「ドコモポイント」から「dポイント」へ。変更点をまとめてみる。

dポイント

2015年12月1日から「ドコモポイント」が「dポイント」に生まれ変わります。

今までのドコモポイントは、端末代金や付属品の購入時に使ったり、修理代金やドコモのサービスやコンテンツの利用に使ったりするだけでしたが、これからの「dポイント」では、携帯料金、コンビニ等でのお買い物代金(電子マネー)としても使えるようになり、さらに便利になっています。

今日は、ドコモポイントからの変更点をまとめておきたいと思います。

スポンサードリンク

ドコモを契約していなくても使える「dポイント」って何?・・・

概要

「dポイント」とは・・・

ドコモだけでなく、お店(ローソンやマクドナルドなどのdポイント加盟店)での買い物やネットショッピング(dケータイ払いプラス加盟店)でも、ためたり、使うことができる新たなポイントサービスです。

※ドコモの回線がなくても利用できます。

このdポイント加盟店は、これからどんどん増えてきますので、「ローソンやマックに行かないなら意味がない。」と、思っている人もぜひ貯めておくべきです。ドコモでは、映画や音楽などのコンテンツだけでなく、日用品や食品、旅行、ピザやお寿司の宅配など・・・。生活に密着したモノ・サービスが全て提供されていますので、お得に貯めて使わなきゃ損ですね。

ちなみに、ドコモの回線をお持ちの方であれば、携帯料金の支払いにも3,000ポイントから100ポイント単位で利用可能です。(申込月の翌月請求分から充当されます)

無料で発行できる「dポイントカード」は作るべき・・・

登録から利用までの流れ

dポイントカード

「dポイント」を貯めて使うには、「dポイントカード」が必要になります。

最寄りのローソンやドコモショップで無料配布されていますので、とりあえず貰っておきましょう。そして、専用サイトで利用者情報を登録すれば、1ポイント1円で使うことができます。

「dポイント」をより貯めたいなら「dカード」がオススメ・・・

dカード

ドコモのクレジットカードと言えば「DCMX」ですが、こちらも「dカード」として生まれ変わります。

「dカード」にはクレジット機能が付いており、買い物をしたときに「dカード」払いにすることで、dカード決済分(100円で1ポイント)が付与されますので、普段からクレジットカードを使っている人ならdカードをメインに切り替えてもいいですね。

さらに、dポイント加盟店での買い物時に、「dカード」で決済すれば、通常のdポイント(100円で1ポイント)+dカード決済分(100円で1ポイント)で還元率は2%となります。

数あるクレジットカードの中でもお得なカードです。

さらに「dカード GOLD」なら、年会費10,000円が必要になりますが、毎月の携帯電話料金・ドコモ光利用料金の10%のdポイント(ご利用金額1,000円につき100ポイント)がたまりますので、毎月の携帯料金を10,000円以上支払っている人ならGOLDにする価値があります。

※おサイフケータイ「dカード mini」は、200円に1ポイントがたまります。

毎月の携帯料金が1万円未満の人ならレギュラーカードがオススメです。

dカード

毎月の携帯料金が1万円以上の人なら、ポイント還元率が10倍になるゴールドカードがお得です。

dカード GOLD

携帯料金でお得にポイントを貯めたい人は支払方法を変更するべき
plastic please / frankieleon 携帯料金をどんな方法で支払っていますか? ドコモでは請求書払い、口...
スポンサードリンク
「ドコモポイント」から「dポイント」へ。変更点をまとめてみる。
この記事をお届けした
携帯はやっぱりdocomo!の最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

フォローする