常通りアップロードできるようになります。

iPhone/iPadのカメラ設定

ホーム画面→「設定」→「カメラ」→「フォーマット」→「互換性優先」にチェックが入っていれば完了です。

ぜひ、確認してみてくださいね。

iPhone/iPadをアップデートしたら「フォトコレクション」が使えなくなった時の対処法。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする