「AQUOS ZETA SH-01H」ソフトウェアアップデート後、不具合発覚で一時停止になる

AQUOS ZETA SH-01H

「AQUOS ZETA SH-01H」では、「特定のエラーメッセージが表示され正常に操作できない場合がある」不具合が発生していたようですが、修正版として先日からソフトウェア更新が可能になっていました。

しかし、アップデート後、ドコモアプリ「NOTTV」が起動できないなどの不具合が見つかり、一時提供中止になりましたのでシェアしたいと思います。

※2016年2月22日よりソフトウェア更新が再開されました。

スポンサードリンク

ソフトウェア更新後、アプリが起動しなくなる不具合・・・

ドコモお知らせ

今回、ソフトウェア更新を実施した場合、一部の機種でNOTTVが起動できなくなるという不具合が発生しているということですが、これ以外にも別の不具合が発生する可能性もあります。

アップデート後、「アプリが起動できない」、「フリーズするようになった」、「電源が落ちるようになった」などの不具合が頻繁に起こるようであれば、ショップで相談してみるこをオススメします。

すでに、ソフトウェア更新を実施している人には、バージョンを戻すことはできません。しかし、近いうちに修正版が提供されますので安心してください。

更新方法

  • ホーム画面から「アプリボタン」⇒「設定」⇒「端末情報」⇒「ソフトウェアアップデート」を選択し、画面の案内に従って操作を行うことで、即時更新も可能です。

ドコモ:「AQUOS ZETA SH-01H」の製品アップデート一時中断のお知らせ

無視してませんか?Android・iOSの本体&アプリの更新方法(アップデート)のまとめ。
先日、「スマホやタブレットにはセキュリティ強化、機能向上、不具合改善のために端末やアプリのアップデート(ソフトウェア更新)を定期的に...
AQUOS ZETA SH-01H:レビュー
2015年10月29日発売。 ドコモ2015-2016年冬春モデルのシャープは2機種が発売予定となっていますが、まずはハイスペ...
スポンサードリンク
「AQUOS ZETA SH-01H」ソフトウェアアップデート後、不具合発覚で一時停止になる
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする