携帯はやっぱりdocomo!
ドコモの手続き、料金プラン、機種情報など分かりやすく公開しています!
ドコモ・サービス

「シンプルプラン(980円)」の適用条件が変更。単独でも「ウルトラデータパック」なら適用できる。

NTT Docomo
NTT Docomo / Janitors

ドコモでは、通話プランのひとつで月額980円(税別)の無料通話がない基本料金「シンプルプラン」が提供されています。

普段、通話をほとんどしない人にとっては「カケホーダイ(2,700円)」や「カケホーダイライト(1,700円)」では高すぎるという声も多く、シンプルプランはそんな人たちにとって、ベストなプランでした。ですが、適用条件は限定的で、家族でパケットを分け合うシェアパック(シェアオプション)の契約者のみのため、単独(データパック)では適用できませんでした。

しかし、2017年12月27日より単独であっても、「ウルトラデータLパック」「ウルトラデータLLパック」を契約していれば、「シンプルプラン(月額980円)」を選ぶことができるようになります。

スポンサードリンク

「シンプルプラン」+「ウルトラデータパック」が使える・・・

料金プラン

ドコモで提供されているスマホ・iPhone用の通話プランは3種類です。

24時間通話無料の「カケホーダイプラン」、1回の通話が5分以内なら何回でも無料になる「カケホーダイライトプラン」、そして、無料通話のない最安プラン「シンプルプラン」です。

基本料金(スマホ/タブ)

  • カケホーダイプラン(24時間):2,700円
  • カケホーダイライトプラン(1回5分以内):1,700円
  • シンプルプラン(無料通話なし):980円

通話をしない人は、迷わずシンプルプランを選択したいところですが、今までは家族でパケットを分け合うシェアパック(シェアオプション)の契約者だけでした。しかし、今回の改正で単独でも「ウルトラデータLパック(20GB)」や「ウルトラデータLLパック(30GB)」を契約している人であれば、「シンプルプラン」の適用が可能になります。

通話はしないが、通信をたくさん使いたい人にはピッタリのプランですね。

  • シンプルプラン(980円)+ウルトラデータLパック(6,000円)+SPモード(300円)
  • シンプルプラン(980円)+ウルトラデータLLパック(8,000円)+SPモード(300円)
シンプルプラン

しかも、長期ユーザーには「ずっとドコモ割」が適用になり、「docomo with」対象端末の利用でさらに料金を下げることができます。

あわせて読みたい
docomo with
毎月1,500円がずっと割引になる「docomo with」って何なの? docomoは2017年5月24日の新商品発表会で、新サービス「docomo with」を公開しました。 格安スマホに対抗...

格安スマホに対抗したいなら、SパックやMパックでも適用にしてほしい・・・

シンプルプラン

大手キャリアの問題のひとつが、ドコモから格安スマホにポートアウトされてしまうことです。

ユーザーとしては、「そこそこ使えて料金が安い」が一番ベストと言っている人も多くいます。そこに対抗していくためにも、ぜひデータSパックやデータMパックでも「シンプルプラン」が適用できるようになってほしいですね。

今後求められる理想の最安プラン

  • シンプルプラン(980円)+データSパック(3,500円)+SPモード(300円)

上記のプランに「ずっとドコモ割」や「docomo with」対象端末の利用でさらに安くすることができます。

  • シンプルプラン(980円)
  • データSパック(3,500円)
  • SPモード(300円)
  • ずっとドコモ割(-600円)
  • docomo with(-1,500円)
  • 合計2,680円

「通話も通信も少しでいい。」そんなユーザーのために単独でも上記のようなプランを提供できれば、もっとスマホユーザーが増えそうな気がしますけどね。

ABOUT ME
ドコモ愛好家
元ショップ店員。現在はケータイに関する仕事をしています。