家族がパケットを使い過ぎて困っているなら上限設定をすればいい。

シェアする

シェアパック

家族でシェアパックを組んでいると、家族の誰か(お子さん)が極端に使い過ぎてしまい、短期間で家族全員に速度制限がかかってしまうことが結構あります。

その度に、1GB追加オプションで1,000円/GBずつ制限解除したり、料金プランを上げたりすることで対処している家族が多いです。

しかし、シェアグループ内で回線ごとに使用できる通信量を設定できるようになりました。

パケットを使い過ぎるなら回線ごとに上限設定すればいい・・・

シェアパック

「子供が動画を見るから1週間で速度制限がかかってしまう。その度に追加料金を払うか速度が遅いまま我慢しなければならないので不便でしょうがない。」

もし、パケットの使い過ぎで上記のような問題が起こる場合、回線ごとに利用できるデータ通信量の上限を設定することで、今回のような問題を解決することができます。

例えば、シェアパック10を家族4人で分け合うときに、子供の回線だけ2GBの上限設定をすることで、子供の使い過ぎを防止することができます。これなら、短期間で速度制限がかかることもなく家族全員が満足することができます。

ただし、「シェアパック分割請求オプション」を契約している場合、回線ごとの上限設定はできませんので注意してください。

シェアパックの料金も家族分け合う「シェアパック分割請求オプション」が提供開始。
Numbers And Finance / reynermedia ドコモの料金プランには、パケットを家族で分け合う「シェアパック...

家族がパケットを使い過ぎて困っているなら上限設定をすればいい。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする