ドコモのワンナンバーサービスで「Apple Watch Series 3」が便利に使える。

シェアする

Apple Watch Series 3

最新の「Apple Watch Series 3」が発売開始となりましたが、今回のApple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)も発売されており、Apple Watch単体での通信が可能になりました。

しかし、単体での通信をするために、携帯側(iPhone)にオプション(ワンナンバーサービス)の契約が必要になるため、今回はドコモ「ワンナンバーサービス」の利用方法や注意点について解説していきます。

Apple Watch Series 3を購入したらワンナンバーで便利に使える・・・

ワンナンバーサービス

今までのApple Watchでは、BluetoothかWi-Fiを利用してiPhoneと通信していたため、Apple Watch単体だけで移動してしまうと、電話をかけたり、メッセージを受け取ったりすることができませんでした。

しかし、「Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)」とドコモの「ワンナンバーサービス」を契約することで、Apple Watch単体での通話・通信が可能になり、しかも、同じ番号での通話や通信が可能になります。

例えば、携帯は自宅に置いたままでも、Apple Watch Series 3を身に着けていれば、外出先でも通話・通信が可能になります。

この、ドコモの「ワンナンバーサービス」は月額500円の有料オプションのひとつで、通話・通信料の請求はあくまで携帯側の利用料金が適用されるため、通話・通信をしても月額500円のオプション代金のみで追加料金は発生しません。

ワンナンバーサービス(有料オプション)

  • 利用料金:月額500円
  • 登録手数料:500円

2018年3月31日までの申し込みの場合、登録手数料+初回180日間が無料になるキャンペーンを実施しています。

対象端末

  • Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)
  • iPhone 6 / 6 Plus 以降のiPhone(iOS 11 以降)

「ワンナンバーサービス」は、Apple WatchのCellularモデルのみ利用可能ですので、Apple Watch 1/2やApple Watch Series 3(GPSモデル)では利用できません。

親回線(iPhone)の対象プラン

「ワンナンバーサービス」は、あくまで携帯(iPhone)のオプションになりますので、携帯の料金プランは新料金プランの契約が必要です。

  • 基本料金:カケホーダイ(ライト)/シンプルプラン
  • パケットパック:データパック/シェアパック/シェアオプション
  • ISP:SPモード

ワンナンバーサービスは、「spモード」のみ対応です。そのため、「mopera」での使用できません。また、親回線(iPhone)1台につき、登録できるApple Watchも1台となりますので、親回線(iPhone)1台で複数のApple Watchは登録できません。

ちなみに、ドコモで発売されているiPhoneを使用しているが、回線契約はドコモ系の格安SIM(MVNO)を利用している人も多くなってきましたが、格安SIM(MVNO)では、ワンナンバーサービスは利用できません。

ドコモ:ワンナンバーサービス

Apple:Apple Watch

ドコモのワンナンバーサービスで「Apple Watch Series 3」が便利に使える。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする