シェアする

25歳以下なら学生じゃなくても対象可能な「ドコモの学割(2017)」を分かりやすく解説。

シェアする

ドコモの学割

2017年1月20日から「ドコモの学割(2017)」が今年も始まりました。すでにテレビのCMを見てご存知かと思いますが、auやソフトバンクでも始まっています。

実は、今回の学割はどこの携帯電話会社も内容は同じというわけではなく、年齢や条件がバラバラになっています。ちなみに、「ドコモの学割」も現在の契約内容によっては割引内容に違いがありますので、今回はその条件や割引内容について解説していきます。

スポンサードリンク

ドコモの学割は学生じゃなくても25歳以下なら適用可能・・・

ドコモの学割(2017)

au、ソフトバンクでは割引内容(学割天国U18・学割モンスターU18)によっては18歳までのものありますが、ドコモの学割は25歳までを対象としています。

au、ソフトバンクの学割では、機種変更もしくは新規(MNP)という端末購入者を対象としていますが、ドコモは新料金プランである「カケホーダイ/カケホーダイライトプラン」に変更するだけで、旧プラン「タイプXiにねん」の人も機種を購入しなくても適用となっています。

ちなみに、「学割」というと名義が子供でないと対象にならないと思われて名義変更をしないといけないと思われる方もいるかもしれませんが、ドコモの学割は契約者名義、もしくは端末利用者が25歳以下の人が対象なので、今まで親の名義で子供にガラケーを持たせていたという方でも、お子さんの保険証や住民票を持参すれば簡単に対象として登録できます。

※「151」や「オンライン」でも手続き可能ですが、契約者と利用者が別の場合は郵送受付となります。

ドコモ:ご利用者情報の登録

初めてカケホーダイ(ライト)プランになる人は基本料金が最大1年間1,000円割引になる・・・

ドコモの学割(2017)

今回のドコモの学割(2017)は、契約している現在の料金プランによって割引内容が変わります。

仮に、25歳以下で現在スマホを使っている人が旧プラン(Xiにねん)の場合は、新たにカケホーダイ(ライト)に変更することで、基本料金から「最大1,000円/年間」となります。

また、キッズケータイやガラケー(FOMA)を今まで使っていた人がスマートフォンにする場合は、さらに「はじめてスマホ割」も適用になるため、さらに基本料金から「最大1,520円/2年間」が合わせて割引になります。

スマホデビューなら基本料金が最大1,520円割引「はじめてスマホ割」が提供開始。
ドコモから新しい割引サービス「はじめてスマホ割」が提供開始となりましたのでシェアしたいと思います。 過去にも60歳以上が対象で...
毎月1,980円~って何?「はじめてスマホ割」が適用されても8,000円と言われた理由を解説。
最近、読者さんから「うちの親が初めてスマホを持つことになりドコモショップに行ったら、毎月8,000円くらいになります。と言われてきた...

仮に家族とシェアパックを組み、カケホーダイライトプランで持った場合、基本料金から最大1,700円割引になりますので、最安1年間800円で利用できるようになります。

  • 基本料金(カケホーダイライト):1,700円
  • ドコモの学割+はじめてスマホ割:-1,700円
  • SPモード:300円
  • シェアパック:500円
  • 合計:800円

ちなみに、ドコモの学割(-1,000円)、はじめてスマホ割(-850円)となっているので、「割引合計金額は1,850円では?」と思ってしまいますが、あくまで基本料金(カケホーダイライト)からのみ割引になるので、最大1,700円となります。

すでに新料金プランになっているでも対象プランならdポイント1,000円分が還元される・・・

ドコモの学割(2017)

現在、すでにカケホーダイ(ライト)になっている25歳以下の利用者は何も得がないのかというと、そんなことはありません。

既存契約者もウルトラパックに入っていれば毎月1,000ポイントプレゼントされます。こちらも最大1年間付与されるので、合計12,000円分のdポイントになります。

しかし、このdポイントはあくまでポイント進呈日より翌々月の月末までご利用可能な「dポイント(期間・用途限定)」ですので、携帯料金の支払いに使用したり、次回の機種変更まで貯めておくことはできません。

単独でウルトラデータLパック、LLパックに入っている方や家族でウルトラデータ50パック、100パックに入っている方は25歳以下の方がいれば自動的に適用になりますので、新たにドコモの学割(2017)を申し込む必要はありません。

また、申し込み時点で25歳であれば対象となるので、適用時期すぎて26歳の誕生日を迎えても1年経つまではdポイントがプレゼントされます。

ドコモのサービスを新たに申し込むと最大dポイント3,000円分が還元される・・・

ドコモの学割(2017)

さらに「ドコモの学割」対象の人が、「dTV」「dマガジン」「dヒッツ」「dアニメストア」「おすすめパック」のいずれかのサービスを新規申し込むと、dポイント(期間・用途限定)を2017年8月まで毎月500ポイントが貰えます。

これなら、月額料金分がdポイントで最大6ヵ月間プレゼントされるので3,000円分になるので、お試しで利用したい人にはオススメです。

機種変更や他社からの乗り換え(MNP)もお得な期間・・・

現在、他社から家族の方が乗り換えするとdポイント10,000円分をプレゼントするキャンペーンを実施しているので、この機会に家族でドコモに変えるとさらにポイントが返ってきてかなりお得です。

ドコモ:ドコモのご家族紹介キャンペーン

また、同時にドコモの機種変更割引、春のおとりかえ割が始まりました。最新機種も5,184円割引になっています。年齢関係なく適用する割引なのでこの春は今まで以上にお得に機種変更できる期間になっています。

iPhone 6Sも割引が月々サポートから端末購入サポートに代わったので、16GBの場合他社から乗り換えなら一括10,368円で購入できます。

ドコモでは他社の端末でも下取りができますので、最近のモデルや状態が良ければ端末代金0円になることもあります。iPhone 7がすでに発売されていますが、防水、おサイフケータイ機能が搭載された以外はあまり性能に開きがないため、お得にiPhoneをゲットしたい人にはオススメです。

各社学割が始まっていますが、対象年齢が広く、機種購入の縛りがないのはドコモだけです。ソフトバンクやauは固定のインターネット回線も含めた割引で表示していますが、ドコモは単独でも割引が大きいので、一人暮らしの学生さんや新社会人の25歳以下の方にもお得に利用できる割引内容になっています。

学割が始まり、新社会人になって思い切って他社に移ろうかと考えている方、他社を利用していて家族でまとめようかと検討している方、初めてスマートフォンを持つお子さんをどこで契約しようか迷っているお父さんやお母さん、ドコモが一番お得です。

ドコモ:ドコモの学割

スポンサードリンク
25歳以下なら学生じゃなくても対象可能な「ドコモの学割(2017)」を分かりやすく解説。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする