ドコモの新しい料金プランが登場。今までより使い勝手が良く毎月の維持費も安くなる!

シェアする

新料金プラン

現在、ドコモで提供されている料金プランについて変更がありましたのでシェアしたい思います。

スマートフォン・ケータイ向けの通話プラン「シンプルプラン(月額980円)」と、パケット通信プラン「ウルトラシェアパック30(月額13,500円)」が追加となりました。

また、シェアパック料金を契約している回線数で均等に分け合う「シェアパック分割請求オプション」も自由に分割請求対象回線を指定することができる機能のほか、回線ごとにデータ利用の上限を設定できる機能が提供されます。

スポンサードリンク

月額980円のシンプルプランなら、子回線が最安1,780円でスマホが持てる・・・

シンプルプラン

シンプルプラン(詳細)

現在、提供されている「Xiスマホ」の料金プランでは、通話時間制限なしのカケホーダイ(2,700円)、1回の通話が5分間だけ無料になるカケホーダイライト(1,700円)のみとなっており、「Xiケータイ(ガラケー)」でも、通話時間制限なしのカケホーダイ(2,200円)、1回の通話が5分間だけ無料になるカケホーダイライト(1,200円)です。

しかし、今回は無料通話なしの「シンプルプラン(月額980円)」が新たに追加され、維持費をさらに安くすることが可能になりました。

この「シンプルプラン」の適用には、あくまでシェアパックを契約していることが条件となりますので、ひとり用の「データSパック」や「ウルトラLパック」などを契約している人には適用できません。

シンプルプラン

適用イメージ

  • シンプルプラン:月額980円(通話料金20円/30秒)
  • パケットパック:シェアパックもしくはシェアオプション(500円)
  • SPモード:300円

シンプルプランを適用させることで、シェアパックの子回線なら最安1,780円でスマホを持つことができます。

シェアパック15にたった+1,000円で30GBまで使えるウルトラシェアパック30が登場・・・

ウルトラシェアパック30

ドコモでは、家族でパケットを分け合うプランとして、「シェアパック」があります。

現在では、シェアパック5(6,500円/5GB)、シェアパック10(9,500円/10GB)、シェアパック15(12,500円/15GB)、ウルトラシェアパック50(16,000円/50GB)、ウルトラシェアパック100(25,000円/100GB)が提供されています。

今回は、新たに「ウルトラシェアパック30(13,500円/30GB)」が追加となります。

ずっとドコモ割

また、ドコモの長期契約者には月々のパケット料金が割引になる「ずっとドコモ割」が適用されますが、こちらも変更になっています。

もちろん、シェアパックグループの中の家族のうち、「ドコモ光」を契約している家族がいる場合、光セット割も適用さら、さらに毎月2,000円割引になります。

シェアパックグループ内で使いすぎの人がいても大丈夫。パケット利用の上限設定が回線ごとに可能になる・・・

家族一人ひとりのデータ量の上限を設定

シェアパックを契約している家族でよくある問題が、家族の特定の人だけ(主に子供)がパケットを使い過ぎてしまい、ほかの家族がほとんどパケットを使えず、速度制限が掛かってしまうということがあります。

仮に、シェアパックを家族4人(父・母・子供2人)で15GBを契約していた場合、今までなら一人ひとりのデータ量を振り分けることができず、子供2人で10GB以上使ってしまい、親はほとんど使えないなどの状況がよくありました。

家族一人ひとりのデータ量の上限を設定

しかし、今後はシェアパックグループ内の回線ごとに、データ通信量の上限を設定することが可能になり、子供のパケット使いすぎなどを防止することができます。

シェアパック料金の支払いも回線ごとに振り分けが可能になる・・・

シェアパック分割請求オプションの支払対象回線を設定可能に

現在、シェアパックを契約している場合、シェアパックの料金の支払いは「代表回線のみ」か、「シェアパックを分け合っている全回線での均等割り(シェアパック分割請求オプション)」のどちらかしか選択できませんでした。

しかし、今後はパケット通信量が回線ごとに上限設定が可能になることで、料金支払いも回線ごとに振り分けるとが可能になりました。

その結果、一番のメリットとしては、シェアパック分割請求オプションを契約しているグループで、データ通信量の多いメンバーのみパケット料金を分割し、データ通信量が少ないメンバーには請求しないなどの設定が可能になります。

また、気軽にタブレットを持つことも可能になります。

今までは、回線が増えるたびに1人当たりのパケット料金の請求額は下がりましたが、グループ内でタブレットを持っている人だけが負担増しになってしまうなどの弊害がありました。

しかし、スマホやケータイのみパケット料金の支払いを請求し、タブレットにはシェアオプション(500円)のみ負担ということができるようになります。

今回の変更では、とくにデメリットはなく、ますます家族で分け合っていくことがお得になりますね。

ドコモ:料金プラン

スポンサードリンク
ドコモの新しい料金プランが登場。今までより使い勝手が良く毎月の維持費も安くなる!
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする