iPhone情報:iOS 8.1.3が提供開始。アップデート後の不具合はなさそうです。

ios8.1.3

先日、iPhoneの「iOS 8.1.3」へのアップデートが提供されました。
今回の更新に関しては、さまざまな問題に対しての修正とありますが、大きく改善されている点は「ソフトウェア・アップデートの実行に必要なストレージ容量を低減」です。

今までのように「アップデートをするために本体容量の空きを作るための削除」の手間が減ってきますね。

スポンサードリンク

「iOS 8.1.3」での変更内容

  • ソフトウェア・アップデートの実行に必要なストレージ容量を低減
  • 一部のユーザが「メッセージ」および「FaceTime」のApple IDパスワードを入力できない問題を修正
  • SpotlightでAppの結果が表示されない問題に対処
  • iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
  • 統一学力テスト用の構成オプションを追加

今までのアップデートでは、かなりのストレージ容量が必要とされ、本体の空き容量が少ないと画像やアプリを削除してアップデートに必要な容量を確保する必要があり、それが出来ない方はアップデートすら出来ませんでした。

しかし、今回のアップデートではアップデートするための必要容量が減ることで、更新作業も気軽に実施することができます。

16GBのiPhoneユーザーには嬉しい改善点となっていますね。

■アップデート方法
「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で実行可能です。

スポンサードリンク
iPhone情報:iOS 8.1.3が提供開始。アップデート後の不具合はなさそうです。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする